発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

理解されるより変わりたい僕です。テル

母親だけではなく、親戚の人からもプレゼントされた僕です
「人生がときめく片付けの魔法」サンマーク出版 著者 近藤 麻理恵

 

 

僕は発達障害と診断されています。

正直、診断されても、「ああそうなんだ。」と感じた程度です。

発達障害ということを特に気にしてはいません。

 

 

それよりも、僕には苦手なことがたくさんあって、そのことの方がとても気になっていました。

その苦手さが何かをこの団体で整理してもらったんです。

それはとても僕には良かったです。

 

 

整理されていない時は、僕を不安にさせる正体が何かがわかりませんでした。

ただ、ただ、毎日が混乱していました。

 

 

なんかとても前向きな気持ちになれて、「今までの遅れを取り戻すんだ!!」って、1日中めちゃくちゃ本を読み漁ったりする僕なんです。

特に、ハウツーを説く系統の書籍が好きでした。

読むだけで、なんか自分はすでに成功した気持ちになれますよね。

 

 

随分時間とお金を無駄にしてしまった僕です。

 

 

そんなことより、部屋を片付けられないことをなんとかしたかった僕です。

だから、僕の母親はこんな本をプレゼントしてくれました。

これで僕は片付け地獄から解放されると喜んでいました・・・。

 

良い本なんですよ。

理解できたり、実践できたりした人にはとても良い本なんだと思います。

僕には無理でしたけれど。

 

 

それで、まあこの団体のスタッフに徹底的に寄り添ってもらって、時間をかけて、片付けが習慣化されるまでになりました。

 

 

部屋が片付けられない僕は、頭の中も整理ができないのです。

そして、勉強をやろうにも、何から始めたら良いのかいつも迷っていた僕です。

つまり、僕の場合、全て関係があったのです。

 

 

とにかく、自分を知ることから始めることが大切なんですよ。

自分は何に興味を持って、自分の人生において何がしたいのか?

そんなことから始める作業が僕の場合は必要でした。

 

 

あれもしたい。これもしたい。

もっともっとしたい。

 

 

というのは、あるバンドの歌詞でした。

 

 

僕の場合、次の歌詞がこうなんです。

でも結局、何もできず落ち込む毎日なんだ。

 

 

だから、自分の興味の対象を絞るという考えは僕にはとても良かったです。

スモールライフを目指して、断捨離をしていく。

 

 

特に、日本を離れて、今までの人生に「ご破産で願いましては。」をしたことで僕はもう一度、やり直せたのです。

今までの混乱していた状況からとてもクリアな状況になったことでとても嬉しいです。

 

 

まあ、僕もシンゴさん達と同じで、寄り添ってくれるパートナーの協力でこのようになれているのです。

支援を受けた僕ですが、それを継続できているのは、単にパートナーのおかげです。

 

 

発達障害だから、それを免罪符がわりにしたくはなかった僕です。

少しでも普通になりたかったのが、僕の本音です。

 

 

今になってみると、普通ってなんなんだと思う僕でもありますけど。

 

 

もちろん努力してもできない人たちの存在も知っています。

東大さんのこのブログ記事を通して、そのような人たちへの理解も進めている僕です。

 

 

では。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

不登校・ひきこもり・発達障害当事者の声 テル

     

 

僕はみんなと比較して、できないと感じていたことがありました。

小学校の時から、それを感じていました。

何かというと、みんなと一緒に居られないということです。

 

 

いじめはありませんでした。

いじめられはしなかったけれど、友達もいませんでした。

 

 

みんなと一緒に居られないので、学校で過ごすことがとても苦痛でした。

そのことで、僕は不安な気持ちを常に感じるようになってしまったのです。

そしてとうとう学校に行くことが怖くなってしまい、行けなくなってしまいました。

 

 

学校に行かなくて良くなったので、一件落着ではないのです。

学校に行かない自由とか、今の学校に行かせる方が間違っているとか、ネットの世界で色々な意見が溢れています。

 

 

大切なことは、当事者の思いだと思うのです。

僕は元当事者として、学校に行きたかったのです。

みんなと一緒に居たかったです。

でも、学校にいてもみんなと一緒に居られなくて、そのことが自分を苦しめたのです。

 

 

それは学校が原因ではなくて、僕が他者との関わり方がわからなかったりすることに問題があったのです。

そのことがわかったのは、この団体で支援を受けてからでした。

 

 

スタッフの青木さんも僕と同じだと言っていました。

 

青木さんは、小学校でいじめを受けて入院しました。

ご両親は不安を感じて、違う町に引っ越しをしました。

ご両親は、新しい小学校でもう一度やり直させてあげたいと思ったんだと思います。

 

 

しかし、新しい小学校でもいじめられて入院となりました。

中学校でも不登校になってしまいました。

 

