発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

発達障害の子どもに経験を!!東大

f:id:smilehousejapan:20190217090341j:plain

一人暮らしの練習をさせてもらったおかげで、なんとか生き延びています。

 

 

「気合いだ!! 気合いだ!! 気合いだ!!」と大きな声でその場の雰囲気を変えてしまう元プロレスラーの人がいます。

 

 

僕も彼を真似して言います。

「経験だ!!経験だ!!経験だ!!」って。
 

 

50代男さんに「500ペソを小さくしてください。タクシー代に必要なのです。100ペソと20ペソを混ぜて交換してください。」とお願いしました。

 

 

彼が僕に交換したお金をさしだします。

100ペソが2枚と50ペソが6枚ありました。

 

 

「50代男さん、僕はあなたにになんとお願いしましたか?」

「・・・・・・」

「怒ってないですよ。なんて言いましたかね。」とニコッとしながら聞きました。

 

 

「・・・・・・」

フリーズしているのです。

 

 

 

「今度は100ペソを渡します。全て20ペソにしてください。」

 

 

50代男さんが僕にお金を手渡します。

20ペソ紙幣が5枚。

 

 

「ありがとう。」とにっこりして言います。

 

 

夕食を終えました。

50代男さんの目を見てメッセージを送ります。

もちろん理解されません。

 

 

「50代男さん、みなさん食べ終わりましたね。」と一緒に夕食を共にした人たちの顔を見渡しました。

 

 

「あっ」という顔をした50代男さん。

「お会計をお願いします。」と、英語で従業員に頼みます。

しかし、給料後の金曜日の夕食時、忙しく店内を走り回る従業員にはその声は届きません。

 

 

しかし、僕たちスタッフは黙っています。

間を置いて、もう一度50代男さんが従業員に言います。

今度は5割増しの声量で。

 

 

従業員が気づきます。

「ハイ。」

肩をなでおろす50代男さん。

 

 

「やっぱり声が小さいのか。僕の英語が通じないわけではないんだな。」

 

 

「そうです。あなたの声は小さいし、口を開かずにもぐもぐと話しているから、誰もあなたの声に気づかない。悲しいことですよ。」と青木が50代男さんの言葉をききのがさずに、すかさずフォロー。

 

 

「気づいたんですね。それでいいんですよ。あなたの声は小さいし、はっきりと言わないので誰もあなたが何を言っているのかわからないのです。」と僕も同じことを繰り返して言います。

 

 

 

お会計をすませて外にでます。

タクシーを拾うために大通りにでました。

 

 

 

スタッフは何も言わずにただ立っていました。

少したってから、50代男さんが タクシーを止めるために手を挙げます。

給料日後の金曜日の夕食時ですので、行き交うタクシーはほとんど人を乗せています。

 

 

それでも手を挙げ続けたところ、2台のタクシーが止まりました。

スタッフは車内でも黙ったままです。

「●▲%❓✖️」と行き先を言いましたが、運転手が「なんだって!!」と聞き返します。

 

 

「●▲%❓✖️」と2度目は5割増の声量で言ったので、運転者に伝わりました。

僕たちの住まいに着くまでの十数分間、50代男さんは度々ため息をつきました。

 

 

「ため息ついてはダメですよ。」

「自分で自分の気持ちを下げてはダメです。あなたは昨日より確実に成長してますでしょ。」とあまり日本語がうまくないスタッフが話します。

 

 

「成長していますか?」

「もちろん。」

「どこらへんが成長していますか。」

 

 

「レストランで会計をする。」

「タクシーを呼び止める。」

 

「今までなんどかチャレンジしたけれど、あまりうまくいかなかったんじゃないですか。」

「今回は運転者さんに、1度聞き直されたけれど、通じて私たちは家に帰れます。」

 

 

「こんなの当たり前のことでしょ。できて当たり前。」

「そうですよ。当たり前のことができなかったあなたが2つ出来るようになった。」

「毎日続けていけば、3年間であなたは社会にもどれるんですよ。」

 

 

「ほんとうに?」

「はい、ほんとうです。」

 

 

「社会に戻れるって。」

「僕は今ひきこもっていない。」

「僕はあの部屋にいるんじゃなくて、今外国に来て生活しているんだ。すごいことだよ。」

 

 

狭いタクシーの中で、50代男さんが独りごとを呟きます。

今日も一日が過ぎていきます。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

f:id:smilehousejapan:20190201103838p:plain

 

 

 

バレンタィンディの一日、フィリピンにて。東大

f:id:smilehousejapan:20190215112345j:plain


 

