発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

障害をもった人を殺すなら、僕を殺して欲しかった。 青木

f:id:smilehousejapan:20160607090219j:plain

 

20年間ひきこもった人の支援をしています

 

 

発達障害とは診断されていませんが、以前かかった病院から一度検査をしたほうが良いと言われたまま、なにもせずに20年間が過ぎたのです。

 

 

ご両親は私たちに依頼をされても、「もうあまり期待はできないので、楽しく人生を過ごさせてくれたらそれでいいです。」

 

 

「もともとあの子は他人と交わるのが嫌いな子で、一人がいいんだと思います。」

 

 

「だからひきこもったと、うちら夫婦はそう考えております。」

 

 

中日の山本昌に似ている彼はまだぎりぎり30代です。

昌さんとの関わりは3年目に入っています。

その歩みはゆっくりとしたものです。

 

 

会えるまでに1年間もかかってしまいました。

会えてからもゆっくりとした歩みで、支援プログラムをこなしておられます。

 

 

20年間、家族以外の誰とも会ってはいません。

外出したこともなかったのです。

 

 

そういえば彼(Mr.joe)も昌さんとひきこもり期間、年齢が同じくらいですね。

しかし、状況は明らかに違います。

f:id:smilehousejapan:20160716103605j:plain

 

 

 

「自分はもう人生を諦めてますから。」

「ゲームをやり続けて1日が過ぎる。そんな風に20年を過ごしてきました。」

「結婚? フッフッフ、できると思いますか?」

 

 

 

独り言のように話したのです。「できないさ。できないよ。できないってば。」

 

 

「一人が良いのか?という質問は、一人でいることを好んでいるかということですか?」

「違いますね。僕はみんなと楽しくやりたかったけど、みんなについていけなかった。」

 

 

 

「みんなから離されたくなかったので、がんばったけど疲れてしまいました。」

 

 

「もう良いんですよ。サポートセンターでは、僕は邪魔者ですからね。来るなとはっきり言ってもらえれば、来ないですから。」

 

 

「この前、障害者の人たちが殺されましたでしょ。あの人たちは重い障害があっても生きたいと思っていたのに、突然命を奪われて本当にかわいそうでした。」

 

 

 

「どうせ殺すなら、僕を殺せばよかったのに。」

「生きたいという思いの人を殺してはいけないんだ。」

 

 

涙が出そうになりましたので、話題を変えました。

「お腹減ったけど、何食べたい。」

 

 

「僕、吉牛で良いです。ミニの牛丼で十分です。」

「俺は嫌だな。美味しいもんが食べたいんだ。」

「近くに美味しいうなぎの店があるからそこにするよ。」

 

 

立派な店構えのその店にはじめて入りました。

すぐにトイレに駆け込んで、財布の中身を確かめました。

そして席に戻ると昌さんはすでに注文を終えていました。

 

 

10分して僕の注文したうな丼並だけが来ました。

「注文したよね。」

「はい。」

 

 

3分程、遅れて彼の注文した料理が来ました。

懐石料理でした。

 

 

「吉牛のミニサイズって言ったよな。」と言いたかったけれど我慢して、外に電話をしに行きました。

 

 

「ごめんなさい。間違えて注文してしまったんだけど、ほんとごめんなさい。」

スタッフの会計責任者にご機嫌うかがいです。

 

 

 

「青木さんが良かれと思ってしたことですから、私は何も言いません。」

「そうだよね。そうなんだ。必要だったんだよ・・・。」

気が小さい私です。

 

 

2分程度の電話でしたが、昌さんはすでに食べ始めていました。

「寂しいな、一緒に食べようよ。これはルールなんだよ。」

 

 

そう言うと箸を箸置きに返し、吸い物の蓋を閉じ始めましたので、「これから覚えておいてね。」と優しく言いました。

 

 

圧倒的に経験不足な昌さん30代後半。

昌さんの変化の時がやってきました。

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 

 

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。