発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

お前を置いて先には死ねないよ。東大

f:id:smilehousejapan:20170106111431j:plain

 

 

ぼくはすでに両親を天に見送っています。

兄弟が1人いるので、天涯孤独というわけではありません。

 

 

その兄弟も、母親と同じようにひきこもり続ける僕を一度も責めることはしませんでした。

 

 

今はその兄弟と、僕がひきこもっていた30年間のことを話題にできるまでになりました。

 

 

「なんとかしなければ、大変な事になると思いながら、どうしようもできないまま30年間が過ぎた。」

「今、こうして再びあなたの笑顔をみられるとは想像できなかった。」と泣きながら話してくれる兄弟です。

 

 

僕は僕で、このままでは僕の存在が兄弟の家庭に迷惑をかけてしまうことはわかっていたので、自分の手で、自分の人生に幕引きをするつもりでいました。

 

 

60歳という年齢がその時だと決めていました。

今考えると後3年です。

3年で僕はその存在を消す予定だったのです。

 

 

何もできない自分。

家でじっと息を殺して、生きながらえるだけの自分の存在が不憫で仕方がありませんでした。

 

 

そんな自分でも、自分の人生の幕引きは、自分の意思で決断して実行できる。

50歳を過ぎて、そんなことばかりを考えていた僕です。

 

 

 

両親は僕の行く末を案じて、お金を残してくれていました。

 

 

「私たちが死んでも、お前が生き続けられるだけのお金はあるから心配しないで。」と言ってくれた母の顔を今でもはっきりと昨日のことのように思い出します。

 

 

「お前を置いて先には死ねないよ。」

いつもは気丈に振舞っていた母がポツリと独り言のようにつぶやいたことがありました。

 

「お前の面倒を私の後にみてくれる人がどこかにいないかね。」とも。

 

母にこんな思いをさせてしまった自分が本当に情けない。

だからこの存在を1日でも早くこの世から抹消したいと考えていました。

 

 

30年。

僕以上に辛い日々を送っていた父と母。

できたら今も健在でいてくれたら。

 

来年には初給与をもらい、結婚もして急いで子作りをし、父と母に孫の顔を見せられたかもしれないのに。

その望みを叶えることは、もうできないのです。

 

突然の母の死。

もう一度と、希望を持って一生懸命、心のリバビリをしていた僕に、突然届けられた母の訃報。

 

どうして。どうして今なんだ。

高齢とはいえ、検査でどこも悪くなかったはずなのに。

数日前まで元気に旅行を楽しんでいたのに。

 

 

なぜ、なぜ、なぜ。

どうして今のタイミングなんだ!!

「お前を置いて、先には死ねないよ。」そう言っていたのに!!

 

これから一生懸命、恩返しをしようと思っていたのに。

もうその母はこの世にいない。

 

僕はすぐにフィリピンから日本の母の元に向かいました。

母を見送った後に、兄弟が僕に話してくれました。

 

「隆(僕の本名)は、もう私の手から離れたんだね。」

「大丈夫だよね。あの子はもう大丈夫。」とその母の顔は笑顔だったと。

 

「私たちのような家庭が他にもいらっしゃるはずだから、お前の頑張る姿が多くの人に希望を与えると思うから、決して後退してはいけないよ。」と兄弟が、僕に言ってくれました。

 

僕はその言葉を噛み締めて、今日も一日感謝して、生きて行きます。

 

 

ありがとうございます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

東大卒、30年間ひきこもりました。それが何か?東大

 

f:id:smilehousejapan:20170616105539j:plain

 

 

僕は東京大学を卒業した。

卒業後は大学院に進学し、その課程を終えた。

そして30年間ひきこもった。

 

大学院在学中から不安が増して、人の視線が怖くなり、家から出られなくなってしまった。

 

 

大学院はなんとか終了したが、ゼミの担当教授からは、就職に際しての推薦状はもらえなかった。

「君に推薦状は書けない。」と言われたその時、僕の人生が終わってしまった。

 

 

その後不安はさらに強くなり、ひきこもる事になる。

 

 

5年前に青木が訪問してくれた。

その時は52歳になっていた。

 

 

青木に会うまでに半年が必要だった。

もちろん青木に会う理由は、「ハガキを書くのをやめろ。」と言う事だった。

 

