発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害を努力をしない言い訳にしてはいけない。Mr.Joe

f:id:smilehousejapan:20180121230548j:plain

 東大、フィリピンに降臨!! 力強い援軍。やってやる。俺たちはやるぞ!!

 

 

すみません。

私までもが忙しくなり、書けなくなってしまいました。

 

 

今仕事から戻りました。

ヒロさんの思いをひしひしと感じていますので、ここは書かなければならないのです。

 

 

「役割を与える。」と言う話を昨日は書きました。

 

 

僕は小さなリゾート地での支配人という肩書きをもらいました。

そして名刺までも作ってもらいました。

制服も作ってもらいましたね。

 

 

名刺は印刷屋さんに出したものですから、個人で作るものとは違ってクオリティがとてもよかったです。

渡された名刺をなんどもなんども見直しました。

 

 

とても嬉しかったです。

名刺を作ってもらえるなんて思ってもいませんでしたから。

そう言う状況にはもうならないだろうなと長いこと思っていましたから。

 

 

私の仕事には、空港で来られるお客さんの送迎があります。

 

 

受付場所で、僕が研修を受けているリゾート地の会社の名前が呼ばれた時、もう少しで涙が出そうでした。

 

 

自分は、周りにいる人たちと同様に役に立つ存在なんだなと感じたからです。

 

 

たったこれだけのことで、やる気を無くしていた私が「やってやる」と思えたのですから。

鼻歌なんか歌っているのですから。

 

 

だから役割を与えることはとても大切なんです。

回復に向けてのブログラムでこれほど大きな効果があるものは他にないでしょうね。

 

 それにしてもそれを補佐するスタッフは本当に大変です。

今になってスタッフがしていたことを思い返してみれば、ありえないことばかりです。

 

 

大変です。

普通ではできないことをしているスタッフです。

 まあそうやって年月が過ぎて行き、私たちは成長するのです。

 

 

成長の余地を残している人は、日々努力をして成長するべきだと思います。

決して発達障害を、努力をしない言い訳にしてはいけないのです。

 

 

一生自分の足で立つことができないと診断された人に、立ち上がる練習をさせるということではありません。

自分の足で立ち上がられなくても、手を使ってできること、声を出すこと、車椅子に乗ってできることなど、考えて、工夫をして、成長していく必要があると思うのです。

 

 

僕には直しようがないところがあります。

そのことを工夫をしてみて、少しでもよくする。

 

 

そして自分の中にある、良いものをどんどん伸ばしていき、できないことのカバーにしてしてしまうくらい伸ばす。

 

 

「それがとても大切なんだよ。」

 

 

青木さんをはじめスタッフたちから、行動で教えてもらった、私です。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

社会で必要とされるために Mr.Joe

f:id:smilehousejapan:20180120154821j:plain

MacBook Proというノートパソコンを自分で稼いだお金で買いました。

 

 

「失敗から、学ぶことをさせる。」

それがサポートセンターの流儀。

どんなに座学をしても身につかない私たちです。

 

 

1人では学ぶことはできない。

だから信頼関係を作ったスタッフたちが毎日朝から晩まで寄り添って、一緒に学んでいくのです。

 

 

そうすれば私たちでも成長していくのです。

でもそれは単純な作業。

 

 

毎日、毎日、失敗ばかりしているとさすがに気分が落ち込んでしまいます。

 

 

だからそこで成功体験。

できた。

やれた。

みんなが認めてくれた。

 

 

それが私たちには絶対必要なこと。

だからリアルな体験しか私たちは受け付けないのです。

座学ではなくリアルな体験が必要。

 

 

成功体験と失敗体験を積み重ねて行くことでわたしたちは成長するのです。

では具体的にどのようにして体験を与えるかということです。

 

 

それは私たち一人一人に役割を与えるということ。

もちろんいきなり大きな役割は与えられません。

でも、簡単な役割だとその程度にしかみられていないと、またまたま落ち込む私たちです。

 

 

実力がないのにそれがわかっていない私たちです。

ですから、最初は少し責任が重すぎるような役割を与えられます。

表向きには大きな役割です。

 

 

しかし実際は、スタッフたちが私たちにはわからないようにバックアップを常にしていてくれるのです。

例え大きな失敗をしてもこれなら大丈夫です。

 

 

与えられた役割をこなした時。

その時が私たちが大きく飛躍する時なのです。

 

