発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

母からの自立 エイジ

シャルガオに太陽が!!

 

 

 

私の近況報告をいたします。

結論から言いますと、私はシャルガオ島に家を建てて生活していきます。

 

 

私の母親と兄弟と青木さんと私で話し合いました。

母は80代半ばで、準備が整い次第、特別養護老人ホームに入居します。

今まで住んでいた家も処分しないといけません。

 

 

そうなりますと、私の居場所は日本になくなることになります。

今まで私の世話をしてくれていた母から私は完全に独立しないといけません。

と言いましても、1人で自立した生活を送れるまでにはなっていないのです。

 

 

ですから、こんな私の世話をしてくれる人を青木さんは探してくれました。

すでにその方に身の回りの世話をしてもらっています。

とても優しくて気の効く方です。

 

 

 

その方に毎日お世話をしてもらいながら、色々と教えてもらっています。

もちろん、わたしもこの団体で色々と練習をしてきましたからある程度のことはできます。

 

 

さらに成長するためには、まだまだ学ぶべきことはたくさんあるのです。

 

 

 

昨年は散々な年でした。

パンデミック明け後に、日本からフィリピンに移ったのです。

しかし、体力が落ちていまして、歩くことさえ困難な状況でした。

 

 

 

 

当初の予定では、すぐに仕事の練習に入ることになっていました。

しかし実際は、6ヶ月間毎日体力作りに励んでいたのです。

それはとても辛い日々でした。

いつまでに終了というのが見えなかったからです。

 

 

 

そのことをスタッフさんに伝えましたら、途中から体重計で体重を測ることになりました。

毎日にしてみますと、減る量はわずかですが、私には大きな励みになりました。

そして6ヶ月後には曲がっていた背中が完全ではないですが、普通に近くなっていました。

 

 

 

また以前から、指摘されていた声が小さいというのも違和感なく話せるまでになりました。

 

 

しかし・・・。

大きなミスをしてしまい、スタッフの方達に迷惑をかけてしまったのです。

さらに、倒れて救急病棟に入院。

数日で退院となりましたが、食堂オープンに向けて大変忙しくしているスタッフをさらに忙しくしてしまったのです。

 

 

 

張り詰めていた心が、折れてしまいました。

もう日本に帰るしかないと自分で判断し青木さんに伝えました。

青木さんは私の話に耳を傾けてこう言ってくれました。

 

 

「失敗は誰にでもあるよ。失敗のまま諦めるのか、失敗からさらに成長するか。どちらを選択するかだよ。私たちは引き続き支援をしていくから、一緒に頑張りませんか。」と言ってくれたのです。

 

 

 

ありがたい言葉でした。

こんなに失敗してもまだ大丈夫なのか?

 

 

ここまで応援してくれるなら、やるしかない。

「やります。よろしくお願いします。」と青木さんにはっきりと言いました。

 

 

情けない奴だとお思いでしょうが、どうか応援をお願いします。

シャルガオ島の天候も回復しそうな今日この頃です。

 

 

 

〈程度の悪いアスペな私〉ですが、がんばります。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

フィリピンの天候が変わってしまった?青木

    この天候で一時的に休業しているお店もあります。シャルガオ島

 

 

3ヶ月振りにシャルガオ島に戻ってきました。

依然台風並みの雨が続いています。

 

 

 

11月から1月末まで、1日中晴れた日は3日だけです。

強い雨が降りますと、海上では視界が悪くなり、サーフィンができなくなります。

実際サーフインをしている人を見かけません。

 

 

 

島内には大きな道が1本通っています

左右には田畑が広がっています。

今は、田畑が全て池のようになっており、水が溢れてあちらこちらの道路が冠水しています。

 

 

 

あきらかに天候が変わりました。

この天候の悪さは16年滞在している私でも、経験したことがありません。

 

 

私たちはセブ、ダバオ、マニラに小さなオフイスがあります。

それぞれの場所の降水量の感じでは、シャルガオ島の天候の悪さを10としますと、さらに南に位置するダバオは6割、シャルガオ島から飛行機で1時間北に位置するセブ市もほぼ同じく6割、シャルガオ島から北に2時間のマニラで5割という感じのフィリピンの天候です。

 

 

