発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

不登校の僕たちを追い詰めないでよお母さん。ブン

f:id:smilehousejapan:20190723104806p:plain

 

 

1、ぼくたちを追い詰めないで。

 

 

不登校のままではよくないよ。フリースクールとか学校の中にもそんな教室があるんだから、行ってみない。」母親はぼくにそう言った。

 

 

「どうして学校に行けないの?学校で何かあったの?誰かにいじめられたの?お母さんに言ってね。お母さんね担任の○○先生に相談するからね。」

 

 

「ブン、学校に行かないと、みんなから勉強が遅れてしまって、中学校に行くときに大変なことになるんだよ。」

 

 

「お父さんね。もっと勉強しておけばよかったって言っていたよ。お父さんは勉強をしなかったから苦労したんだよ。だからお前も真面目になりなさい。」

 

 

「もしかしたら、お前は病気かもしれないから、お母さんと一緒に病院で診てもらおう。」

 

 

「あのね。お前はきっと発達障害なんだよ。だからみんなとうまくやっていけないんだよ。だから病院で直してもらおうね。」

 

 

「お隣のxxさんの息子さんxx大学に受かったって、お母さん喜んでいたわ。」

 

 

 

発達障害関係の本が台所の目につきやすいところに置いてあった。

「読みなさい。」そういう暗黙のメッセージを感じた。

全部破いて燃えるゴミの袋に入れた。

 

 

 

「病気だと、てめえが病気だろが。」

「お前が俺みたいなごみを産んだんだろ。お前が責任とれや。」

「うざい!!消えろバカ女!!」

 

 

「とても怖い表現でしたのでいくつかを削除しました。

                     By事務局」

 

 

思い出して書いていたら、胸が痛くなってきた。

あああああああと大きな声をだしたくなった。

目の中に見える何かを壊したくなった。

 

 

もう嫌だ。

どうしてこうなったんだ。

昔の悪夢が蘇る。

 

 

大丈夫だって、大丈夫、俺はひきこもりじゃない。

俺は今大学に行っているんだよ。

凄いんだよ。

生きていても良いんだよ。

 

 

お願いです。

お母さん、子どもを追い詰めないでください。

子どもはみんな悲しんでいるんですよ。

 

 

学校にいけないといういことは、もう何もなくなったというふうに僕たちは感じているんですよ。

 

 

わかっているのに、それ以上言わないでよ。

十分に休ませてあげさせて。

それから、先のことを提案すれば良いんだよ。

 

 

 

次から次へと喋らないでよ、お母さん。頼むから。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。