 

私もいきなりリゾート地での支配人のような役割を与えられました。

そして、もののみごとに大きな失敗をしてしまいます。

恥ずかしすぎて、何を失敗したのかをお話できないくらいです。

 

そんな大きな失敗をしたら、やはり何もかもが嫌になってしまいます。

 

 

私も数日間、職場放棄です。

でもそんな時も絶えず励ましがありましたので、再びやっていけたのです。

 

 

その繰り返しで、私たちは学び、成長していくのです。

そのことがこの2年間の支援でわかったことです。

 

 

私たちは発達障害でない人たちと比べると、できないこと、苦手なことが多くあります。

そのままにしておくと、年齢のわりにはできないことが多くなり、この社会で必要とされなくなります。

 

 

社会で必要となるために、この2年間頑張ってきました。

そしてこれからも頑張るつもりです。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

発達障害な僕たちに必要な2つの経験 Mr.Joe

f:id:smilehousejapan:20180119202003j:plain

明日基地に帰還します。いよいよ戦闘開始です。しばしの休息。 

 

 

 

ヒロさんが忙しくなったので、ブログを書いてくださいと電話がありました。

 

 

私は、ジュンさんやヒロさんの文章を読んでいて、正直自信を無くしています。

あんな文章はかけないので、お断りしたのですが、書く人がいないということでお引き受けいたしました。

 

 

私は発達障害とは診断されてはいません。

でも支援している人たちをみていると、自分も同じようなものを持っていることにきづきます。

 

 

それで、その人たちがどのようにして回復していくのかを見れば、自分のさらなる回復にも良いヒントになると思うようになりました。

 

 

回復に欠かせないもっとも大切なことは何か。

それは「経験をする」ということです。

経験にはうまくいったという経験と、失敗した経験となんの意味も持たない経験の3種類があると思います。

 

 

必要なのは「失敗と成功の経験」です。

成功だけの経験ではダメです。

 

 

むしろ失敗した時にこそ、何が必要だったのかを学ぶことができます。

 

 

私は、小、中と失敗ばかりしていました。

でも少しも成長することはなかったです。

それは失敗したままだったからです。

 

失敗したら、どうしてそうなったのかを考えないといけません。

 

 

しかし、私のような状況の人たちは客観的に物事を見ることが苦手なのです。

ですから失敗したままでした。

 

 

失敗ばかりで自信をすっかり無くして、他人が怖くなってしまったのです。

そしてひきこもってしまいます。

 

成功する体験。

私のような人は成功する体験を積むことは難しいのです。

 

そのような人にどのようにして成功体験を与えるか。

例えば私はダイビングの資格をほとんど取っています。

毎日、ダイビングばかり1年半していましたので取れたのです。

 

 

私にはダイビングが向いているということを教えてくれたのです。

そしてダイビングを突き詰めたいという私の思いをスタッフたちは実現してくれました。

 

 

サポートセンターのスタッフたちは私をよく観察していました。

私はそのことにはほとんど気づきませんでした。

色々なことをさせてくれながら、観察していたのです。

 

 

ギター、ウクレレ、サックス、キーボード、テニス、卓球、サーフイン、ダイビング、釣り、ボート、ジエットスキー、ダンス、登山、車の運転、コメディアン、調理師補助、絵を描くこと

 

プログラミング、コンピューターミュージック、英語、タガログ語スペイン語、中国語、香港、深センシンガポール、タイ、ベトナム、台湾、フィリピン国内旅行

 

 

これだけのことをするのですから、かなり大変でした。

でもとても楽しかったです。

普通の人でも、ここまで体験することはないでしょう。

 

 

それも全て個別のコーチをつけてくれたのです。

これだけやってみたあと私に聞いてくれました。

「何か特に興味を持ったことがありましたか」と。

 

 

私が選んだプログラムを徹底的にやらせてくれたのです。

単にやらせてくれたのではありません。

 

 

限られた時間内で最高のパファーマンスを得ることが私に課せられた条件でした。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

ゲーム依存?僕達全員ゲームをすることをやめました。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20180117214617j:plain

     フィリピンに再上陸!!新しい人生が始まる。

 

 

ゲーム依存という言葉があります。

まさしくぼくはゲーム依存でした。

朝起きてから、夜寝るまでゲームをしていましたから。

 

 

