発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

僕にはこの仕事が良かった。 大統領

 

f:id:smilehousejapan:20160314110845p:plain

 

 

 

少し休みをもらいました。

というか、休みなさいとスタッフから言われたんで休んだんよ。

その間、スタッフから励ましのメールをもらった。

 

 

 

青木さんからは、「怒られるようなアルバイトをあえて選んだんだ。何も心配ない。誰でも怒られるようなアルバイだから。」そうメールが来た。

 

 

電話でもスタッフと話した。

 

 

「お客さんが怒ったのはあなたに対してではなく、そこにあなたしかいなかったからだよ。」

「怒ったら、もう次の瞬間忘れていたり、言いすぎたなと思うものなんだよ。」

 

 

 

そう言ってもらえた。

これは随分と気持ちが楽になった。

そしてまたアルバイトにはいった。

 

 

今度のアルバイトは一時間半も電車にのって、そこから歩いて20分のところにある駐車場の草刈りだった。

一人でやる仕事と言われたんで、気が楽だった。

 

 

すぐ近くに山があってなんかとてものどかな場所だった。

スタッフからもらった指示書に沿って仕事を開始した。

 

 

 

仕事は簡単なこと。

駐車場の草を刈って側溝のゴミ拾い。

ただそれだけ。

 

 

だからめちゃくちゃキレイにして驚かせてやろうと思ったんよ。

ところが簡単やと思っとった草むしりやけど10分もせえへんうちに息切れがした。

 

 

足が痛い。

こんなんじゃあ、終わらない。

自分の体力のなさに落ち込んだ。

 

 

でもここでまた帰ったらもう僕はダメだと思ったから、とにかく草をむしった。

昼休みも取ることもせず、水だけ補充してかんばった。

なんとか暗くなる前には終わった。

 

 

そして証拠の写真を取ってサポートセンターの事務所に送信した。

 

 

「キレイにできました。」

「合格です。早く帰ってらっしゃい」と返信が来た。

 

 

帰り支度をしていたら、おばあさんがやって来た。

「あんれまあ、キレイになっとるな。あんたがしたんか」と聞かれたんで、「はい」と答えた。

 

 

「他の人は」と聞かれたんで、「僕一人です」と答えたら、「一人で1日でやったんか」といったんで、「はい」と答えた。

 

 

「頑張ったんやなあんた。」

そう言って、何か手渡された。

何ですかと聞いたら、「今日のてまちん。」と言った。

 

 

「またあんたにお願いするわ。」

「お名前なんとおっしゃるの」と聞かれたんで「大統領」と答えといた。

少し、ボケが入ったおばあさんやった。

 

 

帰りの電車のなか、名古屋にだんだん近づいてきたら、自分の姿に恥ずかしくなってきた。

靴はドロドロやし、服も汚れとる。

 

 

名古屋の地下鉄も僕の横だけ席が空いとったから恥ずかしいんで、寝たふりしたった。

 

地上に出たら夜やったから、闇に紛れて事務所に帰った。

誰もおらんと思ったら青木さんもスタッフもいてくれて、玄関まで迎えに来てくれた。

 

 

「頑張ったな。遠いところまで」

そう言われた自分が誇らしく思えた。

「◯◯二等兵、任務を遂行して無事帰還いたしました」そんな感じやった。

 

 

駐車場のことはどこかへ行ってしもうとった。

2015年の夏。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←「クリック祭り」にご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。