 

高校に入学しましたが、6月に上級生から暴行を受けて、退学しました。

1年遅れて、違う高校に入学しました。

その高校は進学校で、いじめなどは全くなかったそうです。

しかし、不安が強くなって2校目の高校も行けなくなったそうです。

 

 

 

なんとかして、大学にも入学したそうですが、夏前に行けなくなったそうです。

アルバイトも、マクドナルド3店、すかいらーくデニーズ3店、ケンタッキー、ミスタードーナッツ、小さなケーキショップ、トイレットペーパーの店頭販売、ホテルの接客係などなど、に挑戦しまくったらしいです。

 

 

しかし、全て1ヶ月も持たずに辞めさせられたそうです。

そして、青木さんはひきこもります。

 

 

青木さんは、いじめられても、みんなと一緒に居たかったそうです。

僕はその気持ちがよくわかります。

 

 

僕も小学校、中学校に行きたかったのです。

それが僕たち当事者の声なのです。

 

 

ひきこもった青木さんに、訪問する人がいました。

その訪問者が青木さんに言いました。

「あなたのことをよく理解してくれる人から、色々なアドバイスを受けてみませんか。

あなたが、なぜみんなとうまくいかないのか、その原因を理解しない限り、この社会にあなたの居場所は見つからないよ。」

 

 

 

そう言われて、「はいわかりました。」とは言えなかったそうです。

支援に繋がるまでに随分と時間がかかったそうです。

 

 

 

青木さんは、今は支援をする側に回っています。

昔の自分の様に生きていくことに辛さを感じている人たちを支えるために、頑張っている青木さんです。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

フィリピンに新しく青年が来られます。青木

             

 

気持ちが上がらない。

朝起きたら、「さあ、今日もやるぞ!!」という気持ちが湧き上がってきていたのに、それがなくなってしまったのです。

 

 

手術後だから?と思っていましたが、何かが違う。

もしかして、薬の副作用ではないかと思い、担当医に問い合わせたら、返答が来ました。

 

 

出されている薬同士の副作用だそうです。

薬を変えてもらいました。

それから1ヶ月が経ちました。

今は以前と同じく前向きな気持ちになれています。

 

 

 

私の体調面の不安定さとパンデミック後のフィリピン社会の不安定さから、今年一杯は支援の申し込みは中止としていました。

しかし、パンデミック以前から支援を依頼されていた方がみえましたので、現在迎え入れる準備をしています。

 

 

ご本人は、支援を受けることに前向きなのですが、何から手をつければ良いのかわからなくなっているような状況です。

 

 

東大さんの得意とする支援が彼には有効です。

お父様も私たちの話に耳を傾けてくださる方で、とても勉強熱心です。

 

 

どのような状況なのか、実際にお会いしてみないとわからないというのが正直なところですが、まずはお試しで2週間程度フィリピンに滞在してもらう予定にしています。

 

 

ご要望があれば、東大さんも日本での大学受験を一緒に受けることも考えます。

 

 

プライバシー保護を大切に考えていますので、個人が特定されるような情報は出せません。

出せるとしたら、大学に合格しました。

というような程度になるでしょうか。

 

 

とにかくご本人が日本から離れて、フィリピンへ行っても良いと言う思いでいることに、私たちは回復への希望を見出しています。

 

 

「生きていて良かった。僕の人生捨てたもんじゃない!!人生楽しいよ!!」

まずはそんな気持ちになってもらえるようにと考えています。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

30年間ひきこもっていた人でも幸せになれる。青木

 

 

毎日健康を取り戻すことを日課としているエイジさんです。

専属のスタッフが毎日のトレーニングに寄り添っています。

 

エイジさん担当のスタッフから、目標体重に到達しましたので、一度エイジさんに会ってくださいと連絡がありましたので会いました。

 

 

数値よりも実際にエイジさんを見た方がはっきりと彼の成果がわかりました。

私の彼に対する第一声が「おおおお、痩せたな。」でした。

 

 

何度も何度も彼を見直しました。

後ろから、斜めから、真正面から。

 

 

「気持ちを切らさずに一生懸命ここまで頑張ったんですよね。」とエイジさんに声をかけたら、にっこりとされました。

 

 

彼の変化は痩せたことだけではありませんでした。

背中の曲がり具合が改善されていたのです。

 

 

彼を私より先に行かせて、後ろから私が彼の歩く姿を眺めました。

次にエイジさんの前に出て、歩く姿を見ました。

そして横からと。

 

 

どの方向から見ても背中の曲がり具合が改善していることがわかりました。

「背中の曲がり具合を遅くすることはできても、改善することはできません。」と医者から言われていました。

 

 

整体のスタッフからは、「これはひどく曲がっていますね。私たちでは・・・」と言われていたのです。

 

