発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

「至急日本に帰られたし」ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20171020133216j:plain

 

みなさまこんにちわ。

 

 

帰ってきました程度の悪いアスペルガーな男、ヒロでございます。

ただいま僕は日本に帰国しております。

 

大変なこと(嬉しいことで大変という意味です)がいくつか起きまして、ぼくはフィリピンから急遽日本に帰国した次第です。

 

「至急、日本に帰られたし」との伝言をいただきまして、帰国したのです。

そのことはおいおい、書いていきます。

 

 

さて、さて、さてと。

 

 

自分はブログを2012年6月5日から書き始めました。

それ以前にも書いていましたが、本格的に書き始めたのはこの日からです。

smilehousejapan.hatenablog.com

 

 

当初はいやいや書いていました僕です。

 

 

しかし、だんだんと毎日書くようになってきました。

じぶんのことを包み隠さず、おっぴろげて書いてきたことが読者、特に当事者のお母様方から少しは支持を受けたのだと思います。

 

当初ははっきりとした目的もなく書いていた僕ですが、現在、ご依頼やご相談が全てこのブログを読んだ人たちからきているということです。

 

僕は失敗する。

でも励まされて、また頑張る。

そして目的をクリアーする。

 

 

という一連の流れの中に自分のお子さんに対する希望を見い出してくれていたのです。

 

 

「こんな言い方は失礼ですが、あのヒロさんでさえ、ここまで変わられたのですから、うちの子どもも大丈夫だと自分に言い聞かせているんです。」

 

 

そんな言葉をお母様方から、たくさんいただいてきました。

 

 

程度のわるいアスペルガーな僕。

小学校と中学校ではいじめられて、学校に行けなくなった。

 

 

勉強もさっぱりわからない。

何がわからないのかさえ、わからない状況に両親も、学校の先生も、塾も匙をなげたのです。

 

 

病院に行ったら、診断されました。

でもその病院でも、支援は無理だったんです。

「うちより、もっと良いところがあるから、そちらに移ったらどうですか」と病院のスタッフに言われました。

 

 

ようは、難しい患者は引き受けられないのでしょうね。

俺は本当に大変なしょうがい特性を持っていたんだろうな。

医者も見放す大変さ。

 

 

そんな僕が変わったのです。

今年の3月末に大学を卒業してそれから半年間、徹底的に訓練を受けてきました。

 

 

そして、来年の3月末で支援終了と決まったのです。

感無量です。

 

 

詳細はまた明日詳しく書きます。

明日からまたよろしくお願いします。

 

 

東大さんとMr.Joeとあつこせんせーえも交代でブログを書きますので、どうぞみなさまよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

 

 

 

貧困地区小学校ボランティア報告 もとお

f:id:smilehousejapan:20171011130318j:plain

 

 

 

スタッフの人からヒロさんがダウンしているので、かわりにブログを書けませんかと言われました。

ぼくは無理ですと言いました。

 

ひきこもっていたり、家庭内暴力の時に何を感じていたのかとか、今はこんなことをしていますなどのことを書いて欲しいと言われましたけれど、今の状況では何も書けません。

 

 

どうしてなのかと言うと、頭の中が混乱したままだからです。

それ以上は説明のしようがありません。

ぼくはヒロさんみたいにぶんしょうは書けないし、僕がかくときっと比較されるから嫌なんです。

 

でもスタッフの人たちは困っていましたから、「以前、僕がニュースレターに書いた文章を使ったらどうですか?」と言いました。

 

そうしたら、「そうだったね。あれをブログに使わさせてもらいます。」と言うことになりました。

 

もう一度言いますけれど、僕はブログなんかかけるような精神状態ではないので、2度と聞かないでください。

それだけは守ってください。

 

 

ボランティア報告

 

ぼくは19歳のもとお(仮名)と言います。フィリピン滞在8ヶ月です。

 

 

先日フィリピンの貧困地区での小学校食事サービスに参加しました。

朝5時に起こされて、みんなで子供達のお弁当を作りました。

 

 

それから1時間かけて小学校に到着。

用意した120人分のお弁当を子供達に配り終えたら、2人の女の子がぼくの手をひっぱってどこかへ連れて行こうとしていました。

 