昨日はバレンタィンディ。

日本では、どういうわけか女性が男性にチョコレートをプレゼントする日となっています。

この風習は世界的に見ても、日本だけだそうです。

 

 

フィリピンでは、恋人たちや夫婦が、お互いの愛情を示したりする大切な日となっています。

 

 

日本では、クリスマスが恋人たちの日となっていますが、フィリピンでは、クリスマスは家族と一緒に祝うというのが今でも定番なのです。

 

 

バレンタィンディの朝は、大きな花束を抱えたサラリーマンや、いくつもの花束をデリバリーしている業者の人たちの光景を多く見ます。

 

f:id:smilehousejapan:20190215112750j:plain

 

 

お昼には、どこの美容院も予約客でごった返しています。

街中では、通りに花束売りの人。

 

f:id:smilehousejapan:20190215112805j:plain


 

 

夜には、予約したレストランへと向かう車で、道路は異常な混み方をします。

 

 

また、お金がない学生たちのデートの定番の映画館もほぼ満席です。

夕方過ぎのスーパーには、人が見当たりません。

 

 

この日、フィリピンは愛に満たされた日となるのです。

 

 

さて、そんな日。

僕たちサポートセンターの仲間たちは・・・・・・。

 

 

彼女がいるグループといないグループで、様子は随分と違います。

 

 

彼女がいるグループは2週間前くらいから、この日の門限の延長願いを出します。

そこからいかにして、限られた予算で彼女を喜ばせられるのかと知恵を使います。

 

 

数年前に支援していたある青年の場合。

 

 

その日彼は、約束の時間に大幅に遅れることを彼女にメールします。

待ち合わせの喫茶店で出会った彼女は、少し怒っています。

 

 

そんな彼女を連れてプレゼントの服を選びに行くのです。

自分で選んだ服を手にして、少し機嫌を取り戻した彼女。

お会計を済ませて、店を出たところで、店の従業員から呼び止められます。

 

 

「お客様、忘れておりました。あなたの大切な人から、このバラの花束のプレゼントを渡すように言われていました。」

 

 

突然のことにびっくりする彼女。

状況を把握するまで、少し時間がかかったようです。

青年はそこまで準備するために、わざと遅れることを演出したのです。

 

 

「彼女すごく喜んでくれていました!!」

満面の笑みをたたえて話す彼の顔を今でもはっきりと覚えています。

 

 

僕は「ああああ。この感じ、とても良いな。人生を謳歌しなければいけないんだなあ。」

「いいや、僕も人生をこんな風に謳歌したい。」

 

 

感情があまり豊かでない僕でも、心がざわついたのです。

 

 

しかし、残念ながら今年のバレンタィンディも1人でした。

そんな僕は、ただただバレンタィンディの1日が早く過ぎますようにと心から願うだけです。

 

 

来年のバレンタィンディは、良い報告をみなさまにできますように、頑張ります。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

 

f:id:smilehousejapan:20190201103838p:plain

 

 

 

 

発達障害は成長する 東大

f:id:smilehousejapan:20190214090042p:plain


 

 

ヒロさんがその証明です。

 

 

僕はこの5年間、日本にいた6ヶ月間を省いてほとんど彼と一緒にいました。

ですから、彼の変わっていく様子を間近で見ています。

 

 

特に大学を卒業してからの2年間の成長は目を見張るものがありますね。

 

 

大学生活を通して、学んできたことを、社会生活を送る中で開花させたような気がします。

 

 

ヒロさんは16歳の時から30歳になる今まで、サポートセンターのスタッフ達と同じ屋根の下で生活を共にしています。

 

 

 

実は17歳で一旦支援が終了しました。

サポートセンターがこれ以上支援をしてもあまり成長しないと判断して、支援継続をご両親にお断りしたのです。

 

 

ご両親には障害者枠での就労を目標にして、そのような施設で支援を受けることを提案しました。

 

 

できれば私たちも支援を続けたかったのですが、少ないスタッフで支援活動をしていますので、私たちの支援で効果が望める人を優先的に支援をしている関係上、支援を終了するしかありませんでした。

 

 

「ヒロさんは障害者枠での就労が望ましい。」と判断した根拠は日々の支援活動の記録です。

 

 

それを元にして、臨床心理士や現場での経験が豊富なスタッフたちが話し合い、判断したのです。

 

 

しかし、ヒロさんが家族との折り合いがよくないことから、青木は再び戻ってくるだろうと予測していました。

1年後、予測はその通りになりました。

 

 

ヒロさんが自分の荷物を持って、突然、家を飛び出しサポートセンターの事務所を訪ねてきました。

 

 

 

