発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

日本ではなく外国で変わるチャンスを掴んだ。山田

f:id:smilehousejapan:20190110125332p:plain


 

 

今年の目標をスタッフと一緒に考えて、たてました。

 

 

1、英語を完璧にする。

2、大学に行く。

3、大学で人と関わる練習をする。

4、遊ぶ練習をする。

 

 

英語に関しては、日本で支援を受け始めた時から、サポートセンターで言われた通りに一生懸命やっていました。

 

 

現在、フィリピンの滞在は6ヶ月間になります。

英語ばかり、毎日9時間、勉強してきました。

 

 

今は、映画を見ても6割くらいは聞き取れるようになりました。

そうするともっと英語を覚えるのが楽しくなったので、9時間以上英語に接しています。

 

 

言い換えれば、英語漬けの日々です。

 

 

英語を覚え始めるときに、スタッフから「私たちが言った通りにやればいいだけです。」と言われました。

 

 

英語ができない人たちに共通していることは、「完璧をめざすあまりに、行き詰まって学ぶことをやめてしまうこと。」とスタッフが言っていました。

 

 

僕はサポートセンターの人達を信じようと思いました。

いいえ、「信じなさい。」と何十回も言われたので、信じるしかないと思ったというのが正しいです。

 

 

 

でも、信じて良かったと思っています。

回り道しなくてすみましたので。

 

 

英語は使わないと身につかないと言われては、スタッフに連れられて、街に出ました。

最初はとても怖かったです。

 

 

でも、スタッフが毎日のように「ここにはあなたのことを知る人は1人もいない。だから怖がることは何もない。」と僕に言っていました。

 

 

確かにそうです。

日本人には1人も会っていませんから。

 

 

日本人に怖さを感じて、ひきこもっていました。

だから外国ではひきこもる必要はないんですよ。

 

 

それがわかった僕は、今までの反動で、毎日のように街に出て、英語を使って他人と話をしました。

 

 

それにフィリピン人はとても陽気です。

他人を楽しませようとしますし、自分も楽しみたい国民なのです。

 

 

「ニホンジン?アリガト。アリガト。ハイゥエイ、エアポート、トレイン、ニホンジンプレゼントシタ。サンキュ。ジャパン。」

 

「アナタニホンジンデスカ。ナンデ、イングリッシュ グッド?ニホンジンエイゴ、ワカラナイ。アナタ イングリッシュ、スゴイナ。アメリカンミタイ。」

 

 

お世辞ですよ。

でも言われて悪い気はしません。

こんなふうに接してくれる日本人はいないです。

 

 

フイリピン人はみんながエンターテイナーです。

僕はもっと英語が好きになっています。

 

 

あと、英語を話すと楽です。

日本語は頭が混乱します。

あと半年で英語を完璧にしたいです。

 

 

第1の目標はゴールがすでに見えています。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。