発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

海外で支援する意味。青木

成果が出ているよ!!大丈夫だよ。続けていくよ。

 

 

 

ひきこもっている人に必要なことは、何をおいても環境を変えることです。

 

 

彼らは、社会と距離を置くためにひきこもるのです。

自分のことを知っているであろう他者の存在が怖いのです。

(もちろん例外はあるでしょう。例えば、他者は怖くはないけれど、1人でいることが好きだとか。それはそれで良いと思うのです。問題になっているのは、みんなとそこそこ関わりたいのに、他者が怖くて関われないということです。)

 

 

 

自分のことを誰も知らない場所なら、ひきこもらなくても良いのではないですか?

私がそうでした。

25歳でボランティア活動をする為に、アメリカと中国に行きました。

誰も私のことを知らない場所です。

 

 

そこで感じたのです。

ここなら、他人の視線を気にしなくて、もう一度やり直すことができると。

 

 

私が小学校で入院するほどのひどいいじめを受けたこと。

転校してもまたいじめられたこと。

中学校でも仲間とうまくいかずに不登校

高校もいじめが原因で中退し、1年遅れて違う高校に入学するもまた不登校

会社に入るが、1ヶ月で「もう会社に来なくても良い。」と言われたこと。

 

 

こんな欠陥人間は、日本の社会にいてはいけないんだ。

周りはそう思っているに違いない。

家から出たら殴られたり、バカにされたりする。

他人が怖くて家から出られない。

 

 

だから、僕は自分の部屋に閉じこもっていました。

しかし、外に出たいのです。

出たいのに出られないのです。

 

 

そんな鬱積した気持ちが、爆発して部屋を壊したりしました。

隣接する家の音がうるさいと大きな声で隣人に文句を言ったり、下校途中の小学生に罵声を浴びせたりして、警察沙汰にもなってしまいました。

 

 

家族も私も限界でした。

父親は、嫌がる私の手を縛りあげて、精神病院に連れていきました。

なんともならないと思った父は、スポーツでひきこもりを矯正させる施設に連れて行ったりしました。

 

 

しかし、私の状況は悪くなるばかりでした。

そんな時に、この団体のスタッフが私の家を訪問してくれました。

 

「誰もあなたのことを知らない場所なら、やり直せるのではないですか?」

「みんなに追いつきたい。いや、追い越して、自分はダメな人間じゃないんだ。みんなから嫌われる人間じゃないんだ。そう確信したいのではないですか?」

 

 

その言葉が、私の胸に突き刺さりました。

心から変わりたいと思っていた私です。

でも、どうやって?

同世代とはすでに大きな差がついてしまって、追いつくことさえできない。

 

 

それが、やり直せる?

みんなに追いつくどころか、追い越せる?

 

 

やってみたい。

そんな支援を受けてみたい。

もうひきこもっているのは限界でした。

 

 

私は、アメリカと中国奥地でのボランティア活動に参加したのです。

 

 

そして、私はやり直せる希望を見つけたのです。

明日に続きます。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

30年ひきこもった僕は今幸せを感じている。東大卒30年ひきこもったASDな僕

車の運転がこんなに楽しいものだとは・・・。

 

僕がこれからやっていくこと。

野菜を栽培する。

 

 

大学院時代の専攻に関係がある仕事につけてとても嬉しいですね。

野菜を栽培していくことで、他人と関わることも他の仕事よりも少なくて済みますから。

 

 

と言っても、全く1人で完結できるわけではないので、こんな僕に寄り添ってくれる相手が必要です。

僕のことを理解してくれ、支えてくれる相手が必要なのです。

 

 

 

そんな女性に巡り会えたら、僕の残りの人生も随分と豊かなものになると思います。

 

 

 

野菜の栽培は、実際に野菜を栽培している農家の方に11月から指導をしてもらいます。

住み込みになるかもしれません。

 

 

30年間という時間を無駄にしてしまった僕ですから、残りの時間をとても大切にしたいと思っています。

 

 

〈何をやってもダメな僕。〉

ヒロさんの合言葉のような表現でした。

僕は、それ以上にダメなことがわかりました。

 

 

でもどこがダメなのかがわかったこと。

そして、どうすればそれに対処して乗り越えられるか。

それがわかったことで、随分と気が楽になりました。

 

 

自分のことがわかったとしても、日本でしたら気持ちは落ち込んだままで、希望は見つからなかったでしょう。

生きやすい環境に変わったことも僕が幸せになる為には必要でした。

 

 

「今は幸せか?」って聞かれたら、「幸せです。」と答えます。

「何が幸せなの?」と皆さんは思われるでしょうね。

 

 

 

簡単に言うと、長い間自分を縛っていたものから解き放たれた。

そんな感じです。

とても自由な気持ちなんです。

 

 

日本にいないからなのかもしれませんが、人の視線が気にならないです。

日本では自分が失敗したことを長年悔いていました。

もうどうすることもできないはずなのに・・・。

 

 

 

そして、今は自分がこれからやっていくことに希望を感じています。

楽しみながらやっていきたいですね。

 

 

小さく始める野菜栽培ですが、その後は貧困地区での無料学習塾を開きたいと思っています。

貧困で希望を失っている子どもたちに、希望はまだあることを見せたいのです。

これから皆様に順次進捗状況をお伝えしていきます。

 

どうぞあたたかく見守ってください。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

毎日同じ繰り返し。幸せになる為に!!

 

 

毎日、毎日同じことの繰り返しです。

就労練習はまだしていません。

サーフィンもしていません。

 

サーフィンをする場所の真前に家があるので、毎日、朝と夕方に大勢のサーファーのサーフインをしている姿が目に入ってきます。

まあこんな身体では、ボードの上にさえ乗れないだろうと言われてますから仕方がないです。

 

 

とにかく体を鍛えるしかないですね。

スタッフによれば、あと2ヶ月は必要だそうです。

 

 

朝5時起床

ウォーキング30分

エクササイズ15分

柔軟体操10分

 

朝食 野菜サラダ、オートミル、鶏肉ササミ

 

8時から10時まで 先生と一緒にビサヤ語レッスン

 

10時から30分 ダンスレッスン

 

11時買い物練習

 

13時 昼食

 

14時30分から体幹レーニン

 

15時から17時まで ビザヤ語レッスン

 

17時 ダンスレッスン

 

18時夕食・入浴

 

20時睡眠

 

 

がんばります。

変わりたい。結婚がしたい。そんな理由で頑張っています。

 

皆様の前に変わった姿をお見せするまで、諦めずにがんばります。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

支援を10年受けてわかったこと。東大卒30年ひきこもった ASDな僕

鍛えたらぎごちない体の動きは滑らかになっていきます!!

 

大学院で、僕はみんなから責められて、大学院研究室での居場所を失いました。

研究室に通うのが怖くなったのです。

 

 

同僚の研究生たちは、僕の何が問題なのかを色々なやり方で説明してくれました。

ホワイトボードに絵を描いてくれたり、A4用紙に僕の問題点とその対処の仕方を書いてくれた同僚もいました。

 

 

みんな、この僕に僕自身が抱える問題点を理解してもらおうと努力はしてくれていました。

今振り返ればそのように受け止めることはできます。

 

 

しかし、35年前のあの時は、周りが僕を必要以上に責め立てている。

それは不当な扱いに相当する。

断固として抗議したい。

 

 

そんなふうに捉えていました。

今から考えると、間違った受け止め方です。

支援を受けてきた今だからこそわかるのです。

 

 

 

このフィリピンで支援を受けて、自立していった人たち。

最近、文章を書いてくれたシンゴさん、テルさん、ブンさんなど。

彼らはみんなと比較して、自分はみんなのようにはできないと感じて、自信を失いそしてひきこもったのです。

 

 

僕は、自分の中に大きな問題点があると感じたからではなく、周りのみんなが僕を責め立てるので、怖くなって、家にひきこもったのです。

エイジさん、MR.Joeも同じです。

 

 

 

同じひきこもった経験があるにしても、彼らと僕らではその受け止め方が全く違うのです。

ここに僕たちの社会復帰の難しさがあるのです。

 

 

同じひきこもりでも、受け止め方が全く違う2つのグループ。

 

 

いやはや、本当に僕たち程度の悪いアスペルガー(ヒロさんがよく使っていた言い回しです。)はとても生きづらさを感じ、そしてその中から中々抜け出せないでいるのです。

 

 

そんなことに気づいただけでも、僕はとても嬉しいのですよ。

でも、諦めてはいません。

そんな僕はどうやって自分の人生を生きやすくするのか、その術を日々学んでいるのですから。

 

 

分の問題点を理解して、それをどうやって解決していくか。

そうしたら、僕への支援は本当に終了するのです。

 

 

同じような問題点を抱えている皆さん、僕の社会復帰への旅にご一緒していただけませんか?