当初は一時的なお預かりだと考えていました。

しかし、数ヶ月経ってもご両親は迎えに来られませんでした。

 

 

その後ご両親との話し合い、サポートセンターがこの先も、ヒロさんを自立させるために支援をしていくことが決まりました。

 

 

しかもそれは、一方的な押し付けではなく、お父さんも毎月支援報告の場に来ていただき、一緒にヒロさんの将来を考えていくことでした。

 

 

しかし、ご両親はヒロさんに会うことは拒否されましたし、私たちとご両親がお会いしていることもヒロさんには秘密でした。

 

 

もちろん、ヒロさんはご両親に対して、強く責めていましたので、彼もまた会いたくはなかったでしょう。

 

 

しかし、スタッフとの話し合いの場に応じることもしないヒロさんに、どうしたら効果的な支援を続けることができるのか?サポートセンターのスタッフは頭を抱えていました。

 

そして、出た結論はスタッフの家族と同居するということでした。

 

 

ヒロさんに、家庭というものは本来「安心して過ごせる場所」だということ。

 

 

家族というのは「自分のことをありのまま受け入れてくれる人たち」ということを感じてもらうことにしたのです。

 

 

ヒロさんは、順番に3人のスタッフの家庭で同居させてもらいました。

 

 

それは大変な日々の始まりでした。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

 

f:id:smilehousejapan:20190201103838p:plain

 

 

 

 

過去は変えられるのです。東大

 

 

f:id:smilehousejapan:20140410104402j:plain

 

 

50代男さんは毎日頑張っています。

 

1、英語、ビザヤ語の習得

これから彼が仕事をしていく上で必要になるのです。

 

 

2、テニス、サーフィン、ダンス、ギターをやっています。

 

生活する上での楽しみを見つける為にやっています。

またこれらができれば、それがコミニュケーションにも大きく役立ちます。

 

 

3、先ゆく仲間との交流

 

Mr.Joe、劇団兄い、ヒロさん、俊介兄い、などとの交流で自分の未来を想像することができます。

 

 

さて、私たちが支援している人の多くは、過去を嘆いて生きています。

自分だけがみんなから取り残された。

 

 

勉強ができなかった。

運動ができなかった。

友達ができなかった。

みんなとうまくやっていけなかった。

 

 

過去を後悔して生きているのです。

今更どうすることもできないのに。

 

 

過去を後悔することが、人生の多くを占めていますと、ひきこもったままになります。

未来に希望を見出せばひきこもりから一歩踏み出すことができます。

 

 

しかし、ひきこもりから一歩踏み出しても、暗い過去はそのままです。

もちろん毎日プログラムをこなすことで、希望が見えてきます。

 

 

日々、希望と後悔とのせめぎ合いなのです。

 

 

例えば、

通っている学校でもう一度良い成績を残した。

英語が話せていると実感した。

学校を終了した。

 

 

就職した。

給料をもらった。

 

 

もっとも大きな効果が期待できるのは、どうも彼女ができることみたいです。

ヒロさんやJoeたちは彼女ができたことで、一段と状況が上向いています。

 

 

そしていつかは、過去を変えてしまうこともできるのです。

 

 

過去に起こったできごとを変えることは、映画や小説だけの世界です。

しかし、過去の出来事をどう受けとめるかは変えられるのです。

 

 

ヒロさんはこの1、2年、過去の出来事を話していません。

僕が彼と会った6年前には、時々いじめられた話をしていたことを覚えています。

そして、必ず気持ちが下がってしまっていました。

 

 

しかし、今はその過去のできごとを話す為に、わざわざ日本に帰国して、中学校を回ってお話をしているのです。

 

 

 

「まさか、自分の消し去りたいと思っていた過去が、人様のお役にたつとは思ってもいませんでしたね。」

 

 

そう話すヒロさんの目は、6年前に見た怒りや悲しみをたたえていた目とは違うのです。

 

 

「過去は変えられます。」

悲しみと悔しさで一杯だった過去。

そんな過去が、とても貴重な尊い経験として僕たちは見ることができるようになるのです。

 

 

山田さん、50代男さん、その他サポートセンターで支援を受けているみなさん、何も心配はいりません。

 

 

毎日、精一杯頑張って生きるだけです。

 

 

明日は今日よりもっと素晴らしい!!

