発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

みなさんどうすれば良いか知恵をお貸しください。 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20160701105836p:plain

 

 

青木さんに電話をした。

だいたい、青木さんの話すスピードでその時の青木さんの状況をおいらは把握しています。

 

「はい、青木です。おおお、ヒロさん元気かあ」

「はいっ、青木です。」

「はっ、あぉで」

 

 

 こうなると直ぐに切ることにしている。

 

昨日は忙しいのがわかった。

「青木さん、今、どこにいるんですか。」

「えっーと、どこだここは」

 

 

「・・・・・・?」

で、代わりにブログを書くことにしたんです。

 

 

青年さんのことを書きたいです。

覚えていてくれていますか、青年さんです。

 

smilehousejapan.hatenablog.com

 

smilehousejapan.hatenablog.com

smilehousejapan.hatenablog.com

という人です。

 

 

フイリピンでの支援が合わなくて、その後青木さんのご家族への説得により、入院となりました。

まあ、入院で家族が安心できるようにはなったでしょうね。

 

 

入院は3ヶ月間ぐらいらしいですね。

ケア会議をサポートセンター名古屋と病院側で持ちました。

青木さんはとても喜んでいました。

 

 

「勉強になったわ。ほんと楽しいひと時だった。」

なんと1時間の予定が3時間にもなってしまいました。

支援のために生まれ落ちた男、ハゲ。

 

 

smilehousejapan.hatenablog.com

 

smilehousejapan.hatenablog.com

あれから間もなく3ヶ月が経とうとしています。

退院後はグループホームに入居して就労支援を受け、社会につながる計画がなされていましたが、残念ながら今現在、繋がっていません。

 

 

自分に合うグループホームがないんですって。

そのうちに、「グループホームに行っても今の僕がなんとかなると思えない。」

「青木さん、どうすれば良いか、教えて下さい。」

 

 

 

そんな発言が最近は話なされています。

すごいことなんですって、「考えるようになてきたんだよ。」とスタッフがおいらに教えてくれました。

 

 

「直ぐに大きくは変わられないけれど、ゆっくりとしっかり見ているとその変化に気づかされるね」

 

 

「でも退院後の進路が決まっていませんよね。どうするんですか?」

 

 

支援生活30年の青木さんをもってしても、どうして良いのかわからないんです。

 

 

みなさん、何か良い知恵はございませんか?

どうか、この青年さんとサポートセンター名古屋にお力をお貸しください。

f:id:smilehousejapan:20151108095821j:plain

           地球のみんなおらに力を!!

 

 

 

ではおいらは学校に行ってきます。

はい、わかってますよ。学生課にちゃんと忘れずに行きますって!!

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。