しかし、青木のうまい話に騙されて、僕はいつのまにかフィリピンに行く事になる。

30年間ひきこもっていた僕が、フィリピンの美しい海でバカンスを楽しむ。

そんなことを想像することさえできなかった。

 

 

「まじめになって就労をめざせ。」そう言われると思っていたのに。

青木から言われた言葉は、「楽しんでください。」だった。

 

 

気を許したら最後、人身売買でアフリカへの船に乗せられていたなんていう事になるのでは、と不安がよぎったことを思い出す。

 

 

それほどサポートセンターの僕への接し方は、理解ができなかった。

 

 

今なら理解できる。

人生でもっとも大切なことは、「生かされている今という瞬間を喜ぶこと。」

それがわかった人間は強いのだ。

 

僕は57歳。

数年後に控えた定年。

人生をやりきった人たちが、第二の人生を考える年齢。

 

 

僕にはこれから新しい人生が始まる。

結婚もする。

子どもも授かりたい。

 

 

子どもが20歳になったら、僕は77歳。

子どもに対する大きな責任がある。

子どものためにがむしゃらに働きたい。

 

 

僕は30年間ひきこもった男。

5年前に初めて友達ができた。

初めて好きになった女性は、シャロン・ストーン似のナイスバディの女性。

 

 

初恋の味は失恋の味。

人を好きになる経験ができたことを素直に喜びたい。

 

 

「一体女性は何人いると思っているの?」

「35億。」

ブルゾンちえみはそう言っている。

 

 

僕は30年間自宅にひきこもっていた男。

それが何か?

 

 

僕は今幸せだ。

日々誠意いっぱい生きている事によろこびを感じている。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

  

人は変わりにくい。だから変わりたいと思っている人から支援していく。東大

f:id:smilehousejapan:20171213193238j:plain

 

 

東京大学を卒業されているので、やはり文章がお上手ですね。」

この2日間でいただいたメールの中で、僕の印象に一番残ったメールです。

 

 

文章を書くのはとても難しいです。

できれば、書きたくないのです。

でもなんとかブログに穴を開けたくないので書いているのです。

 

 

どうぞ本日もわかりにくい文章にお付き合いください。

 

 

父親の思い出。

ほとんどありません。

でもぼくは父に感謝しています。

家族の為に働いて僕を育てあげてくれたからです。

 

 

自分の父親と他人の父親と比較したことはありません。

僕の父親みたいな人が、日本の一般的な父親像なのではないかなと思っていました。

 

 

ご家族のご相談にのっている今も、僕と父親との関係を他の家族にも見ることができますから。

 

 

しかし、ひきこもっている人たちの支援を30年間やっている青木は、そのありようはよくないことだと思っているのです。

 

 

昨日書いたように、父親がもっと子どもに関わって欲しいとサポートセンターは思っています。

 

 

でも。

ASD気質の青木の父親は変わることができたのでしょうか。

僕の父親も会社で様々な人間関係のトラブルを抱えていました。

今思うとやはりASD気質を持っていたと思うのです。

 

 

残念ですが、僕や青木の父親は簡単には変わることはできないのです。

第一、本人が変わらなければならないと自覚もしていないのですから。

 

 

親御さんを変えようとは考えていません。

できるなら、変わってもらった方が良いに決まっています。

でも、こればかりは、さすがの青木でも簡単にはできないことなのです。

 

 

しかし、ひきこもっている本人はどうでしょうか。

10年、20年ひきこもってしまった自分。

同世代との差を埋めることはもうできない。

 

 

自分の同級生が コメンテーターとして出ていた番組を見てとても落ち込みました。

同じ研究室の仲間が、随分昇進したことをふとしたことから知った時の落ち込みよう。

 

今更、自分はもう何もできない。

僕はそう感じて、30年間ひきこもっていました。

 

 

しかし、僕は青木と出会ったことで、価値観の転換を測ることができたのです。

 

 

「大丈夫」と言う言葉が、真実だと感じたことで、30年間のひきこもり生活から一歩踏み出すことができたのです。

 

 

当事者は変わります。

変わりたいと心から願っているのです。

 

 

そんな彼らに「まだ大丈夫だ。」という事実を見せてあげるために、僕たちは毎日支援に励んでいます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