頑張って僕の状況を好転させますからね。

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

東大の研究室で何が起こったのか?東大卒30年ひきこもったASDな僕

日本人のお客さんを見なくなりました。2割近く高くなり僕たちも気軽にいけないです

 

 

僕は東京大学大学院の研究室仲間から距離を置かれ、大学に通えなくなりました。

彼らの言い分は、簡単にいうと僕が研究の邪魔になるということでした。

協調性がないとか、コミニュケーションが取れないとか・・・・。

 

 

言いたい放題でした。

彼らは僕に対してその根拠を示しましたが、僕は納得ができなかったです。

かといって、反論すらできませんでした。

 

 

 

病院で1度検査を受けたほうが良いと担当教授からも言われました。

それで病院にかかりましたら、発達障害とかなんとかと診断されました。

色々と担当医から言われたのですが、「なんだそれ?」という感じで聞いていました。

 

 

結論から言うと、みんなと協調しておこなう仕事は僕には向いていない。

自分1人でマイペースでできる仕事が良いのではないかと言われました。

 

 

まあ、その当時は1部の医療従事者しか、発達障害についての知識がなかったのでそんな言い方しかできなかったのかもしれません。

 

 

それで、結論としては、「研究を休んで、気分転換しなさい。それから今後のことについて、担当教授と話し合いなさい。」でした。

 

その指示に従い、僕は1年近く研究室に通うことを休みました。

その後、頭の中の混乱が少しおさまってから、研究室に通いましたら、僕のポジションが変えられていました。

 

 

研究室での花形とでもいうような立場から、あまり必要のない部署に変えられていたのです。

それは僕にとって大きなショックでした。

 

 

しかし、僕はそのことに対して反論することもできずに、教授からの「なんとか単位を認定してあげるから。」の言葉を信じて、教授の指示に従っていました。

 

 

そんな過去が僕にはあったのです。

大学院を出ても、「こんな状況だから、君を就職で企業に推薦することはできない、」と言われたことで、なんの為に僕は東大まで来たのか?もう全てがダメだ。」そう感じて、それから30年近くひきこもってしまいました。

 

 

 

途中では、家庭教師や公務員試験の受験も考えたのですが・・・・。

家から外に出て人に会うことがとても怖くなったのです。

 

 

「東大まで、いや東大の大学院まで行ったのに、無職かよ。アルバイトすらできない人間。

そんな人間は、この世に存在してはいけないんだ。」

 

 

家から外に出ると、多くの人たちが僕にそんな思いを抱くに違いない。

もしかしたら、殴られたり唾を吐かれたり・・・。

 

 

とても怖くて家から出ることができませんでした。

ほんの8年前までの出来事です。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

今の自分がどう見られているかがわかる?わからない。東大卒ASDな僕

僕の知っているCOCO壱番屋の味ではないです。冷たいルーとご飯も 悲しい

 

僕は今の自分が、周りにいる人たちからどう見られているのかが、よくわからないのです。

 

 

例えば、動作が変だと言われても・・・。

言われただけではなく、動画に撮ってどの部分がおかしいのかと見せられても・・・。

他の人の動作と僕の動作を比較した動画を見せられても・・・。

 

 

 

わからないのです。

確かに違いはわかります。

しかし、その違いを周りの人が問題にすることがピンとこないのです。

 

 

 

違う表現で言いますと、周りの人が僕の〈動作のおかし度〉とでもいうのでしょうか、そんな判定をすると平均〈おかし度〉9点だとすると、僕自身の動作の〈おかし度〉判定は2点ぐらいだとか。

そんなふうに大きなズレが周りと生じているのです。

 

 

それは僕だけではなく、エイジさんやMr.Joeにも言えます。

 

 

その点が僕たちのグループとシンゴさん、ブンさん、テルさんたちと大きく違うのです。

他者からの視点というのでしょうか?

