発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

アスペルガーな僕のアルバイト失敗記。その2 バード

 

f:id:smilehousejapan:20200113103331j:plain

1年間頑張った!!一杯食べて、年末年始はゆっくりするよ。フィリピンセブにて

 

毎回3時間だけのアルバイトは慣れてきたら、とても楽に感じました。

 

 

スタッフの人にアルバイトについて感想を聞かれた時にも、「アルバイトは思っていたより楽ですね。」と呑気に答えていた僕です。

 

 

ある時スタッフから、「今後は自分でアルバイトを探す練習をしてみなさい。」と言われました。

それでネットでアルバイトを探しました。

 

やってみたいと思っていたアルバイトは、アルバイトを紹介する会社に登録しないといけないので、登録しました。

そして、コンサート会場の交通整理のアルバイトをしました。

 

 

 

事前に仕事の内容説明があったけれど、説明を聞いても僕は意味が理解できませんでした。

そして、いざ仕事が始まっても役に立ちませんでした。

 

 

どんどん駐車場に車が入ってきます。

その車を誘導するのが僕の役目なのです。

しかし、新しく入ってきた車に気をとられて、誘導途中の車を最後まで誘導せずにドライバーから怒られました。

 

 

また、トランシーバーを通して空いている箇所を聞いて、車をその場所まで誘導するのですが、その場所をなかなか見つけられなくて、ドライバーさんにまた怒られました。

 

 

それで、上司から、「お前は役に立たないから、正門で入ってくる車の運転手に『順番が来るまでその場でお待ちください。』と言いなさい。」と言われました。

 

 

でも、僕の声が小さくて、ドライバーさんに伝わらなくて、それでまた上司に怒られました。

 

 

 

「休憩所で休んでいろ。」と言われました。

それで休んでいたけれど、1時間しても誰も何も指示をくれなかったので、勝手に帰りました。

 

 

そしたら、その晩に登録していた会社から電話がきました。

 

 

「どうして勝手に帰ったのか」と聞かれたので、「1時間しても誰も指示をくれなかったので帰りました。」と言ったら「どうして違う人に『1時間待っても指示がないのですが、どうすれば良いですか』と聞かなかったのか。」と怒られたので、「ごめんなさい。」と言っておきました。

 

 

「もうあなたには仕事を紹介できません。」と言われました。

 

 

そして、サポートセンターのスタッフと何が問題だったのかを話し合いました。

 

1、自分で勝手に判断してはいけない。必ず責任者に相談すること。

 

2、もっと単純で簡単なアルバイトをする。

 

 

その2点を守って次のアルバイトを探しました。

 

そして違う会社に登録して、そこでアルバイトを紹介してもらいました。

 

 

次は棚卸しのアルバイトでした。

でも、そこでもまた失敗をしてしまいました。

 

 

みんながやっているアルバイトが僕にはできないのです。

こんなんじゃあ、会社員として毎日働くことはできないと落ち込みました。

 

 

小学校から不登校だった僕だから、やっぱり頭が悪い人間は死ぬしかないのかと思いました。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 

日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。