まあ僕のゲームに対する依存度は普通じゃなかったです。

しかし、そんな僕でも驚く奴がいたんです。

大統領という奴です。

 

 

この人はトイレにまでゲーム機を持ち込む。

食事中もゲーム機を手放さない。

そういえば、空港でのX線通過時も、ゲームをやりながら通った。

 

 

多分「日本ゲーム依存大賞」は紛れもなく大統領でしょうね。

 

 

「勉強できない奴がゲームに手を出すんだ!!」

そう思いたいのはわかりますよ、お父さん。

 

でも、この人も。

f:id:smilehousejapan:20180117214903j:plain

 

 

そしてこの人もやっていたわけですからね。

f:id:smilehousejapan:20161112135431j:plain

勉強できない奴がやるというわけではなさそうです。

 

 

僕も大統領に劣らずにゲームは好きでした。

だってゲームは楽しいですからね。

東大さんも、ツルピカどんもみんな、みんなゲーム大好きです。

 

 

でも今、誰もゲームなんてやっていませんよ!!

まあ支援されている少年たちと話を合わせるために少しはやってはいますがね。

前ほど面白いとは感じません。

 

 

それでまずは、お父さんにお願いしたいことがあります。

子どもがどんなゲームをやっているか調べてください。

わかったら、そのゲームとゲーム機器を購入して、お父さんがやってみてください。

 

 

 

大人でも楽しめるゲームがほとんどです。

とにかく楽しんでください。

 

 

子どもがどうしてはまっているのか少しはわかるかもしれません。

それ以上に大きな効果があるのです。

 

 

会社で20代の若手社員に混じってゲームの話題を出してもいいじゃないですか。

とにかく自分で楽しんで、そしてゲームの話題で子どもと話せるまでになってください。

 

 

その前に次の発言は控えるようにしてくだい。

 

 

1、「ゲームをやるなとは言わない。時間配分を守ればいいんだよ。」

 

 

2、「ゲームばかりやっているから、学校にも行けなくなるし、勉強もしなくなるんだ。」

 

とりあえず、この2つの発言は控えてもらえませんか。

特に「時間配分」という提案は、発達障害でない子どもたちには有効な言い方かもしれません。

 

 

しかし、僕達みたいに状況がよくない子どもたちには、通じませんのでやめてください。

 

 

さて、その後どうするか?

それは明日に書きます。

よろしくお願いします。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

小、中不登校。いじめられ自殺未遂したアスペルガーな僕 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20180115104719j:plain

 

 

 

出たんです!!

お化けでも、泥棒でもなく、ぼくの給料が出たんです。

 

 

まだ仮採用の身ですが、嬉しかったです。

給料が入った封筒を思わず撫でてしまったぼくです。

 

 

中身をみて再び嬉しかったです。

日本の基準からしたら少ないです。

それでも僕は嬉しかったです。

 

なんども、なんども数えてみました。

金額を声に出して言ってみました。

紙に給与の金額をなんども書きました。

 

トイレに行って自分の机に帰って来たら、またかぞえてみました。

トイレで声に出して言いました。

「ぼくの今月の給与は◯◯ペソだった。」

 

 

これはうちの社長さんが僕の働きを認めてくれたということです。

ぼくはこの社会から必要とされたんです。

それがとても嬉しかった。

 

泣いてしまいました。

 

 

サポートセンターは支援をする場所です。

サポートセンターから13年支援を受け続けて、何万回も褒められました。

 

 

褒めて、褒めて、褒められまくりました。

それ以上に指導も受けました。

でも今は褒められたことしか思い浮かびません。

 

 

給料をもらったことは、サポートセンターから褒められたことの数倍嬉しい僕です。

 

 

何か責任感というものもぼくは感じています。

これからは社会の一員という自覚をもって生きて行きたいです。

 

 

さてと、東大さんは日本での修行を終えて17日にフイリピンに戻って来ます。

今、歯科検診やらメガネの調整、官公庁への届出などでとても忙しいとのことです。

そのごフィリピンで学校の先生をされます。

 

 

Mr.Joeもお引越しです。

2年間住み慣れた場所から再び会えないようなところへ、旅立たれます。

ですからとても忙しくて、年明けからお姿をみていません。

 

俊介兄いは「ひきこもっている人への訪問」で大忙しです。

もしかしたら、サポートセンターの働きを継ぐのは俊介兄いかもしれません。

それほど、「良い働きをしている。」と、青木さん自ら認めているわけですから、本物でしょうね。

 

