発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

お空がこんなにも広かったなんて ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170801110630j:plain

 

 

30年近くひきこもっている人が先週からフイリピンに来ている。

先にこちらで支援を受けて回復した人と会った。

 

 

機関銃のように次から次へとその人を質問ぜめにしたんだ。

 

 

1、ここの食事、気候、安全はどうですか。

 

2、結婚をする予定ありますか。

 

3、仕事、収入、家はどうしますか。

 

などなど。

 

 

その人に彼女がいるということにとても興味津々な50代さん。

質問は続きます。

 

 

1、どこで知り合った。

 

2、どうやって彼女にしたのか。

 

男性が40代に対して彼女が20代前半と聞いて、大きなリアクションをした50代さん。

 

「写真、写真あったら見せてください。」と。

 

 

携帯の待ち受け画面が彼女とのツーショット。

食い入るように見つめる50代さん。

 

 

「違う写真あるでしょ。見せてください。」

次から次へと写真をめくる。

 

 

一通り見終わって、椅子に深々と持たれた50代さん。

「綺麗な人だ。」

「ほんと?本当に彼女ですか?」

 

 

「付き合って何年めですか?」

「3年になります。」

 

 

「日本語話せるの?」

日本語学校に通わせています。」

 

 

「いつ結婚するの?」

「来年を考えています。」

 

 

「日本に連れて帰るの?」

「いえ、僕はここで働いて生きていきます。」

 

 

 

「あの失礼ですけど、元引きこもってらした方ですか」

「はい、日本で20年ほどひきこもっていました。」

「ここに来るまでとここに来てからのことを話してください。」

 

 

喉が乾くのでなんどもなんども水を飲む50代さん。

さすがに疲れたのか、1時間ほどで質問は終了した。

「また、何か質問がありましたらいつでもこの番号にかけてください。」

 

 

腕組みをした50代さん。

横顔を見た。

 

 

悲しみ、苦しみ、孤独、後悔、希望。

いろんな感情が入り混じった表情。

 

 

「はあー。」と深くて長いため息をした。

そして、椅子に持たれて、真上を見つめた。

 

 

僕も50代さんにならってお空をみた。

 

 

お空がこんなにも広かったということを忘れていた僕だった。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。