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

f:id:smilehousejapan:20190201103838p:plain

 

 

父と母に。ドラゴンズ。

f:id:smilehousejapan:20190211214534j:plain


 

 

青木先生から「私は先生ではないので、さんでいいです。」と言われました。

 

 

また、「私は神様ではないので、あのような書き方はやめてください。」とも言われました。

 

 

なかなかしっくりとした物の言い方ができないです。

 

 

毎日プログラムをこなしています。

プログラムが終わって、自分の部屋に帰って、シャワーをしてから今日1日起きたことをもう一度振り返って、気づいたことを書き記します。

 

 

そして寝ます。

 

 

しかし、なかなか寝つけません。

今日という時間が終わってしまうのです。

私の命の炎が、また少し弱くなっていくのです。

 

 

そう思うとたまらない気持ちになります。

布団をかぶったまま、大声でさけびます。

「うわぁぅぁぁ」ってなんども。

 

 

そうすると少しは落ち着きます。

大きな声を出しても何も変わらないだけ。

早く寝て、また明日1日頑張ろう。

と思い直して寝ます。

 

 

 

でもどうしても大きな声を出したり、何か物を壊したくなったりしてしまいます。

 

 

 

日本からフィリピンに戻るときに、母親が父親に「ドラゴンズがフィリピンに帰るから、挨拶だけでもしときなさい。」と言いました。

 

 

父は、心臓の病気をわずらってから、なんども生死の境をさまよっています。

 

 

 

「戻るか。フィリピンは暑いか?日本の夏みたいか?」

「頑張っとるんやな。一生懸命頑張った人を神様は見捨てたりしないから。ほな、健康に気をつけてな。お前を見るのが今日が最後かもしれんから、近くでお前の顔を見させてもらうわ。」

 

 

背中が丸くなった父。

小さな父が、下から私を見上げます。

糖尿病が悪化して、視力はほとんどなくなっています。

 

 

わたしは、父の顔を見ると泣いてしまいました。

恥ずかしいので、玄関を出ると一直線で駅に向かいました。

本当は「ありがとう。」と言いたかった。

 

 

でも、30年間ひきこもった私は両親に「ありがとう。」とは言えないのです。

 

 

だからこそ私は父親と母親に頑張った姿を見せたいのです。

 

 

「おとうさん、おかあさん、結婚する相手を連れてきたよ。」

「僕の今の仕事は給料は安いけれど、人を助ける仕事だから、それで僕は満足です。」

「おとうさんと、おかあさんに孫の顔を見せたいから長生きしてね。」

 

 

そんなふうに言いたい。

何も言わずに黙って玄関から出て行った自分が嫌でしょうかないです。

 

 

 

1日も早く30年間の遅れを取り戻したい私です。

スタッフの皆様、どうかよろしくお願いします。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

f:id:smilehousejapan:20190201103838p:plain

 

一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。ドラゴンズ。

 

f:id:smilehousejapan:20190210220440j:plain

 

 

Mr.Joeさんが、学校に行かれるということをブログで知りました。

わたしはそれを知って少し驚きました。

 

 

Joeさんは、リゾート地で働くことができるようにと、ダイビングやサーフィン、テニスなどを先生をつけてもらって、個別で練習をしていました。

 

 

それなのに、それをあっさりと諦めて、学校に進むことを決めたことに驚いたのです。

彼女もいると聞いています。

そして結婚も考えているとも聞いています。

 

 

それならば、せっかくいただいたそのお仕事を頑張ればいいのにと思ったのです。

42歳ですが、まだ社会から必要とされていることを羨ましく思います。

 

 

私はすでに50代、就職の経験もアルバイトさえしたことがありません。

知識もスキルも何もないのです。

何もない人間は、この社会では必要とされません。

 

 

5年前にひきこもりから脱出しました。

2年前、青木先生に「ハローワークに行ってみたい。」とお願いして連れて行ってもらいました。

 

 

案内の人に「初めてで、何もわからないです。教えてください。」と言うように、サポートセンターのスタッフから教えてもらいました。

 

 

青木先生と一緒にハローワークの中に入りました。

 

 

しかし、一歩中に入ったらたくさんの人が忙しそうにしていたので、怖くなってすぐに外にでました。

息がうまくできなくなったのです。

 

 

青木先生が「次回にしよう。」と言ってくれました。

 

 

私は情けないのと恥ずかしいのとで「すみませんでした。お忙しい中、付き添ってくださいまして、申し訳ありません。できの悪い人間なもんで、ご迷惑をおかけしまして、ごめんなさい。」と青木先生に言いました。

 

 

そうしたら青木先生は立ち止まって、私をみてこう言いました。

 

 

「私は、ドラゴンズさんと一緒に来たかったので、来たんです。そんなよそよそしい言い方はやめてください。30年間ひきこもっていたあなたが、50近くになってもまだ諦めないその姿を見せてくれただけで、私はあなたから勇気をもらいましたよ。」