シャルガオ島にはマニラ、セブ市より毎日2便、ダバオから月水金で1日1便の飛行機のスケジュールがあります。

搭乗率は平均して3割程度。

機体は100人の定員です。

ダバオからの便は5割程度の搭乗率です。

 

 

週末の便は8割程度の時もあると聞きました。

 

 

2月22日までには天候は回復すると信じて、オープンの準備に取りかかっています。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

僕には僕の取り扱い説明書があるんです。テル

 

 

はっきりと将来の進路を決めないといけない時期に差し掛かっている僕です。

今のところは、僕が今住んでいるセブ市、もしくはマニラで小さな会社に就職する予定です。

 

 

就職先は、僕が付き合っている彼女の紹介です。

というより、彼女と同じ会社です。

彼女と僕は将来独立して、自分たちのビジネスをするのが夢なんです。

 

 

その為には、1から色々と学ばなければなりません。

だから、小さな会社に入るつもりです。

小さな会社ですと、自分で色々とやらなければなりませんから。

 

 

それは一面では大変なことですが、僕の将来の夢を考えますととてもありがたいことなんです。

経験を積ませてもらえるのですからね。

 

 

 

発達障害の僕に必要なことは経験なんですよ。

僕の将来の夢に関しても、必要なことは経験なんです。

 

 

僕は彼女の紹介でインターンとして経験を積ませてもらっています。

インターンというのは今思えば、僕にはとても良い経験でしたね。

いきなり、正社員ですとかなり気を使ってしまい、勝手に潰れてしまっていたと思います。

 

 

それと日本の会社でなかったこともよかったですね。

昔のことがトラウマになっているわけではないということを以前ブログで書きました。

でも、日本に帰って日本の会社に入れば、話は別だろうと思います。

 

 

誰も自分のことを知らないこの場所だからこそ、過去にとらわれずにやっていけるのです。

 

 

インターン生活で、少しずつ周りの人たちとのコミニュケーションも築くことができました。

というより、彼女から従業員1人1人のことを教えられていましたし、日々の会社での出来事も僕にシェアしてくれていました。

 

 

 

それはこの僕の特性上とても良いことでした。

少しつずつ新しい環境に慣れることが僕には必要でしたから。

 

 

僕はダメな人間だと長い間思い込んでいました。

ありきたりな言い方ですが、(死ぬしかない。)と思っていました。

小、中と学校にいけなかった自分が、この先この社会で生きていけるなんて想像もつきませんでした。

 

 

しかし、僕はダメな人間ではないのです。

ダメだと思い込んでいただけなのです。

 

 

 

この団体は、僕を新しい環境に移して、少しずつ楽しいことを教えてくれました。

人生は楽くて希望に満ち溢れていることを教えてくれました。

あのまま日本にいたら、決して知り得なかった世界です。

 

 

僕は最近思うのです。

僕には僕にあった〈取り扱い説明書〉がいるんだって。

 

 

これからそのことを色々と書いていきたいです。

今日はとりとめのないことを書いてしまいました。

また明日。

 

 

それにしても、セブ市のインターネットどうなっているんだ!!

一昨年の台風後から、状況がずーっと不安定なままなのです。

勘弁してくださいよ。

 

 

 

今日は立派なホテルのロビーで、1杯のコーヒーを飲みながら書いています。

では。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

アスペルガーな?父との離婚を決めた僕の母 テル



 

母親からメールが来ていた。

 

「テル、頑張っていますね。ブログであなたの文章を読んでいますよ。それで、お母さんは、頭の中がスッキリしました。」

 

 

「自分を責めなくても良いこと。父親を責めることは間違っていること。父親を変えることはできないということ。」

 

 

「いろんなことをあなたの文章から学びました。そのことで落ちつくことができて、今後どうするかを考え始めました。」

 

 

「それで結論から言います。お母さんは、お前が卒業後、お前の就職と結婚を見届けてからお父さんと離婚することにしました。」

 

 

「離婚と言っても前向きな離婚ですよ。これからはお互いの好きなことに時間を割いていきたいと思っています。」

 

 

 

「お父さんは、歴史探訪の世界に足を踏み入れるそうです。車を買ってその車で日本中を旅したいそうです。」

 

 

