発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

高校だけは最低出ておけ!!バカな俺からの最大のアドバイス ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170409114718j:plain

 

 

「高校にどうして行かなかったのですか」という質問は多くの面接で聞かれた。

 

「高校にどうして行かなかったのですか」と聞かれたら、こう答えなさいとスタッフから教えてもらった。

 

 

「若気のいたりです。今は反省しています。アルバイトをしながら高卒認定試験を受けその後は専門学校に行くつもりです。」そう言うことがアルバイトに受かる早道だと言われた。

 

90回目ぐらいでようやく受かったアルバイトは中華料理の皿洗いだった。

4時くらいから9時くらいまでの勤務。

でも失敗して3日程度で来なくていいと言われた。

 

 

その次はサウナのボイラー係。

とても暑くてダウンして数日でやめさせられた。

 

最後が英会話のチラシ配り。

これは結構長く続いた。

しかし道行く人に強引にチラシをわたしたことがトラブルとなり、事務所にクレームがきて、首になった。

 

 

まあ、昔のことはどうでもいいんですけれど。

とにかく「働く」ことができたのはとても良い経験だったと今振り返ってみてもそう思います。

 

で、アルバイトを100社近く受け続けて一番僕が学んだことを今から書きます。

 

 

それは「高校ぐらい出ていないと、この世の中では通用しないということ。」です。

 

 

もちろん中卒でも世の中で確固たる地位をきずいている人たちもいます。

しかし、その人たちは普通の人以上に何倍も努力できる様なバイタリティあふれている人たちなのではないでしょうか。

 

 

ぼくの様な程度の悪いアスペルガーな人は、そこまではできないと思います。

 

 

「世の中は学歴で人をみる。」

これがいいとか悪いとかではなく、そういう現実があるんだから、自分もがんばらないといけないんだなと思ったわけです。

 

 

思うことと実行に移すことは違います。

アルバイトに3つ受かっても前向きに頑張ろうとしなかった俺です。

 

 

で、もう1つ経験してうれしかったことが最近あります。

それは大学卒業後に日本に帰った時、試しにアルバイトの面接を受けてみました。

これはスタッフには内緒にしていました。

 

 

まあこれでバレたんですけれどね。

で3つ受けて全て受かりましたよ。

すべて面接があったんですけれどね。

 

 

 

「海外の高校と大学を卒業されたんですね。すごいな。でどうしてうちの様なアルバイトに申し込まれたんですか。もっと割りの良いアルバイトがあるでしょう。」

 

 

僕の履歴書に目を通した面接官は優しい表情で僕を眺めていた。

僕は9年前のリベンジをきっちりと果たした。

 

 

たかがアルバイトでそんなに喜んでと見下して見える方もいるかと思います。

 

 

9年前の僕はそのたかがアルバイトに受かるのに100社近く受け続けなければならなかったのです。

僕は「程度の悪いアスペルガーな僕」なんですから。

 

 

 

でも、9年間で僕は変わった。

そして今も僕は変わることができる。

 

 

人の4倍やる必要があるかもしれないけれど、5倍やればいいんだよ。

そうしたらみんなと一緒になれるんだから。

 

 

がんばります。

明日のために。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。