 

撮った動画をもう一度見直しました。

明らかに良くなっています。

 

 

日本側のスタッフと共有したくて、動画をすぐに送りました。

日本人スタッフがエイジさんの様子を詳しく知るのは、5ヶ月ぶりです。

私と同じく「変わったね。こんなにも変わるもんなんだ。」との声。

 

 

「完全には元に戻っていないけれど、この感じなら他人からは違和感を持たれないね。」との日本人スタッフからの声に大きくうなづいた私です。

「筋力をつけていけば、さらに良くなるかな?」

「期待できるね。本人に説明して、来週からジムに通よってもらうよ。」

 

 

私がスタッフと話している間に、エイジさんを見失ってしまいました。

モール内に入っていくと、エイジさんを見つけました。

携帯電話売り場の女性と話をしていました。

「なにを話していたの?」と私が聞くと「いやいや、ビサヤ語の練習ですよ。」とニコニコしているのです。

 

 

手にはメモ用紙が握られています。

それ以上の詮索はやぼということでしませんでした。

 

 

体重が減ったことで、見た目が良くなり、そのことで周りの人から認められる。

体も軽く感じられることで、今までは外出することも億劫だった彼が、積極的に外出するようにになったのです。

 

 

と言いましても、今はまだ準備期間なのです。

健康を取り戻した後は、就労の練習です。

そしてその先に、婚活が待っているのです。

 

 

「今のエイジさんの写真をブログに掲載しますよ?」と言いましたら彼はこう答えました。

「もっと変わってからの写真を出します。これではまだダメですよ。」と言う彼の目に希望が見えたと言うのは少しオーバーな言い方でしょうか?

 

 

働いて経済的な自立を果たす。

結婚して家庭を持つ。

困った子どもたちを少しでも助けたい。

 

 

これが彼のこれからの目標なのです。

どうか応援をよろしくお願いします。

 

 

そういえば、日本に帰国するという話どうなったんですか???

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

この団体の近況報告 テル

 

 

 

ブログを手伝うと言いながら、ブログの記事に穴を開けてしまっています。

ごめんなさい。

急に大学で出された課題がありまして、忙しくしていました。

 

 

この団体に関しては、相談が増えてきたらしいです。

YouTubeを見て、コロナが落ち着いたら相談しようとしていた人たちからの相談が増えてきているらしいです。

 

 

今は相談しか受けられず、支援は来年まで待ってもらっている現状です。

 

 

 

この団体で中心になって活動している青木さんは、東大さんの支援で手がいっぱいらしいです。

健康に気をつけながらの支援ですから、大変だと思います。

決して無理をされませんように。

 

 

エイジさんは、日本帰国まで精一杯、健康を取り戻すために頑張っておられます。

エイジさんは多分日本に帰国はしないと僕は思っています。

日本に帰国しても何もないですからね。

 

 

東大さんに関しては、ゲストハウスの準備が中々進まないことが今1番大きな問題らしいです。

台風で破壊されても、まだゲストハウスを諦めていないのですね。

就労の為のレストランも併設するって本当ですか?

 

 

東大さんは、婚活とゲストハウスとビザヤ語のマスターで忙しいらしいです。

 

 

頑張って幸せになってくださいと心から願っています。

 

 

まあ、支援歴35年、1000人近くの人たちの支援のお手伝いをしてきたマイスター・青木さんが支援し続けているということは、東大さんにはまだ希望があるからだと思います。

 

 

 

この前、青木さんに用事があって、電話で東大さんの近況を聞いたんですよ。

「支援って難しいんだね。」って青木さんがボソッと言ったので驚きました。

 

 

マイスターが難しいと感じるってどういうことなんだ・・・・。

 

 

思うんですけど、ASDと診断されていても、僕やシンゴさんのような状況から、東大さんやエイジさん達の状況の人たちまで、幅広いんですよね。

 

 

だから一概に、ASDはこうだと決めつけるような言い方はしてはいけないのはもちろんだし、ASDにはこのような傾向がありますという表現も使うときには気をつけないといけないですよね。

 

 

「診断名で判断するのではなく、その人の困っていることが何かに目をやることが大切だ。」と青木さんがよく言っています。

 

 

それと青木さんの過去の講演会のテープを最近聞いたんですよ。

その中で痺れる言い方がありました。

「一人一人の幸せをデザインするような支援。」

 

 

いやあ、すごいな。

これ僕の最近のお気に入りの言葉です。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

日本での生活は厳しいだろうな!! ASDでひきこもったテル

 

 

僕たちは軽度の発達障害だと思います。

軽度という言い方が適切なのかわかりませんが?