 

 

私は下を向いていました。

情けない話ですが、涙が止まりませんでした。

私はこの社会で、必要のない人間だと思っていました。

 

 

そんなクズのような人間に向かって、「勇気をもらった。」って言われたから、私はもう何も考えられなくて、涙が止まりませんでした。

 

 

「人通りが多い道で、立ち止まって泣かない!! 」青木先生はそう言って、私にティッシュを差し出してくださいました。

 

 

それで、もっと私は泣いてしまいました。

 

 

私はこの人は神様の生まれ変わりではないのかと思ったほどです。

 

 

一生懸命応援してくださる先生のためにも、私は仕事を見つけて、結婚して家庭を持ちたいと思っています。

 

 

人は期待してくれる人が1人でもいたら、生きていけると思います。

 

 

ありがとうございます。

大野先生、ANA先生、CHUKA先生。

いつもいつもご迷惑をおかけしております。

 

 

私は決して諦めません。

何度失敗しても、また立ち上がります。

ゴールするまで努力を続けます。

 

 

今後ともどうぞよろくしお願いします。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

ひきこもった僕たちが生き残るには。東大

f:id:smilehousejapan:20181217120831j:plain

2004年ヒロさん就労支援でパチンコ代の分解中。これで時給1000円

 

 

人手不足倒産が最多 18年、求人難と人件費高騰で

2019/1/6付
日本経済新聞 朝刊
 
人手不足が理由となった倒産が増えている。東京商工リサーチの調べによると、2018年は11月までで362件と前年同期から2割強増加した。13年の調査開始以降、通年ベースで最多だった15年(340件)を既に上回っており、年間で過去最多となるのが確実だ。

 

今こそ「学歴不問論」 人手不足に近づく限界 


2019/1/6 18:00
日本経済新聞 電子版
 
 
人手不足の影響が一段と広がっている。対策として政府は2019年4月に新しい在留資格を設け、外国人労働者の受け入れを拡大する。建設、介護など対象の14業種合わせ、5年間で最大34万人超が就労する。

だが政府試算では、5年後に14業種で不足する働き手は145万人に上る。人手不足の反転には遠い。

 

日経新聞で人手不足と検索したら、とても多くの記事がヒットしました。

それらの記事を読んで思ったのは、待った無しの人材確保です。

 

そこで出てきたのが、外国人の人材を利用するということです。

 

外国人労働者派遣社員を上回る 最多の146万人 

経済 日本経済新聞
2019/1/25 18:30
 
 
厚生労働省は25日、2018年10月末時点の外国人労働者が前年同期比14%増の146万463人だったと発表した。6年連続で増え、調査開始以来初めて派遣社員の数を上回った。19年4月の改正出入国管理法の施行により、外国人労働者数は今後さらに増える可能性が高い。国内外で人材獲得競争が激しくなるなか、受け入れ体制の整備が急務になっている
 
 
 
以前ひきこもり支援の講演会に行った時のことです。
 
 
講師が「人手不足の今、ひきこもっている人たちには大きなチャンスです。このチャンスを活かしたい。」ということをお話しされていました。
 
 
 
しかし、とても疑問に思ったのです。
その講師が率いる団体が、ひきこもっている人たちにおこなっている支援は、私がその時、聞いた限りでは「パソコンのエクセルやワードを習熟させる。」ということでした。
 
 
 
1回3時間の支援を週に3、4回おこなって、数年先にどうなっているのかを考えたら、大丈夫なのだろうかと思ったのです。
 
 
 
講演会終了後、講師にさらに詳しくお話を聞きに行きました。
支援終了後の進路先です。
 
 
わかったことは、ほとんどがアルバイト採用か派遣社員待遇ということでした。
 
 
私が質問をした意図がわかったのでしょうか。
「まずはアルバイトや派遣社員からですよ。それからステップアップしていく。それは彼らの責任ですよ。」
 
 
 
アルバイトや派遣社員から安定した身分に変われるように努力する。
10年、20年ひきこもっていた人が、自分だけの力でそのようになれるのでしょうか。
 
 
昨日のブログでJoeが、学校に行くことを決断したことを知って驚いてしまいました。
 
 
42歳でしたよね。
「それしかこの先、生き延びられる方法はない。」と電話で僕の質問に答えてくれたJoeです。
 
 
そういえば「50代男さん」も学校に行きたいと言い始めたとか。
 
 
さてさてみなさん、2019年も僕たちサポートセンターの活動から目が離せないと思いませんか!!
 
 
応援よろしくお願いします。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

f:id:smilehousejapan:20190201103838p:plain