発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

親愛なるアスペルガーの君へ 青木

お父さんから聞いたよ。 子どもは男の子でもう4歳になるんだって!! 結婚もしたんだってね。 フィリピン人と結婚する為の手続き、大変だっただろう。 自分でできることは自分でやりたいとなった君だから、色々な人に尋ねながら役所に書類を提出したんだね。 …

ひきこもりから回復した僕の唯一の心残り テル

日本の高校生活を味わいたかった。 不登校やひきこもっていた時期からすると、僕は今落ち着いています。 もちろん将来に対する不安はあります。 焦りもありますし、後悔もあります。 以前は同世代と比較ばかりして、落ち込んでいたけれど、僕は日本の田舎に…

治療の為日本への一時帰国検討中。30年間ひきこもったASDな50代男。

環境は最高ですね。文句はないですけど焦りが・・・ まあ、毎日同じですわ。 段々退屈になってきました。 朝、7時にスタッフが3食持ってきてくれます。 スタッフと一緒に朝食を食べながら、世間話をします。 食べ終わったら、プールで30分間歩行です。 そし…

ひきこもりに決別した後のこと。テル

さあ、ひろい世界に旅立とう!! 一言で言えば、自分をよく知ることができたからです。 僕はなんだかよくわからないうちに、不登校になってしまいました。 よくわからないうちにひきこもってしまいました。 テレビで、大学の卒業シーズンの特集を多く見たこと…

この1年間東大さんへの支援に専念します。 青木

人生は楽しむ為にある。楽しみ方を知った僕です。生きていて良かったと思うのです 新規の支援申し込みを今年度一杯中断します。 理由は、2つあります。 ひとつは私の健康上の理由です。 定期検査の結果はとても良い数値が出ています。 しかし、心筋梗塞は完…

清潔にすることはとても大切。青木

50代半ば過ぎごろから、僕は食事中に鼻水が出ることが多くなりました。 高齢男性に多い『鼻過敏症』だそうです。 その度に鼻を噛むので、ティッシュは必ず持参しています。 恥ずかしい思いをしたくないからです。 支援している人の中には、40代くらいの人で…

社会適応できない僕でも成長はするのです。東大

ダバオのモール。日本食の品揃えに驚きました!! 僕は日々支援を受けています。 支援内容は、大きく分けてコミニュケーションと社会性の分野です。 コミニュケーションの練習では次のことをしています。 日本語での会話練習。 英語での会話練習。 ビサヤ語で…

一緒にもう一度人生をやり直そう。テル

暴れるのには理由がありますよ、お母さん。このままでは嫌だということです。 青木さんが訪問してくれて、色々と話をしてくれました。 悪い人ではないとは感じましたが、事務所には行きたくなかったです。 自宅から外に出たら、知っている人に出会うかもしれ…

東大合格と社会生活不適合者と 青木

東大を優秀な成績で卒業することと社会でうまく生活できることは違います。 東大さんは、社会でうまく生活できることができませんでした。 ですから、30年あまり自宅にひきこもっていたのです。 私たちは、社会でうまく生活できない人たちの中で、社会と繋が…

ひきこもっていた僕の家に青木さんが来た。テル

青木さんが家に来た。 僕宛にハガキを送っていたので、何しに来るのかはわかっていた。 玄関で青木さんと会って話しを聞いた。 僕はといえば、気の無い返事を返していた。 僕自身もうどうしようもできないと思って、自分の人生を諦めていたから。 支援団体と…

当事者の僕が語る発達障害あれこれ。自己紹介 テル

どうも初めまして、テルと言います。 年齢は26歳です。 学校は、中学2年から不登校で、通信制高校を出ています。 その後、ひきこもりました。 僕に対する支援は2年間で終了しています。 今は、何か困ったことがあったら、青木さんたちスタッフに相談する程度…

定期報告 30年間もひきこもってしまったASDな男

毎日、毎日同じことの繰り返しです。 とにかく体重を減らして、筋力をつけて、バランス感覚を向上させる。 これが私の目的なのです。 その為にエクササイズを朝、昼、夜とおこなっています。 また食事の面では栄養士の資格を持つスタッフが、日々の献立に気…

支援している青年たちに共通していること。青木

支援している人の多くは自閉症スペクトラムの診断を受けている人がほとんどです。 中にはADHDの診断も見受けられます。 そんな彼らには共通していることが多くあります。 1、部屋の片付けが苦手。 程度の差が大きいです。 ゴミ屋敷のようになってしまう人か…

パンドラの箱を開けてしまったASDの東大さん。 青木

東大さんは30年近くひきこもっていました。 家族以外の誰とも交流を持ちませんでした。 他人と関わるのが怖くて仕方がなかったそうです。 53歳で家から出ました。 彼にハガキを送り続けて6ヶ月。 その熱意に応えてくれたのです。と書きたいところですが、…

アスペルガーのこんなことが周りと摩擦を生む 青木

東大さんと話していて違和感を感じることを皆様と共有していきたいと思っています。 アスペルガーと診断された本人との交流の難しさを少しでも伝えられたらと思うのです。 伝えるだけではなく、社会に適応することがとても難しい東大さんが、この先どのよう…

