発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

ハゲよ、あんたは最高に輝いているぜ。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170416171556j:plain

「ご飯一緒に食べようか」昔お世話になった人からの電話。

 

 

先週の金曜日に日本に帰国しました。

そして土曜日から面談が始まりました。

土曜日は午前中1件、午後1件、夜2件。

 

 

終わったのが夜11時過ぎでした。

どの人達も大変な状況でした。

お母さんもお父さんも泣いていました。

 

 

「いろいろな支援団体に行ったけれど、結局だめだった。」

「息子に希望を見せて欲しい。」

 

 

「泣く必要なんかないのに。」と思います。

「そう、もう泣く必要なんかないですよ。」

と心の中でご両親に語りかけたい俺。

 

 

青木さんの隣に座って、ひたすらご両親と青木さんとの会話を聞くのが俺の仕事。

話したくて仕方がない。

でも我慢。

 

 

うー。

我慢できなくなっている俺です。

 

 

「『発達障害な僕たちから』に出会って、そこで回復している人たちの記事を読んでも、最初は信じられなかった。」

「でも、みんないい笑顔をしている。」

 

 

「ヒロさん、あなたの書く記事で希望を持ったんです。」

そう言われても、「そうなんだ」としか思えないおいらです。

結局皆さん、おいらのブログを読んでサポートセンター名古屋に希望を託した人たちなんです。

 

 

そんなにあのブログはすごいのか。

うーん。

だって、あそこに書かれていることはほんの一部なわけだし。

 

 

先週なんかすごいんだよ。

笑うことを忘れた男の人がフイリピンに来たんですよ。

学校でも一言も話さなかった人らしいです。

 

 

その人がおいら達と1週間過ごしたその記録の一部をお父さんとお母さんに送りました。

 

 

そしたら、「息子の笑っている顔を見たのは小学生以来です。家族みんなで嬉しくて泣いてしまいました。」とメールで返信が来たんですよ。

 

 

その男の人が言いましたよ。

「笑う時がなかった。」

だって。

 

 

何も僕たち特別なことはしていませんよ。

ただ、一週間めちゃくちゃ楽しいことをその人と一緒にやっただけ。

これは回復支援の前菜なんです。

 

 

これからがメインコースの始まりです。

 

 

 

と、まあなんというか、そのですね。

何を言いたいのかわからなくなりましたが。

はい、日曜日午前中も1件立合わさせていただきました。

 

 

午後からダウンしました。

で、おやすみをもらいました。

 

 

しかし、ハゲのエネルギーは無尽蔵。

この2週間、朝から晩まで日曜日を除いて一緒にいました。

休んでいないんですよ。

 

 

今に始まったことじゃないけど。

何でそんなに働くことができるのか。

 

 

そして、面談に際して的確なアドバイスをすることに本当に感心してしまうおいらです。

 

 

半端ねえ。

すげえやつだぜあんたは。

俺をここまで変えたんだからな。

 

 

すげえよ。

だれもあんたを褒めないけど、忘れないでくれ。

俺は、あんたをリスペクトしているぜ。

 

 

最高だぜ、あんた!!

 

 

また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。