発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

年末、年始。もう一度お子さんのことを考えてみませんか。東大

 

f:id:smilehousejapan:20181229113502p:plain





 

 

年末、年始にもう一度お子さんのことを考えてみませんか。

 

 

私たちは、30年間ひきこもりの人たちの支援をしています。

 

 

その支援の中で、もっとも難しいことは、ひきこもっているご本人に会えないことなのです。

会えないということは、支援の手を差し伸べられないということです。

 

 

 

逆にご本人に、会うことができれば、100パーセントに近い数字で、回復することができています。

 

 

家族が、みんな集う年末年始に、もう一度、子どもさんと向き合ってみましょう。

 

 

お子さんにとって、最大の理解者はご両親です。

親子関係が良好ならば、心を開いて外部の支援につなげることができます。

 

 

○年末年始を子どもと一緒にすごしましょう。

 

いつもより美味しいものを食卓に乗せて、

「一緒に食べないか。」と誘ってみませんか。

 

 

誘って、返事がなくても大丈夫です。

「親は僕のことを気にしてくれている。」とわかってもらうだけでも、効果はあります。

 

 

誘うのは数回だけにしてください。

くどいのは逆効果です。

 

 

返事がなくても落ち込まないでくださいよ。

 

                                                                                   

                          f:id:smilehousejapan:20181229113851p:plain

                        

 

○年末に際して、大掃除を手伝ってくれることを頼んで

みませんか。

 

 

「こことここをお願い。」と

はっきりと頼むのがこつです。

 

 

また、頼む理由も大切ですね。

 

 

「お母さんは、今年は腰を痛めているので、あまり掃除をさせたくないんだ。手伝ってくれないかな。」

 

 

 

こんな理由を考えましょう。

 

 

「仕方がないな」とブツブツ言いながらでも、手伝ってくれたという報告をたくさん聞いています。

 

 

 

そして、労働の対価として、是非お金を払ってください。

少し奮発してあげてください。

 

 

「助かったよ!!」とここは少しオーバーに言ってもらっても構いません。

 

 

本人たちは、具体的にやったことで褒められたのですから、嬉しいのです。

 

 

決して、言葉にも、顔の表情にも出しませんけれどね。

 

 

f:id:smilehousejapan:20181229113414p:plain




○まちがっても下記のことは言わないでください。

 

「この先をどう思っているのか? このままでいいのか?」

 

 

本人は、今から社会に戻るにはどうすれば良いのかわからないのです。

 

 

不安が強くなり、それでひきこもっているのです。

さらに追い立てることはしないようにしましょう。

 

 

ご両親との関係が良好であれば、必ず心を開きます。

その時に「一緒に考えてみよう」と誘ってみるのです。

 

 

中々心を開かない人たちには、それしか方法がないのです。

 

 

 

この年末、年始、今一度、挑戦してみてください。

何もしないと、ゼロのまま、何も変わらない。

最大の支援者は、私たちではなくて、ご両親なのですから。

 

 

そんなことが、考えられないくらい、親子関係が悪くなっている場合は、サポートセンターまでご相談ください。

 

 

年末年始もお問い合わせに対応できるようにします。

 

 

下記のメールアドレスに内容を書き込みください。

3時間以内にご返事をするように心がけます。

ただし、天候などにより、インターネット状況が悪い場合もありますので、ご了承ください。

 

 

smilehousejapan@gmail.com

 

 

 

日本中何処へでも訪問いたします。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。