それで、スタッフに通訳してもらったら、「一緒にお弁当を食べたい。」と言ってくれたのです。

 

 

それで小学校2年の女の子2人と食事をたべました。

でも、食べる前に、ぼくの腕をじーっとみているのです。

そして自分の腕を見て笑うんです。

 

 

「お兄さんの腕は白いけど私の腕は黒いな。あっはっはっはっは。」

 

「お兄さん、一緒にダンスをおどりましょう。」と言われておどらされもしました。

 

 

ぼくの踊りをみて2人とも大声をあげて笑ってくれました。

ぼくもそれほど嫌な気持ちではありませんでした。

f:id:smilehousejapan:20171011130335j:plain

      古着を貰って喜んでいました。

 

散々遊んだ後、お弁当を食べずに自宅に持って帰ろうとしています。

どうしたのとスタッフに聞きました。

 

実はこの2人には両親はいません。

出稼ぎに行くと言ったきり、音沙汰が5年ほどないということです。

 

 

今はそれぞれのおばあさんが子どもを育てているらしいです。

そして、食べずに持ち帰ったお弁当は、おばあさんに食べてもらうんだそうです。

 

 

ぼくはやる気0で ボランティアに参加しました。

でも、この子どもたちと出会って、なんて自分はばかな男なんだろうかと気づかされました。

 

次回からもっと一生懸命頑張って食事をつくります。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

 

精神的に参ってしまいました。ブログをお休みします。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20171004084402j:plain

   新天地で頑張ってください。そのうち遊びに行きますよ。

 

 

人のお世話をしていると、いろんなことにきづかされます。

その多くはその人のダメな部分なんです。

 

 

そうしますと、その人に対して、「どうせお世話をしても無理なんじゃないか」と悪く捉えてしまう僕です。

 

 

それは良くないことでしょ?

だから、スタッフには正直に自分の思いを話します。

そして、僕は休みを与えられました。

 

 

僕はアスペルガーADHDを併合していると担当してくださったお医者さんに診断をいただきました。

診断名をもらっても特別何も感じませんでした。

 

 

アスペルガーADHDを併合しているタイプで、とにかく衝動を抑える練習をしましょう。」と言われて「はい、そうですか。」ってな感じでしたね。

 

 

もっとストレートに言いますと、お医者さんの話にもあまり耳を傾けていなかったと思います。

 

 

それ以降も今も診断名のことなんか何も気にしていません。

おいらの周りも誰も診断名なんか気にしていないですよ。

 

 

なんかいっとき、「子どもに診断名を告げる時はいつが良いでしょうか。」なんていうご質問が、ネットなんかでたびたび目にしました。

 

 

今はあんまり目にしませんね。

まあこれだけ、お茶の間に「発達障害」が浸透したからでしょうかね。

 

 

しばらく、僕は休みを与えられています。

なんか精神的におかしくなったみたいです。

 

 

他の人のお世話をしてはっきりとわかったのは、「僕にはお世話はできない。そしてしてはいけない。」ということです。

 

 

発達障害が問題なわけではない。

周りの無理解が発達障害の当事者を追い込んでしまうことが、問題なんだ。

 

 

そして悲しいことに、追い込む人たちが、子どもへの熱い熱い思いから、やっているということ。

 

 

親と子どものすれ違い。

僕はそれを目の当たりにして、ぶっ倒れた。

ものすごく胸が痛くなった。

 

 

奈落の底に突き落とされた感覚。

いつまでも落ちづけている感覚。

 

 

ここではないどこか遠くへ行きたいな。

何もかも置いて。

今と全く違うことを考えて、これからの時間を生きて行きたい。

 

 

名前を変えてしまおうか。

国籍も変えてしまおうか。

性別は変えたくない。

 

 

ここではないどこか遠い場所へ行きたい。

僕のことを誰も知らない人たちに囲まれて。

 

 

雑誌で見た、古い建物が立ち並ぶイタリアの片田舎。

ブラジルの雑踏の中に紛れこもうか。

 

 

死にたいということではないですので、ご心配メールはいただかなくて大丈夫です。

 

