発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

認知の歪み ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170331113438j:plain

 

 

毎日時間を作ってくださって、スタッフは僕に色々と教えてくれます。

 

 

しかし、僕はその半分程度しか理解していないと思います。

発達障害」にまつわる色々なこと。

 

 

または僕へのアドバイスです。

大学に行っていた時は、勉強に集中しないといけないので、僕へのアドバイスは控えていたスタッフ達です。

 

 

しかし、卒業後はとにかく色々とアドハイスをしてくれます。

しかし、少しスピートが早いと感じるので、スタッフにそう言ってはいるんですが、「様子をみましょう。」ということになっています。

 

 

例えば、「僕」という言い方です。

今までは「おいら」でした。

悟空は「おら」です。

 

 

しかし、さすがの馬鹿な俺でも「おら」はないだろうと思っておりまして、「おいら」にしたのでございます。

 

 

ところが、年齢的にみて、「おいら」では周りの人たちから、笑われるので「僕」にしなさいということになりました。

 

 

しかし、言い慣れた「おいら」から「僕」に言い換えるのはとても抵抗があるんです。

 

 

つい、ストレスがたまってしまいました。

「俺は、あんたたちの操り人形なのか!!」と怒鳴ってしまいそうになりました。

 

 

このセリフは僕が十代の時にサポートセンターのスタッフ達に繰り返し吐いていた言葉です。

 

 

 

いつしか大人になった僕は、その言葉も言わなくなりましたが、つい喉元まで、でかかっていることに気づいたのです。

 

 

そのことを、スタッフに言いましたら、「認知のゆがみ」という題でスタッフが話してくれました。

 

 

「おい、ヒロ。ヒロ。聞こえるか?」

「あっ、ブラックヒロ」

「てめえ、頭いかれてんな。」

 

 

「お世話になっている、スタッフ達にその言い方。御愁傷さまです。」

「お前は、救いようがないさ。」

「認知の歪みだって?激しく崩壊しているお前の人格。」

 

 

「何を言われようが、口答えしないよ。」

「本当のことだから。僕は認知の歪みが激しいので、社会から弾き飛ばされるんだ。」

 

 

「だから、もう希望なんかないんだよ。てめえには。」

「10年間スタッフが付きっきりでこの程度。」

「御愁傷様です。チーン!!」

 

 

「お黙りブラックヒロ!!ヒロは変わってきたんです。そしてこれからも変わるのです。

時間はかかるけれど、大丈夫、あなたならさらに成長するわ。」

 

 

「ホワイトヒロ、ありがとう!!」

 

 

認知の歪みでございます。

下記の文章もお読みください。

これが僕たちが抱える問題の一端です。

 

smilehousejapan.hatenablog.com

 

 

「なぜ、ヒロさんは賞状をもらっちゃいけなかったんですか?」

とスタッフに聞いた人がいます。

支援を受けている人です。

 

 

「はあ?」とお思いの方もみえるかと思いますが、その方は有名な大学を卒業されておられます。

「なに冗談を言っているの?」

そう聞きなおす人もおられるかと思います。

 

 

しかし、スタッフが色々と丁寧にゆっくりと説明したにもかかわらず、未だに理解ができないと落ち込んでおります。

 

認知の歪みなのでしょうか。

 

 

ああああ、アスペルガー

あなたもなのか。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。