発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

ひきこもりからの回復は難しいですか? ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170128134220j:plain

この支援は自分への支援でもあると思いました。

 

 

30代青年さんとの対話は続きます。

へそを曲げられたのかと心配した僕たちでしたが、翌朝けろっとしておられました。

少なくとも外観はそうでした。

 

 

僕は、30代青年さんとの対話に傍観者として参加しているんですけれどね、自己理解という面でとても良いと自分では思っています。

 

 

勉強ができないとか、容姿がひどいと思っている。

性格的に同世代と比べて劣っていることがたくさんある。

両親との確執。

学校でいじめられたつらい思い出。

 

 

 

ひとつひとつあげればきりがないほど。

そんなことが頭の中をぐるぐると回っている。

 

 

どこのタイミングでこんなふうになってしまったのか。

これからどうすれば良いのか。

一体全体自分はまだ大丈夫なのか。

 

 

どこにその答えがあるのか。

誰に聞けばその答えを教えてくれるのか。

いや、そんなことを誰かに聞こうものならば返す刀で切り刻まれてしまう。

 

 

悶々とした日々。

起きたら、「笑っていいとも」が始まる時間。

遅い朝食と昼食兼用を食べる。

 

ぼーっとした頭で、パソコンの画面を見る。

2ちゃんねるの書き込みに目をこらす。

飯を食ったら、イライラする前に、ゲームに没頭する。

 

 

3時になったら、やはりおやつを食べる。

気づいたら、周りは暗くなっていた。

そして今日も1日が終わる。

 

 

こういう生活を10数年続けてきた。

1つでいいので何かに熱中していたら、そこそこの技量になっていたのになと後悔が頭をよぎる。

 

 

そして、エロビデオを見て、しばし寝る。

 

 

 

こんなことを話してくれた人がいた。

確か過去のブログに書いた記憶がある。

それが誰なのかは忘れてしまった。

 

 

みんな大かれ、少なかれ、同じストーリーを持っているから。

 

 

ひきこもりから回復するのは大変ですか?

こんな質問が頭をよぎった。

スタッフに聞いたんだ。

 

 

「ひきこもりから回復するのは大変ですか?」

「大変じゃないんだよ。」

「自己理解が進めば大変じゃないんだ。」

 

 

「自己理解ができるまでが大変なんだ。」

 

 

その「自己理解」という作業に今、30代青年さんは取りかかっています。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。