発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

おかあさん、おかあさん、僕怖いよ。山田

f:id:smilehousejapan:20180209153255j:plain


 

 

小学校の入学式。

小学校の正門へと続く道はくねくねとしていた。

角を曲がると正面に正門が見えた。

 

 

正門に続く道には桜並木があった。

その日のことはよく覚えています。

天気は快晴だったけれど、風がとても強かった。

 

 

強い風に煽られて、桜が大きく揺れていた。

 

 

小学生の僕は桜が怖かった。

桜を見た僕の体は金縛りになってしまった。

「どうしたの?」とおかあさんが僕に聞く。

 

 

でも、こたえられない。

 

 

小学生の僕は、力を振り絞って正門までたどり着いた。

正門をくぐるとそこにはたくさんの人がいた。

たくさんの声が耳に入ってきて、パニックになった。

 

 

顔がひきつっていく。

頭の後ろ側の皮膚が上に引き上げられる。

後ろを振り向いたら、満開の桜が風に煽られて、大きく揺れている。

 

 

それはまるで、巨大な怪物の様に見えた。

「おかあさん、おかあさん、僕怖いよ。家に帰りたい。早く帰りたい。」

 

 

おかあさんは知り合いの人と挨拶をしている。

僕は体が震えた。

 

 

 

そして、おしっこを漏らしてしまった。

「山田さんの奥さん、お子さんが大変よ。」

 

 

「◯◯どうしたの?あら、まあー。どうして言わないの。困ったわね。他のおかあさんたち笑っているじゃない。」

 

 

僕は泣いた。

そして、今来た道を帰っていく。

 

 

それから、小学校にはいけなくなった。

 

 

青木さんが僕に言った。

「桜が怖いんだね。」

「はい。」

 

 

「僕も桜は怖いけれど、山田さんはどんなふうに怖いの?」と青木さんが聞いてくれました。

そう聞かれても、うまく表現できないので黙っていた。

 

 

 

「例えば、とても綺麗で優しそうな女性。でも背後に鋭利な刃物を持っているんだ。そして相手が安心したところで、・・・・・・」と青木さんが言ってくれた。

 

 

僕は想像してみた。

そしたら、その表現は理解できたし、僕の怖さはそれに近いとも思った。

 

 

桜は怖い。

「『桜の木の下には死体が埋まっている。』と書いた文学者がいるんだよ。君の感性は素晴らしいさ。」と青木さんが褒めてくれた。

 

 

「おかあさん、おかあさん、僕怖いよ。小学校1年の君が泣いているんでしょ。」

「何か彼に言ってあげればいいんじゃない。」

 

 

「はあ?」

 

 

 

「小学校1年の時のあなたの記憶が、繰り返し、繰り返し思い浮かぶんでしょ。」

「彼は何かを求めているんじゃないの」

「僕は安心を求めていました。」

 

 

 

「彼に向かって、何か言ってあげられるとしたら、何て声をかけてあげられるかな。」

「難しく考えないで、頭の中にあることを言葉にすればいいんだよ。声にだして言ってごらん。」

 

 

 

「大丈夫だよ。もう大丈夫。心配ないからね。」と僕。

 

 

「そうなんだ。もう心配する必要は何もない。明日に向かって、毎日必死にやるだけ。」

「一緒に楽しくやっていこう。」

 

 

そういって、青木さんは又違う場所に移動しました。

 

 

目を閉じて考えました。

心の中で2つの声が対立しています。

 

 

「大丈夫だよ。よかったね。」と「気のせいだ。大丈夫なわけがない。」と。

 

 

でも、気のせいか「大丈夫な気がするの」方が大きくなっているかな。

 

 

「自信をつけるしか解決方法はない。」とスタッフから言われています。

自分だけが自分を変えられる。

 

 

また明日から1日を大切に挑戦していきます。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。