 

両親と僕との関係の中で思ったこと 東大

f:id:smilehousejapan:20171212173538j:plain

   俊介さんはお父さんの思い出がほとんどないそうです。

 

 

ヒロさんの文章を読んで、母親とのことを書いてみようと思いました。

いざ机に向かっても母親とのことを思い出せないのです。

僕にはただ優しかった母としか思い出せないのです。

 

 

ヒロさんのように母親と確執があったわけではありません。

むしろひきこもってからの30年間は何ごともなく単調ではあるけれど平和な日々でした。

 

 

ただ、世間様がするようなことを何ひとつ母にしてあげられなかったことへの後悔があります。

母に新しい家族を見せられなかったことが唯一の後悔です。

 

 

でも、ふと思うのです。

僕にとって家族ってなんだったんだろうかと。

 

 

と言いますのは、フィリピンで出会った家族と僕の家族は随分と違っていたと感じるからです。

 

 

フィリピン人は家族の絆をとても大切にします。

また家族間の交流がとても活発です。

家族以外の人に自分の家族のことを紹介したがります。

しかもかなり自慢げに。

 

 

僕の家族。

ぼくの家族は地域で孤立していました。

そんな感じがします。

 

 

父はもともと寡黙な人でした。

そして、家族との交流を求めることはありませんでした。

1人で歴史小説を読んでいたりすることを好む父でした。

 

 

母は、所属していた団体の人たちといつも交流をしていました。

思い返してみれば、その所属団体の人たちとだけの交流でした。

 

 

随分希薄な家族関係だったなと思います。

思うのです。

ぼくは両親から何を学んだのか?

 

 

同じことを青木からも聞きます。

青木の母親は心の病気でした。

父親はアルコール依存症で診断はありませんが、ASDの特性と見られるゆえのトラブルを繰り返し起こしていたそうです。

 

 

その両親の元、「何を学んだんだろう」と考え込むそうです。

 

 

 

僕は昨年から、サポートセンターでひきこもっているお子さんのご家族との相談にのっています。

 

 

まだ50件程度ですが、その中に自分の家庭環境と同じようなご家族と出会うことが多いのです。

 

 

もちろん、どのご両親も心からお子さんの回復を願っておられます。

しかし、お子さんとの関わりがとても希薄なのです。

 

 

青木は、今年の春先にお世話している子どもたちとサーフィンをしにいきました。

そこは世界中から、サーフィンや観光のために多くの外国人が訪れる場所です。

 

 

そこで出会ったフランス人の家族の姿に、大きな衝撃を受けました。

父親が、幼い子どもたちの問いかけに、丁寧に時間をかけて、答えていました。

 

 

世の中の様々なことを子どもにもわかるような言葉を使って、一生懸命伝えようとする姿に感動と絶望感を味わったというのです。

 

 

自分の父親は、何も教えてくれなかった。

 そんな青木の話は、僕にはよくわかりました。

僕も同じでした。

 

 

 

僕たち発達障害の人たちには、メンターがとても重要なのです。

 

 

多くの人たちは、他人の様子を見ながら、学びます。

でも、僕たちには、それはとても苦手なことなのです。

具体的に、丁寧に教わらないとわからないことが多いのです。

 

 

そうなのです、僕たちが生きていくにはメンターが必要なのです。

 

 

世の中の父親がその役割を担えるようにと望みます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

 

おかあさんから言って欲しかったたった1つの言葉。東大

f:id:smilehousejapan:20171024124048j:plain

      ヒロさんは本当はとてもナイーブな人です。

 

 

ヒロさんが調子を崩しています。

前日のブログで、彼が書いた通り精神的に不安定になっているのです。

部屋から一日中出て来ず、ごはんも食べずにひきこもっています。

 

 

ヒロさんが母親にどんなことをしたかは、彼が幾度となく書き綴っています。

僕もその文章を読むたびに心が痛みます。

 

 

 

彼は、お母さんと和解できていません。

それどころか、ヒロさんの存在を恐れた家族は、ヒロさんの知らないところへ引っ越してしまったのです。

 

 

青木さんからは、「お母さんへの謝罪の気持ちを持ち続けていれば、いつか会える日も来るかもしれない。」と言われています。

 

