読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

日本にはおれなくなって僕は再び海外へ行かされた やす

f:id:smilehousejapan:20130307183917j:plain

 

 

もう直ぐ20歳になろうとしていた。

 

 

母親が言った。

「教師をやめるから一緒にアフリカに移り住もう。アフリカで井戸を掘ったりするボランティアの人たちを紹介してもらったから、そこでお世話になろう。」

 

 

「ボランティアは年寄りがやるもので、僕みたいな若い人はやらないんだ。それとアフリカに行くといろいろな病気が蔓延しているから非常に危険だ。そんなところに行くべきではない。」と言った。

 

 

「それと僕は高校もちゃんと終了していないので、もう一度高校からやり直すつもりだ。(高卒認定試験は合格していましたが、ちゃんと3年間毎日学校に通学しないと、高卒とは認めたくないとその当時はそう自分で思っていました。)」

 

 

大きな声で母親に向かって怒鳴るように話したのでそれから母親は何も言わなくなりました。

 

 

家には青木さんが1ヶ月に数回来ては、僕と話して帰りました。

 

 

青木さんは、僕を日本から海外にだそうと企んでいたので、話は適当に合わせておきました。

 

 

それとカウンセリングや精神科にも通い続けました。

そうしたら母親もあまり何も言わないから。

 

 

「20歳になると、警察に捕まると、牢屋に入るよ。刑務所には危ない人たちがたくさんいて、生きた心地がしないそうだよ。」とこの時、母親は同じ話を何度もしていました。

 

 

そんな時にまた僕は事件を起こしてしまいます。

いつも行くコンビニは彼女の家の近くにあります。

その時には、菜々緒似の彼女への未練はなくなっていました。

 

 

そのコンビニで店長からこう言われました。

「お前、少しは真人間になったのか?」

僕はその人が話している意味がわからなかったので無視をして雑誌を立ち読みしていました。

 

 

そして、菓子パンとジュースを買ってレジに行ったら、こう言われました。

「犯罪を犯す人間にはこの店に来てほしくない。」

「お前が来ると他のお客さんの迷惑になるんだ。」

 

 

店長はそう言って僕がレジに出したパンとジュースを取りあげて、後ろの机におきました。

(僕はこのコンビニで2回警察に捕まっています。)

 

 

「もう来ないでくれ。」

その時の記憶は飛んでいて、よく覚えていないけれど、警察署で何度も確認されたので多分そう言ったんだと思います。

 

 

「殺すぞ。」

そして僕は拳を振り上げて、レジのカウンターを思いっきり叩いた。

「ぶっ殺してやる、お前たち。」

 

 

そして店長は直ぐに警察署に電話しました。

僕はその店を出て自宅に帰りました。

そうしたら自宅にパトカーが来て、僕は警察署に連れて行かれました。

 

 

母親も勤務先の学校を早退して、警察署に来ました。

この時はまた後日警察署に行きました。

今までとは違う雰囲気だったように思います。

 

 

自宅に帰宅して、僕は2階の自分の部屋に戻りました。

 

 

階下から、母親の声がしました。

母親は叫んでいました。

母親は何かを壊していました。

 

 

僕は怖くなったので部屋の鍵をかけて、ヘッドホンをして大きなボリュームで音楽を聞きました。

 

 

いつの間にか、僕は寝ていて、起きたら、母親が心配になり、階下に下りて行きました。

大変なことになっていました。

何もかもが壊されていました。

 

 

テレビでみた家庭内暴力の子どもの部屋みたいに破壊されまくっていました。

母親は着替えもせずに、居間で寝ていました。

 

 

僕はこの家を出ようと思いました。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします