発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

程度の悪いアスペな俺 ユーモア理解にはこうすればいい ヒロ

f:id:smilehousejapan:20141116114729j:plain

俺だってアメリカンジョークの1つや2つ言いたいんだよ本心はな

 

 

 

お前はくそまじめだからな、いつもいつも悩んでんな。

あのさ、いっとくけど、無理だぜ。

俺たちがユーモアを解釈するなんてな。

 

 

 

おれが学んだ事をおまえに伝える。

会話の最後のことばを拾って繰り返すんだ。

そうすれば、なんとか、その場をうまく乗り切る事ができる。

 

 

 

例えば、この前てめえが書いた記事だ。

俺の事を馬鹿にした記事だ。

あの記事でみんなが笑うんだろ。

 

 

 

そうしたら、最後のことばを拾って復唱すればいいんだ。

「ヒロさんおなか壊したんだ」

もちろん、笑顔でいうんだ。

 

 

 

もっとまえの記事で言うと

「ヒロさんみんなケーキ食べちゃったんだ」

で、笑顔。

 

 

 

これでいい。

これでみんなの仲間に入れる。

俺は今もこうしてやっている。

 

 

 

俺自身は自分の世界があるんだ。

アニメの世界だ。

頭の中でアニメの映像を思い浮かべたり、友達とばか騒ぎするのがいいんだ。

 

 

 

こんなふうにサポートセンター名古屋は俺に余暇の過ごし方を教えてくれた。

残念だけれど、クッキーの焼き方だけは教えてはくれなかった。

 

 

 

 

大学生活ならそれで大丈夫だろうが、社会人になったらそれでは通用しない。

しかし・・・・

ここはフィリピンなんだ。

それでも通用する。

フィリピン人は発達障害の人たちと似ているからな。

 

 

 

 

それと仕事は選ばなければならない。

大人数の会社、工場はダメダ。

少人数でのんびりした所がいいんだ。

まあ、こんな事はサポートセンターが色々と準備してくれるので任せておけばいいさ。

 

 

 

みんなが笑っているのに、自分だけが笑っている意味が分からない。

だからどうしていいのかわからない。

その場にいるのがとても辛い。

 

 

 

アスペルガーの多くの人たちが感じている事だろ。

俺やお前に取って辛い事なんだ。

でもな、こんなに当事者がつらがっているのに、その事に対する支援はあるのか!!

 

 

 

クッキー焼いてお茶濁すなよ、おい!!!

ふざけんなって。

当事者の困っている事に対する的確な支援をしてくれよ。

 

 

 

わからないのにわかったふりする支援者は最低だ。

(サポートセンター名古屋ではありません。ちよっと昔の事を思い出してむかついただけです)

 

 

 

はい、これで問題解決。

 

 

 

で、だ。

ひなママさん、帰国子女!!??

おい、俺たちと同じなのか。

 

 

うーん。

 

 

1、お母さんが変わっている

2、ご自身が発達障害

3、家族に長期社会的ひきこもりの方がみえる

4、息子さんが発達障害

5、発達障害専門クリニックで働いている

6、帰国子女

 

 

サポートセンター名古屋に対しても好感を持ってくれているし、俺たちに対しても気配りをしてくださっている。

 

 

 

おれも、いろんなブログに励ましのコメントを送らさせていただいたり、ありがとうございますというコメントも送っているけれど、一人として返事をもらっていないんだ。

 

 

 

それが普通の事だろ。

それなのになんでこんなにひなママさんは俺たちに優しいんだ。

俺はスタッフKさんがはげ頭に言われて、違うキャラクターになり切って、励ましてくれているんだと思ったんだ。

 

 

 

こんなに、プロフィールが似ている人なんかそうはいるもんか。

はげ頭なら、この位の事はしでかすぜ。

まあ、これは俺の勝手な想像だ。

(スタッフKさんから、すごい想像力だね、私は専門クリニックではなかったよとの返事を頂きました。勝手な妄想をお許しください)

 

 

 

それほど驚いた言う事なんだ。

 

 

 

じゃあ、彼女とデート(いや、お別れを言いに行きます)

修羅場じゃあ〜。

 

下記バーナーのクリックにご協力をお願いします。

日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