 

「僕がこのブログを書く時は終わったんじゃないですか」と青木さんに言いました。

 

 

青木さんも「そうだね。もう終わったのかもしれないな。」と言いました。

 

 

サポートセンターも新しい段階に来ています。

4人目の卒業も決まりそうです。

しかし、このブログを書く人がいないのです。

 

 

Mr.Joeがなんとか僕のあとを受け継いでくれたらいいんだけれど。

 

 

しばらく、ブログを休みます。

なんの挨拶もせずに消えることはありませんので、大丈夫です。

僕自身は大丈夫です。

 

 

しばらく環境を変えたら、僕はまた元気になるでしょ。

 

 

ではまたの再開を。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

 

彼を変えたものは!! 2 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170930101006j:plain

 長い間お世話になりました。新しい人生を新しい人たちとお幸せに!!

 

 

青木さんとの話が終わって、僕は深呼吸をしました。

3度して呼吸を整え、手帳に書きました。

「話を徹底的に聞け。」と。

 

 

そして声に出しました。

僕が発した声はぼくの耳から入り、そうして脳に命令を伝えます。

そして、ドアをノック。

 

 

「はい。」という落ち着いた成人男性の声。

「失礼します。」と言いながら室内に。

「えっ」

 

 

その人は腕立て伏せをしていました。

「ごめん、ごめん」

「少しの時間も大切に」をモットーに。

 

 

「さあ、座ってください。」

小さな食卓テーブルを見ると、紅茶とコーヒーが全部で4つのカップ。

誰かお客さんが他にも見えるんですか?

 

 

いやあ、失礼しました。

ヒロさんが何がお好きなのかお聞きすることもできなくて、申し訳ないので、紅茶とコーヒーどちらでも飲めるように入れておきました。

もう冷めてしまったみたいなので、入れ直しますね。

 

 

あなたに会いたかったな。

あなたのブログを3ヶ月前に知ったんですよ。

サポートセンターに誘われて、フィリピンにきたのは良いけど。

 

 

何も知らなくてね。

それで、徹底的に調べたんですよ。

青木さんはクリスチャンですね。

 

 

キリスト教と言っても、世間をお騒がせしているキリスト教もありますから、そこは慎重に調べまして、そうしたら大丈夫でした。

 

 

青木さんは以前は不良少年たちの更生をされたり、余命いくばくもない子どもたちのお世話をしていたりもしていたんですね。

 

 

凄い人ですよね。

そして、本題のあなたです。

ヒロさん、まずはあなたにお礼を言います。

 

 

ありがとうごさいました。

そして、次はえーっと何を言うんだったかな。

ダメだ。ちょと失礼します。

 

 

ダメだ。

ダメだ。

そう言ってその人は頭をかきむしり始めました。

 

 

しばらく様子をみていたら、落ち着きました。

情けないです。これがぼくなんです。

人前で話すことが怖いんです。

 

 

だからぼくなりに一生懸命文章を考えて暗記したんです。

ヒロさんにあったら、こう話したいなって。

 

 

でも、忘れてしまった。

そうしたら、なんか自分はやっぱりダメだなって。

 

 

ぼくは昔から何をやってもダメな人間なんです。

頭も悪いし、体力もない。

人と話すことも怖くてできない。

 

 

顔もひどく醜い。

だから死んだ方が良いってずーっと思つていました。

高校中退してからずっーと部屋でじーっとしていました。

 

 

なんとか気力をふりしぼって、スーパーでバイトをしました。

一生懸命頑張ったら、従業員見習いと言う立場にさせてもらいました。

 

 

そうしたら今までと違って、責任が重くなって、また失敗ばかりし始めて、そして、お客さんに悪態をついて、自分からやめました。

 

 

こんなにすらすら話してはいません。

割愛させていただいて、ぼくが下記にまとめて書きます。

 

 

つまり、一生懸命真面目にやるんだけれど、成功した試しがなくて、それどころかいつも何か違う問題を引き起こしてしまった人生で、僕たちと出会う前までは「いかにして死ぬか」を考えていたらしいです。

 

 