軽度というからには、何かと比較することになります。

 

 

僕が比較したのは、東大さんやエイジさんたちです。

もちろん比較しただけで、相手を誹謗中傷するわけではないです。

 

 

このブログを読んで、東大さんやエイジさんのことが、少しですがわかってきました。

失礼な言い方ですが、とても大変な状況なんですね。

ASDと診断されても、状況は人様々なんですよ。

 

 

 

僕やシンゴさんは、学校ではちょっと変わった奴と見られていたと思うのです。

それで、僕たちが何で躓いているのかをスタッフが指摘してくれ、その対策を一緒に考える。

 

 

変えられることは積極的に変えていく。

変えにくいことは、そこそこにしておく。

変えられないことはそのままにして、違うアプローチを考える。

 

 

知らなかったことを少なくしていくこともしました。

そんな支援を通して、自分がなんとなくわかってきたんです。

苦手なことや得意なことがわかってきたんですよ。

 

 

その対処の方法を知り得たということが大きいかな。

 

 

それと、やはり住む環境を変えたことも僕にとっては、効果がでた原因の1つだと思っています。

日本という国は、僕にとってはとても生きづらい国でした。

 

 

日本とフィリピンを比較して、日本はとにかくこうでなきゃいけない。と感じることがとても多かった。

僕はそれらを守ることができなかった。

だから、学校でみんなから疎外されたと思っています。

 

 

このフィリピンでは日本と違って同調圧力が少ないと感じます。

なさすぎとも感じますが・・・。

多人種国家、多宗教国家だからなのかもしれません。

他者との違いを受け入れないとやっていけないのです。

 

 

その点、日本は違いをあまり認めない国なんですか?

 

 

前回、日本に帰国したいというような内容の記事を書きましたが、色々と考えたのですが、日本には帰れないですね。

 

 

僕は、日本ではこれからも生きづらさを感じながら、厳しい人生を歩むことになりそうですから。

僕は、このフイリピンの緩やかな気候の元、ちょっと抜けていても優しさ溢れた人たちと共にならば生きていくことができるのです。

 

 

それだけでも今までに感じたことのない幸せを感じています。

いいかげんは言い換えれば、良い加減なのです。

 

 

日本は素晴らしい国です。

でも、僕は日本には住むことができない。

それはとても残念なことですが・・・。

 

 

どこにいても幸せならば、それでいいのですよね。

 

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

ASDでひきこもった男の再起 生きていく力 テル

 

僕がひきこもりから一歩踏み出した時には、同級生は社会人になっていました。

近所に僕の同級生が住んでいるんですよ。

僕の母親が「○○君が有名な会社に受かったって、○○君のおかあさんが喜んでいたよ。」と僕に言ったんですよ。

 

 

それを聞いて、すごくイライラしましたね。

母親をぶっ飛ばしたろかと思いました。

殺意に近いものを感じましたね。

 

 

僕の顔色が変わったのに気づいて、母親は急いで、「買い物に行ってくる。」と言って家から避難しました。

僕は、家の中のものを壊しました。

テレビのリモコンと皿ぐらいでしたか?

 

 

今日のブログの内容と関係ないことを書いてしまいました。

なんか急にその時のことを思い出したんですよ。

きっと日本中で同じような光景が繰り広げられているんでしょうね。

 

 

で、本日の本題です。

僕がひきこもりから一歩踏み出した時にはすでに、同級生は社会人になっていました。

僕と同級生たちとの間にできた差は、もう縮まることはなくて、さらに広がっていくんだ。

そんな気持ちが僕を覆っていました。

 

 

その答えが知りたかった。

僕の現在の状況とこれからの展望、そして残っている可能性・・・。

その答えが知りたかった。

 

 

それを真っ先に、僕に話してくれたのが青木さんだった。

そのこともあって、僕は青木さんに信頼を持ちました。

 

 

青木さんからの話は、僕にとってはかなり耳が痛いものでした。

とにかく、中学、通信制高校、ひきこもりの時に感じた疎外感は2度と感じたくなかったから、青木さんの提案に従って、フィリピンに来てからめちゃくちゃ勉強しました。

 

 

大学に行くだけではなくて、インターンとして小さな会社に勤めています。

パンデミックで在宅勤務になりましたけれど。

「小さな会社で、色々な雑用を任せられなさい。それがこれからの役に立つ。」と言われたんですよ。

 

 

「新卒で雇ってはもらえないので、即戦力として見てもらうしかないから、経験を積むことが大切だよ。」と青木さんは何度も僕に話してくれました。

 

 

フィリピンで英語を使って周りとコミニュケーションを取りながら働くことができていると思っています。

もし、日本の会社が海外で勤務できる人を探しているなら、チャンスになると思っています。

 

 

もちろん、もっと長い経験を積む必要はありますよ。

 

 

でも、大きな希望を持っていることは確かです。

もうひきこもることはないと確信しています。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com