イースターの朝に 青木

マニラ大聖堂 不登校や社会的ひきこもりの人たちの支援をしています。 「なんとかして、不登校やひきこもりの状況から脱したい。どうすれば良いか教えてください。」と話してくれた青年は35年間の支援生活の中で1人もいません。 そう話してくれたら、どれだ…

療育の鬼にはならないでください。東大

飛行機が好きです。なんだか自由な気持ちになるんです。 僕はアスペルガー症候群と診断されています。 この団体で支援を受けている人の多くがやはり、アスペルガーと診断を受けています。 しかし、同じ診断名でもその人によって抱えている大変さは違います。…

療育は大人になってからでもできるのです。東大

穴があいた靴下は新しい靴下に履き替えましょう。 僕はこの団体で支援を受けています。 一日中、スタッフが僕に寄り添ってオーダーメイドの個別支援をしてくれています。 支援は3年目に入ろうとしています。 そんな僕ですが、支援する側でもあるのです。 僕…

コミュニケーションが苦手な僕でも幸せになる方法 東大

僕はコミニュケーションが取りづらいというか、ほぼ取れない。 でもそれって仕事をする上でのことなんです。 しかもチームでする仕事は、まず間違いなく足を引っ張るでしょうね。 でも、仕事と言いましても、色々とあるわけなんです。 1人でできる仕事だって…

さあ、30年ひきこもったASDな男のチャレンジ再開!! 東大

笑顔で!!と言われても何かに驚いたような表情になってしまった僕です 僕はコミニュケーションが取りづらい。 というか、自分で言うからいいと思うのですが、ほぼ取れないと言った方が良いだろう。 特に日本では生きていくことがとても困難だ。 日本に住む僕…

30年間完全ひきこもりだけど、幸せになってやる!!

私のブログの記事なんて面白くもないので、書いても意味がないと思いましたが、書くという約束なので書きます。 日々やっていることは同じです。 エクササイズです。 足を使わないでやるエクササイズです。 まあ、体重は1ヶ月間で5キロ減りました。 青木さん…

ASDな僕の社会性・言語コミニュケーションの障害とは?東大

57歳の時の写真です。 3つ組の障害 ・社会性・言語コミニュケーションの障害 僕の場合でお話ししますと、無表情とよく指摘されました。 笑顔が作れないんです。 「笑顔が作れないってどういうことですか?」とみなさんそうおっしゃるでしょうね。 僕にもわか…

ASDな僕の生きづらさを軽減する  東大

誤解しないでください。 僕のASDの特性がなくなるわけではないのです。 あくまでも、僕の生きづらさを軽減したいのです。 この団体が支援している全員が、それぞれの生きづらさを軽減したいと思っているのです。 発達障害の2次障害でひきこもったり不登校に…

ASDで30年ひきこもった僕が人と交わる楽しさを知った。

僕は30年近くひきこもっていました。 「30年近くもよくひきこもっていられたね。」と出会う人たちから言われます。 僕は人と関わる楽しさということがわかりませんでした。 小、中と人並みに同級生たちとは過ごせたとは思います。 周りの人が僕のことをどう…

なにをやってもダメなASDな僕の新しい仕事 東大

農業関係者との打ち合わせです。かなり興味が沸いています。 僕はASDと診断を受けている。 ASDと診断されたことが問題ではない。 僕が抱える問題は、他者とのコミュニケーションがうまく取れないと言うことだ。 どの程度、他者とのコミュニケーションが取り…

こんなASDでも生きやすくなる為の回復ツアー。

どんなにポンコツでも幸せにはなれる!!って本当なのか? やる事なす事全てダメ!! 〈2代目程度の悪いアスぺな俺〉こと大野隆です。 僕は支援を受けています。 この団体で今まで支援をしてきた1000人近くの人たちの中で、飛び抜けて大変なのが僕だそうです。 僕…

東大卒30年ひきこもったASDな61歳の僕のゴール。

台風で屋根が飛ばされた僕のゲストハウス20220210現在 僕は東大を卒業した。 そして大学院に進んだ。 大学院で、周りの研究者たちとのコミュニケーションがうまく取れずに孤立した。 なんとかしなければと自分なりに一生懸命に努力したが、そもそも何が周り…

やることなすこと全てダメ!!30年間ひきこもったASD野郎

あのう、私、出遅れてしまいましたよ。 足を痛めましてね。 太っていて、それで、歩き方がおかしいんですよ。 だから痩せる必要があって、毎日1キロ歩いていたんですよ。 でも、2年間ほとんど歩いてなかったんですよ。 それと、バカみたいに甘いものを食べた…

支援を閉じる準備をしなければと感じています。青木

自分の写真を撮ることも見ることもありません。 残念ながら、私の健康は数年前までの様な状態には戻らないと諦めかけています。 とにかく、体力の低下を感じるのです。 今まで支援してきた人たちの中で、看護師や調理師、管理栄養士になった人たちがいます。…

30年間ひきこもったASDな2人の現在。

4年前のエイジさんです。この姿を想像していました。どうしてここまで悪くなったのか? 2022年3月現在のエイジさん 30年ひきこもっていると、30年間人としての成長は止まってしまっている。 同じ年齢の人は30年間進化しているのに。 もちろん一人ひとりその中…