劇団兄いも学校での授業に向けて練習の日々です。

胃が痛いので大正漢方胃腸薬が欲しいと言っていました。

 

 

ということで、私が書くことになりました。

またしばらくお付き合いください。

 

 

そうそう、ジュンさんのことです。

うーん、考えすぎて自滅してしまうのがあの人のパターンらしいです。

 

 

書いてあることは、僕なんかが思いつかないようなことです。

でも、ぶっ倒れては意味がないです。

 

 

そこらへんの感情をコントロールすることが大切なんでしょうね。

まあ、僕なんかとはものが違う人ですので、13年間の支援ではなく数年で社会に戻っていく人なんでしょうね。

 

 

サポートセンターと繋がったわけですから、何も心配はしていません。

 

 

それと年末、年始。

やはり全国から、家庭内暴力などのご相談が数多く舞い込んだということです。

僕で良ければまた書いてみましょう。

 

 

ゲーム依存?

そんな言葉を使うから、深刻になるんじゃないですかね。

 

 

家庭内暴力をやめさせるには。

2つの方法があります。

どちらを選択しますか。

 

ひきこもりから回復させるには。

簡単です。

はっきりとした希望を見せてあげてください。

 

 

そんなことをもう少し深く掘り下げてみます。

 

 

ではまた明日。

 

 

※ 就労ビザを申請中ですので、給料は支払われていませんとのことです。

現在インターン生扱いとなり就労ビザが交付されるまではお給料の支払いはありません。

 

現状のヒロさんの働きを見て、社長がこの金額を支払えるということの通知だということです。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

日本の将来は?僕の将来は?ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170331113438j:plain

 

ヒロです。

 

 

ジュンさんはこの2日間眠ることができずにいます。

本人さんの言うところによれば、「次から次へと色々な考えが頭に浮かび、大きな声を出したくなる。こんな強い刺激には耐えられない。」

 

 

僕はこの人に会ったことがないのです。

でも大変な状況の人だということはわかります。

 

 

でもなんでブログを書くことを許したんだろうという疑問がありました。

まあ、ぼくなんかにはわからない素晴らしい方々の「知の結集」の結果だと思いますんで、これ以上は何も考えません。

 

 

でもお気をつけください。

ヨーダも言っております。

f:id:smilehousejapan:20180114120521g:plain

 

 

「暗黒面の力を見くびるでないぞ。」

「恐れは暗黒面へと通じている。恐れは怒り、怒りは憎しみに、憎しみは苦しみに通じている。」

 

 

「フォースと共にあらんことを!!」

 

 

 

 

僕が、ジュンさんを知らないというのは、支援を受けている人同士なのにどういうことですか?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

 

 

サポートセンターの支援は全員個別支援です。

1人1人の個性に合わせた支援です。

ですから、支援を受けている人の横の繋がりはありません。

 

 

支援を受けている人同士励まし合う。

そんなことは、発達障害の2次障害でひきこもったり、家庭内暴力が出ている人たちに期待する方が無理です。

 

 

もちろん支援を受けてきて、回復に近づいたら、僕や東大さん、俊介兄い、Mr.Joe、劇団兄いのように交流ができます。

 

サポートセンターで支援している人たちは状況がとても悪い人たちです。

ですから、個別支援以外考えられないのです。

 

 

で、まあ僕が本日分を書くわけです。

 

で、言いたいことがあります。

 

 

ここフィリピン。

大統領が変わってから、中国人への観光ビザ発給が簡単になりました。

そして、今までほとんど見なかった中国人が町中を練り歩いています。

 

彼らは観光に来たのでしょうか?

そういう人たちもいます。

でもそれ以上に、お金を稼ぎに来ているとぼくは思います。

 

 

中国人が投資したホテルやレストランがどんどんできています。

中国人による中国人向けのサービスが、どんどん登場してもいます。

 

 

そして至る所で、衝突を切り返しています。

彼らは彼らのやり方を押し通していますから。

そんなニュースが多くなって来ました。

 

 

穏やかな日々から、混沌とした状況に変わって来ました。

なんだか日本も同じ状況だそうですね。 

 

 

日本人の多くは日本人しか知りません。

そして日本人は外国人に優しいです。

外国人に直ぐに気を許してしまう国民性じゃないですか。

 