古くから働いているスタッフに聞くと、彼はフィリピンに行った当初も、お母さんへの強い憎しみを持ち続けていたそうです。

 

 

それが1年、2年とフィリピンで生活をする中で、彼の頑なな心が癒されていったのです。

 

 

最近のお母さんに対する気持ちを書いた文章は、以前の彼の文章とは明らかに違っています。

 

 

以前ヒロさんがこんなことを言っていました。

「僕は家庭内暴力のご家庭を訪問して、当事者と御両親の間に入りたいです。

間に入って親御さんの変わりに殴られたり、叩かれたりしたいです。」

 

 

「おかあさんが僕から殴られたその痛みを、自分もあじわいたいから。」

 

 

ヒロさんがどれほどお母さんからの愛情を求めていたのか。

求めていた愛情の答えは「存在の否定」でした。

 

 

それでも彼は未だにお母さんからの「愛」を求めているのです。

 

 

僕の母のことを書きたいと思います。

僕の母はヒロさんのお母さんとは真逆でした。

1度も僕に指示をしたことはありませんし、否定的な言葉を母から貰ったことはありません。

 

しかし、今、思うのです。

本当は母から何も期待されていなかったのではないかと。

 

 

母が僕に言ってくれた言葉は、「大丈夫だよ。」という言葉だけでした。

 

 

30年間も家でじっとしていて何が「大丈夫なのか?

母からの愛情を感じながらも、深い絶望感をも味わっていた僕でした。

 

本当は母から言って欲しかった言葉があった。

 

 

「大丈夫」という言葉だけではなくて、

「お前はできる子なんだからやってごらんよ。もう一度勇気を出してやってごらん。」

 

今、そんな言葉を母から言って欲しかったと思う僕です。

 

 

ヒロさんが書いた通り、母と子の気持ちは、どうしてこんなにすれちがうのでしょうか。

 

 

 

本日12月11日月曜日、ヒロさんは試用期間をいただいた会社に遅刻せずに出勤したそうです。

たくさんの方からの励ましを本人に成り替わり、感謝申し上げます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

母親を傷つけるのはもうやめてくれ。頼むから。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20171210155208j:plain

 

 

アクセス数が伸び悩んでいます。

俺としては1日10000人の人がこのブログを訪れて欲しいです。

 

 

5年くらい書き続けているけれど、アクセス数が伸びない。

「中身がないから訪れないんだよ。」

それを言っちゃあ、おしまいよ!!

 

 

あのう、今サポートセンターに依頼をされる方はほぼ、このブログを見て連絡をしてこられます。

全ての人を支援することはできないけれど、スタッフたちはいただいたメールには丁寧にお答えしています。

 

 

何かお役に立てることをお伝えしたいんです。

で、日本サイドで受けた相談や支援の依頼は、その日にすぐにオンラインで他の場所で支援に取り組んでいるスタッフと共有されます。

 

 

もちろん名前はイニシャル。

年齢も30半ばとか。

住まいなど個人が特定されることは一切書き記されていませんのでご安心ください。

 

 

その相談・依頼カルテをに目を通すたびに、俺はイラつく。

俺は悲しくなる。

 

 

「母親を階段から突き落として、母親が骨折。」

「母親を包丁で切りつけて、何針も縫う怪我をさせた。」

 

 

俺は悲しい。

非常に悲しい。

 

 

俺は泣く。

俺は泣き叫ぶ。

 

 

「やめてくれ、母親を傷つけるのはもうやめてくれ。」

「お願いだから、自分の母ちゃんを傷つけるんじゃないよ!!」

今でもカルテの文章を思い出しながら、涙が止まらない。

 

 

なんとかしたい。

俺ならなんとかできるはずだ。

俺がやらないで誰がやるんだ!!

 

 

母親と子どもの間に入りたい。

殴るなら俺を殴れ!!