それを意識することができる人とできない僕らと。

 

 

だから僕らは変わることがとても難しいのです。

そう感じます。

 

 

1つの例をご紹介します。

 

ヒロさんという青年の話です。

小学校4年から不登校でした。

中学でもう1度再登校を試みました。

しかし、周りからのいじめが酷くてひきこもります。

 

彼は年齢にあった常識を持ち合わせていませんでした。

ですから、私たちの支援を受けてアルバイトに応募してもどこも雇ってくれなかったのです。

100件近く受けて、受かったのが数社。

その数社とも数ヶ月で解雇させられています。

 

 

どんなに私たちがアドバイスしても聞く耳を持たなかった彼ですが、流石に100社の面接で数社の採用。

そして早々と解雇されたことから、自信を失い、蒸発する羽目になってしまったのです。

 

つまり落ちるところまで、落ちてしまった彼なのです。

 

 

そこから、なんとかしないとこのままでは、この社会で全く必要とされない人間になってしまうとの不安から、変わる決断をしたのです。

変わる決断をしてからの彼の成長は、以前の彼のブログに目を通していただければ、分かってもらえると思います。

 

 

彼のおかしな動作も、変な癖も何もかも彼は変えていったのです。

そして今は、結婚し、子どもに恵まれ、家まで建ててしまいました。

 

 

彼はよく私にこう言っていました。

「俺って、ほんと変なふうに見られていたんですよ。昔はそんなの関係ないって思っていたけれど、まあ女性とお付き合いして、彼女から色々と言われたことが大きかったですかね。」

 

 

僕たちの様なタイプの人たちは、ヒロさんの様にはいかないのです。

残念ながら。

 

 

そこからどうするか。

それがこれからの僕の課題です。

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

僕たちと変わっていく彼らと。東大卒30年ひきこもったASDな僕

   働いた後のリラックスした時間。こんな楽しみ方もできて嬉しいですね

 

 

僕は考えられる限りの支援を個別で毎日受けてきました。

しかし、成長という面では大きく変わることはできませんでした。

 

 

僕は支援者でもあり、支援を受けているものでもあります。

支援者と言いましても、勉強の面だけを支援しているのです。

しかし、8年間日本から来る青年たちをフィリピンで見てきて思うことは、みんな大きく変わっていくのです。

そして最終的に、社会や学校に戻っていきます。

 

 

しかし、その一方で僕は彼らほど大きく変わらないのです。

はっきりと社会に戻ることができるまでには変わらないのです。

 

 

もちろん福祉制度を色々と活用すれば、社会復帰はできるまでにはなりましたが、僕は福祉制度を利用せずに自分の力でまずは社会に戻りたいのです。

 

 

そんな意固地にならずに、福祉制度を利用することは僕の権利でもあるはずなのは分かっていますが、それでも自分の力にこだわりたいのです。

そう考える人たちは僕だけではないと思いますが。

 

 

シンゴさんやテルさんを見ていて、やはり僕とは違うタイプだなと感じます。

彼らと、僕やエイジさん、Mr.Joeとの間には大きな壁があるような感じがするのです。

 

 

支援を受ければ、受けるほど大きく変わっていくタイプの彼らと、こんなにも支援を受けても大きく変わらない僕ら。

 

 

その両者の大きな違いは?

それは一言で言えば、自分を俯瞰して見ることができているかどうかです。

僕たちに取ってそれはとても苦手なことです。

 

 

「声が小さいよ。」と言われても、自分の声が小さいとは思えない僕です。

「手足の動きがぎごちないよ。」と僕の手足の動きを撮った動画を見せられても、実感がわかない僕です。

 

 

 

僕は昔から勉強はとてもよくできました。

勉強ってとてもわかりやすいので好きです。

だって、点数が出るじゃないですか。

それに僕の理解度を項目別に分析までしてくれる。

 

 

「ここが苦手だから具体的にこうしなさい。」という指示をもらえる。

もらった指示に素直に従って徹底的に苦手をなくす。

そしたらさらに成績が向上します。

 

 

数値化された世界はとても楽なのです。

それに引き換え、動作が・・・・。

声が・・・・。

会話に使う表現が適切でない。

 

 

そのことについても、この団体では様々な工夫を凝らして、僕が自分を理解する手助けをしてくれていました。

 

 

でもどれだけ支援者から言われても、僕には実感がわかないのです。

僕らは、やはり大きく変わりにくいタイプなのです。

シンゴさんやテルさんたちとは違うのです。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動に動画が始まります。

 

 

 

www.youtube.com