 

僕は不安ですね。

日本の地方都市の再開発を色々な人たちが、その地方の特色を前面に出して、起こしています。

 

 

しかし、中国人やネパールなどといった人たちが、あっという間に、地方都市に進出してコミニュティを作ってしまう気がします。

 

 

いえ、もうすでにどこかの地方はそうなっているのではないですか。

 

その動きは止めることはできず、なんとかしなければとみんなが思った時にはすでに遅しです。

 

 

攻めるしかないです。

世界は動いています。

程度の悪いアスペルガーの僕でも外国にいると感じるのです。

 

 

今年支援終了の5人衆共そんな話ばかりしています。

これからは国に頼ることはできなくなる。

そういう時代がもう来ています。

 

 

ぼくたち1人1人がやるしかないのです。

 

 

まずは古文や日本の歴史の教科書も薄くして、その分、第一外国語に英語、第二外国語に中国語。

これを必修にします。

 

そして10年間日本は鎖国に入ります。

ビジネス上だけの外国人のビザは発給します。

観光ビザ廃止。

 

 

そして全国民に1ヶ月間の海外滞在を義務告げます。

 

 

日本はこのままの美しい国であってほしいです。

今の日本を守るには、こんなことでもしないと、ダメなんじゃないかと思うわけです。

 

 

僕は自分の将来を考えることで、頭がいっぱいになって来ました。

僕たちはこの乱世の時代を生き抜いていきたいです。

 

 

ばかげたお話にお付き合いくださりありがとうございました。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

 

僕たちは成長する。発達障害な僕たちから ジュン

f:id:smilehousejapan:20180113112813j:plain

 

 

「希望は語るものではなく、見せるものだ。」と青木さんは言った。

 

 

僕はこのブログを読んでいて、希望をはっきりと見た。

ヒロさんや東大さんの生き様に僕は希望を見たんだ。

 

 

IQ70で小、中とほとんど学校に行かれなかった少年。

義務教育終了後、普通なら、作業所通いの毎日。

 

 

周りにも理解されず、やがて孤立して作業所へも行かなくなる。

これが悲しきボーダーの姿。

 

 

暴力はさらに増していく。

適切な支援を受けなければ、能力はどんどん下がっていく。

自暴自棄になったヒロさんの将来は絶望的だったはずだ。

 

 

しかし、彼は最近、就職した。

給与もフィリピンで生きていくには十分だ。

そして彼女がいて、結婚も考えている。

 

 

ここに到るまでにどれだけの努力をしたのか。

そしてスタッフたちの支援はどうだったのか。

青木さんにストレートに聞いた。

 

 

「失礼な言い方ですが、少しオーバーな表現をしていますか。」

「僕にはブログに書かれていることをそのまま受け止められません。」

「ヒロさんが書いている通りだよ。」

 

「それを信じるならば、サポートセンターはすごいことをやっているんですよね。」

「誰かが、ありえない支援と言っていましたが、ぼくもそう言いたいです。」

 

 

「そうでもない。」

 

「ヒロさんが今のような状況になるとは、支援を始めた当初だれも想像すらできなかった。」

「そのために長期の目標を立てて、日々の支援を考えたわけではないんだ。」

 

 

「それとヒロさんが16歳の時に3ヶ月間様子を見させてもらったんだけど、その結果は『支援できない。』だった。」

 

「お父さんにお会いして、そう言ったときの辛さはいまでも覚えている。」

「ヒロさんはすでに、この社会で行き場を失っていたからね。」

 

 

「結果的にこうなったということ。」

「それじゃあ、青木さんは、この結果に満足しているわけですか」

 

 

「・・・・・・わからないな。」

 

 

「時々、もっと良い状態になれるはずだったのかもしれないと考える。」

「あの時、こうしていたらとか。後悔ばかりだね。」

 

 

「過去を振り返って、未来に活かそうと思うなら、どうしますか。」

「考えすぎないこと。決断を早くすること。」

「これを今、教訓としている。」

 

 

とにかく青木さんと話していると、こんなに楽しい時間はない。

面白い。

道を極めた人にしかわからないことがある。

 

 

でもどうして、青木さんはブログを書かないのかと聞いたんだ。

青木さんほど、「発達障害の支援」に関して文章をかける人はいないはずだから。

 

青木さんの答えは、驚きだった。

僕が知らない世界がある。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。