 

 

叩きたかったら俺を叩けばいい。

いくらでも気がすむまで叩くんだ。

 

 

助けてくれ。

誰か助けてください。

 

 

全ての子どもは親を愛している。

親に認められたいだけなんだ。

どうしてすれ違う親と子。

 

 

今も日本のどこかで、母親が泣いている。

 

 

お母さん待っていてください。

僕はあなたの味方です。

 

 

どうか僕にできることを示してください。

そして僕がそのことに従順に従えますように。

 

 

僕はめちゃくちゃ悲しいんだ。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

 

特訓に次ぐ特訓でアスペルガーの俺は英語をマスターした。ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20090929191920j:plain

 8年前です。スタッフに囲まれる俺です。痩せてますね。ピンクがケイさんです

 

 

僕が英語を一生懸命やろうとした理由は「女性」のことでした。

 

 

1人の女性を好きになり、なんとかその女性と話がしたかったのです。

 

僕がフィリピンに行って、最初に僕のお世話をしてくれた人が「ケイ」さんという女性でした。

確か僕より2歳上の人です。

 

とても優しい人でした。

僕は小、中とひどくいじめられていました。

当然友達はいませんでしたし、彼女を作るとか考えたことはありません。

 

 

それ以上に、女性を好きになるという気持ちさえ封印していました。

 

 

そんな僕に「ケイ」さんは、とても優しくしてくれたのです。

いつも僕に話しかけてくれた。

少しずつ日本語を勉強し始めたんだ。

 

ある時僕に言った。

「アナタ、ニホンデ。ヒトリ。」

「カワイソ。」

 

僕はその言葉を聞いて泣いた。

一生懸命、日本語を覚えて僕のことを理解しようとしてくれようとしたケイさん。

 

 

「ヒロさん、その気持ちに応えるために英語を覚えなさい。」

青木さんがそう言った。

「よっしゃあ。すぐに英語をマスターしてやる。俺の最愛のケイさんのために。」

 

「青木さん、最短で英語を話せるには何ヶ月あればいいですか。」と聞いた俺。

返ってきた答えは3000時間。

 

1年365日で割ると・・・・・・。

計算できない俺がいた。

1日あたり8時間少しやる必要がある。

 

俺は無理だと思った。

フィリピンでやっているドラゴンボールの再放送は、絶対見逃したくはない。

それと、映画狂の俺としては、ほぼすべての映画を見たいんだ。

 

 

無理だ。

俺には無理だ。

絶対に。

 

f:id:smilehousejapan:20170809115332j:plain

      ハハハハ、東大さんより俺の方が英語がうまいんだな!!!!!!

 

 

そしたら青木さんが言った。

ドラゴンボールもハリウッド映画もすべて英語の勉強です。一生懸命見なさい。」

 

「あああああ、そうか。そうだよ。」

そして俺向けの英語勉強スケジュールが提案されたんだ。

 

新しいマンションに俺は移動させられた。

そのマンションには女性スタッフ達の部屋と俺の部屋の2部屋があった。

スタッフは英語しか話せない。

 

マンションの周りには日本人の姿はない。

 

 

6時 起床・朝食(朝食の時点で英会話の受け答えがある)

7時 英語特訓開始。

 

夜11時に就寝

 

 

その間のプログラム

1、英会話学校

2、実践英会話 街に出て実際に英語を使う。お使いみたいなもの

3、英単語 英単語をどれくらい覚えているか毎日チェックそれを繰り返し

4、ドラゴンボールを見る

5、ドリルで文法の復習

6、アメリカ人とインターネットでchat

 

そして2週間ごとにケイさんが陣中見舞いに、おいらの部屋を訪れてくれることになっていた。

 

途中から青木さんが連れてきたアメリカ人との会話が毎日組み込まれるようにもなった。

 

 

半年したら、映画館で見る映画のセリフが頭に残っていることに気づいた。

1年後、映画のセリフがほとんどわかった。

 

 

現在、日本語より英語で話した方がとても楽な俺です。

 

 

動機はどうであれ、英語がうまく話せるようになってとても嬉しいです。

「英語が話せる。」という自信が、僕に数学や物理まで勉強してみようと思わせたのです。

 

その動機となったケイさん。

はい、1年後あっさり振られました。

今はドバイの病院で看護婦長をして、お金持ちになったらしいです。

 

しかし、策士ツルピカドンは次の恋人をすでに用意してあったのだ。

「ヒロさん、彼女英語ダメで、フィリピン語しか話せないんだね。」

 

 

ハハハハハハハハハハ。

あんたは策士よの。

 

 

また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。