「私は、何をするかはまだ決めていません。まあ今は離婚に向けての準備をしているところです。ゆっくりと今までの精算をしています。驚かせてごめんね。でも黙っていることが私の性格上無理なので、お前に話しておきました。」

 

 

 

「世間体を一応気にするお父さんと私ですから、お前の結婚まではこのままです。だからと言って焦らせる気はありません。彼女とお互いに話し合って決めてください。」

 

 

 

「今、私はお父さんに一人暮らしができるように指導しています。でも大変ですよ。こんな調子でよく大企業に勤められていたなって、不思議でしょうがないです。青木さんの大変さを少し感じています。」

 

 

 

「今はとにかく身軽になった感じがします。心配しなくて良いからね。あなたの親分(青木さん)を心配してあげてください。それでは健康に気をつけて勉強に励んでください。」

 

 

大きな決断をした母です。

父親は、僕の想像では「これで自分の時間を全て歴史探訪に使える。」と喜んでいると思います。

「えええええ。」と思われるかもしれませんが、それが僕の父親なんです。

 

 

家族と同じ、いやそれ以上に歴史を愛してやまない父親なんです。

 

 

父は父。

そして母は母。

僕は僕。

 

それぞれが幸せならそれで良いのだ。

 

 

 

そうなんだ。

それで良いのだ。

 

 

ではまた。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

2月22日シャルガオ島で活動始めます。青木

 

 

長い間、休養していました。

心配してくださる方々から、メールでの問い合わせもいただきました。

感謝します。

 

 

長年の疲労の蓄積が60才になり一気に出たみたいです。

これからは、体調に耳を傾けながら、無理のない範囲で支援活動を続けていきます。

 

 

 

私たちの支援を待っていてくださる方がいますので、その準備に取り掛からなければなりません。

4月から日本の青年の支援をフィリピンのシャルガオ島でお引き受けします。

 

 

シャルガオ島では、2月22日より小さなレストランをオープンします。

今はその準備で忙しくしています。

 

 

 

今現在、食堂以外に、住居施設の準備にも取り掛かっています。

今年中に4部屋の完成を予定しています。

 

 

4部屋はもちろん支援をする青年たちの為の宿泊施設です。

それ以外にも、応援してくださる方々の宿泊施設も順次作る予定です。

 

 

ひきこもっていたり、不登校だったりした青年たちが、まず住んでいる場所から海外へ出てみる。

そこで、自分の過去を誰も知らない人たちに囲まれながら、新しく一歩を踏みだす。

赤い点がシャルガオ島です。飛行機に乗ってマニラから2時間、セブから1時間

 

就労練習、サーフイン、釣り、マリンスポーツ、英語習得、ボランティアなど様々な体験を通して、自信を掴むのです。

黄色い星印が食堂がある場所です。

 

 

このことで多くの青年たちが自信をつけ、前向きになり学校に復帰したり、就労についたりして、社会に戻ることができています。

 

 

その為の施設をここフィリピンのシャルガオ島で作っているのです。

 

 

まだまだ足りないものがあります。

どうかこの働きに関心を持って支援の輪に加わっていただけませんか。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東大さん、ありがとうございました。テル

10年前にアテネオ大学に入学したんですよね。楽しかったと聞いています。

 

 

 

東大さんは、昨年の夏頃から調子を崩して、ゆっくりとした時間を過ごしていました。

 

 

僕は、調子を崩していたことを知りませんでした。

僕はそうとは知らずに、普通に接していました。

昨年の9月頃から東大さんの話題を徐々に聞かなくなったので、変だなとは思っていました。

クリスマスは、いつも真っ先に僕にメールをくれていたのに、昨年はメールを送ったけれど、返事は来なかった。

 

 

とても心配していました。

 

 

そんな東大さんが年明けから少し元気になって、活動を再開するとブログで知って、嬉しく思っています。

そして、この団体から独立して活動するとのこと。

もちろん、まだ青木さんの力が必要だとは言っていました。

 

 

〈60歳からの幸せさがし。〉

面白そうですね。

 

 

今までYouTubeの撮影時に「話し方が機械みたいだ。」とか「抑揚をつけて話してみてください。」とか言われて困っていた東大さんを思い出します。

 

 

どれだけ練習しても、感情をこめた話し方ができませんでした。

辛かったでしょうね。

東大さんには、それは無理だとわかってから、その練習はしなくなりましたね。

 

 

これからは東大さんのありのままを出していくことにしたのはとても良いことだと思います。

 

 

できないことは誰かの助けを借りて、できる様にすれば良い。

昔はできなかったけれど、色々と練習と工夫を重ねてなんとかできるようになったこともありますよね。

 

 

東大さんは、「自分の苦手なことと得意なことを理解した10年だった。」と言っていましたよね。

10年ですか?

