発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

発達障害は成長するのです。東大

f:id:smilehousejapan:20180920105923j:plain

 

 

今はサポートセンターで、スタッフという立場です。

3年前から、少しずつ色々と経験を積まさせてもらってきました。

しかし、間違いや失敗ばかりです。

 

 

でも失敗して、初めて僕の何が問題だったのがわかるのです。

支援を受け初めた頃と今を比べますと、自分でも大きく成長したことを感じます。

 

 

まあ、何もできなかった僕ですから、そこから大きく成長しても、みなさんから見れば「なんだそんな程度なのか」というレべルです。

 

 

失敗したり、うまくいかないことがあったら、すぐにその場でスタッフが指摘してくれます。

 

 

人から自分の失敗を指摘されたら、パニックになっていた僕です。

今は・・・・・・・

同じですね。

 

 

前回ブログに書きました内容。

自分のダンボールだということを他の人に知らせるために、自分の名前を書く必要がありました。

 

 

しかし、気が小さく、自信がもてない僕は、自分の名前を大きく書けないのです。

そのことを指摘された時、「時間がありませんでした。」と、とっさにスタッフに嘘をつきました。

「小さく書いても大きく書いても、かかる時間は同じです。」とスタッフに指摘されて、嘘がばれました。

 

 

〈傷つきたくない。〉という防御反応が嘘をつかせてしまうのです。

 

 

しかし、今はスタッフに指摘されて素直に「嘘をつきました。」と言える僕です。

それでも、まあ嘘をつかないことが1番なのです。

もう少ししたら嘘をつくこともしなくなるでしょうか。

 

 

失敗したら、その失敗から学んで、次は失敗しなくなります。

数学の問題で間違えたら、なぜ間違えたのかを考えて、もう一度似た問題を解いてみます。

そうしますと、同じ失敗はしなくなります。

 

 

同じことなのです。

 

 

違うことがあるとすれば、数学の問題でまちがえても、恥ずかしくはありません。

しかし、サポートセンターで指示されたことを間違えたりしたら、やはりとてもはずかしいのです。

 

 

 

サポートせンターのスタッフはその日のうちに、間違えたことを1つ1つ丁寧に指摘して、解説し、その失敗について一緒に考えてくれるのです。

 

 

ですから、今の僕はできる限り失敗をして、そしてそこから成長を遂げたいと願っています。

 

 

どうでしょうか。

あなたも一緒に、僕といっぱい失敗してみませんか。

アフターフォローも万全ですよ!!

 

 

発達障害は成長する。

これは本当なのです。

ただし、頑張らないといけませんがね。

 

 

ではまた明日。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

 

 

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。