 

 

この団体の支援者は、家族の様に東大さんに接してきました。

毎日、朝から晩まで支援してきましたよね。

盆も正月もクリスマスも中断せずに支援をし続けました。

 

 

残念だけれど、当初の目標から随分と違う結果になった。

けれど、「幸せですね。生まれてきて良かったと思えますよ。」と言った東大さんの言葉に、きっと青木さんたち支援者は救われたのではないですか?

 

 

 

僕は、リアルな東大さんの姿を通して、〈これがASDなのか〉と強い衝撃を受けました。

そこから色々と学びました。

 

 

いやいや、真っ先にお礼を言わなければなりません。

小学校、中学校不登校だった僕に、手取り足取り勉強を教えてくれたのは、あなたです。

決して怒りませんでしたよ。

僕がイライラして、感情を爆発した時も、悲しそうな顔をして僕をじっと見つめて「落ち着いたら、またやるよ。」と言ってくれた時のことは忘れませんよ。

 

 

小学校、中学校と不登校だったんですよ!!

そんな僕が、来年フィリピンの大学を卒業するんですよ!!

東大さん、あなたのおかげです。

 

 

青木さんが東大さんを紹介してくれた時に「決して怒らないからね。テルさんが感情を爆発させても、東大さんは淡々と勉強を教えてくれるから。最高の家庭教師だよ。」って言ってくれて、本当にその通りでした。

 

 

 

ありがとうございました。

あなたは僕の人生を良い方向へ変えてくれた1人です。

 

幸せになりますよ。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

12年間の不登校の記憶なんてもう消えてしまいました。テル

僕は現在フィリピンで大学に通っています。

来年で卒業予定です。

自分で言うのもなんですが、よく勉強を頑張りました。

 

 

小学校から不登校で22歳でフィリピンに来て、英語はABCからやりはじめたわけです。

フィリピン滞在1年と6ヶ月で大学に入学したわけです。

 

 

 

まあ、青木さんたち支援者をはじめ、僕の彼女と大学関係者並びに大学の友達とセブ市で出会った人たち。

そんな方々との出会いが、小学校からひきこもっていた僕を社会に戻す原動力になったと感謝しています。

 

 

今は彼女の助けがとても大きいです。

恥ずかしい話ですが、僕の彼女は、僕にとって、母親であり、姉であり、彼女であり、親友でもあるのです。

まあいうならば、僕のメンターなのです。

 

 

青木さんから、散々、「信頼がおける彼女を作ることが君の幸せの第一歩だ。」と言われていました。

と言いましても、自分で彼女を探すことなどできません。

 

 

僕ができることは、青木さんからのアドバイスに耳を傾けて、言われたことはすぐに実行するということでした。

まあ、最終的には青木さんが紹介してくれた女性が今の彼女なんです。

 

 

僕にとっては、勿体無いくらいの素敵な女性です。

彼女が僕に寄り添ってくれているおかげで、僕は過去のことなどもうどうでも良いというふうに思えているのです。

 

 

過去なんかどう考えても、何も変わらない。

変えられるのは、これから先の未来だけだよ。

1人で無理でも、2人なら乗り越えられるからね。

 

 

僕にはこれで十分なのです。

 

 

 

彼女のおかげで、僕は日々成長しています。

これからも僕には彼女が必要なんです。

 

 

1人で混乱しているあなた。

あなたのことを支えてくれる人を探してみませんか?

その為に最低限度の自立が必要だと思います。

 

 

近くの支援団体に連絡してみましょう。

連絡を親に頼んだって恥ずかしくないよ。

僕も親がこの団体に連絡をしてくれたのです。

 

 

ではまた明日。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村