そしておかあさんが、サポートセンターに電話してお世話をお願いされて、今フィリピンにいます。

 

 

優しいスタッフたちに促されて、色々なことをやりましょうと誘われても、またどうせ失敗して、周りを嫌な思いにさせてしまうと感じて、不安が強くなり、何もできなくなってしまったそうです。

 

そして、青木さんに「死んでしまいたい。」と相談したところ、ヒロさんに会って話を聞いてみなさいといわれたらしいです。

 

 

でもいざ、俺と会っても前回は何も話されませんでした。

その後、スタッフに俺のブログをことを教えてもらい、読んだそうです。

それで、その人はわかったそうなんです。

 

 

「自分よりダメな人がいて、めちゃくちゃ失敗ばかりしても、諦めずに、なんとか前に進もうとした。そして周りのスタッフが応援し続けた結果、少しづつだけれど、成長していった。」

 

 

母親を殴ってICUに送り込み、なんども警察沙汰を起こしたIQ70の少年が変わった。

 

 

「海外の大学を卒業した。」

「彼女ができた。」

「友達もできて信望もあつい。」

「今は就職に向けて準備をしている。」

「数年以内に結婚して家族を持つ予定をしている。」

 

 

なんで変わることができたんだ。

それは周りの信頼できる人たちに変えてもらったということ。

 

 

だから、ぼくも自分を全て白紙にして、スタッフたちを徹底的に信頼して、幸せになるんだ。

 

 

と言う決意表明でした。

 

 

すみません長く引っ張りました。

そして、ぼくはその人に向けて話したんです。

 

 

それはまた明日です。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。   

短期間に激変した彼に何が起こったのか。1 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170929134936j:plain

 ピースサインは違うでしょ。何の為の写真なのかわかっていない例ですな。

 

 

 

どうも、ご無沙汰いたしております。

さて、最近は毎日朝6時から夜の9時まで働きづめの日々でございます。

 

 

サポートセンターのありえない支援は、スタッフたちのありえない重労働から生み出されることがよくわかった俺です。

 

 

僕は今は毎月違う人のお世話をしています。

数ヶ月に一度スタッフたちが、違う人のお世話をします。

 

 

これは、スタッフの緊急事態にでも、違うスタッフがすぐに対応できるようにしておくためです。

 

 

それとは別に俺は俺の訓練のために毎月違う人のお世話をしています。

 

 

疲れますね。

とても気を使いますから。

 

 

1人1人状況は違います。

でも、僕たちのところでお世話をしている人たちですから、大変重い状況なんですよ。

 

 

ぼくはスタッフに言われるままに、動いています。

もちろん、毎日ミーティングがあり遅くまで、付き合わされています。

 

 

食い意地が張った俺にしてみれば、夜7時以降に夕食を食べていないという状況には耐えられなかったはずですが、慣れましたね。

 

 

自分でも信じられないんですけれど、僕は確実に進化を遂げていますよ。

 

 

で、本日はとても感動した青年の話をします。

その人と会うのは3ヶ月ぶりでした。

だから、前回あったのは6月頃でしたね。

 

前回の時点でフィリピンに来て半年は過ぎていたんですけれど、まだ周りに慣れない状況でした。

 

 

大体6ヶ月で少しは落ち着いてくるもんなんですけれど、その人に限ってはダメでしたね。

 

 

俺的には、「もしかしたらこの人は支援にさえ繋がらない人なのかもしれない。」と感じてもいました。

 

 

サポートセンターでも支援に繋がらない人たちもいるんです。

それは本当にまれなんですけれどね。

 

 

事前にお世話する人に関しての話し合いがあります。

しかし、その人の場合はありませんでした。

ということは、悪くはなっていないということです。

 

 

その人の部屋をノックした時には緊張しました。

また以前のような死んだ目をして、視線を合わさないようにして、黙認されるんだろうかと考えたからです。

 

 

でも、3ヶ月振りにあったその人は別人のようでした。

その変わりように、僕は言葉が出ませんでした。

 

 

「ヒロさんですよね。あなたのブログ読んでいますよ。」

「あなたのブログを読むと、笑いと涙が出るな。」

そんなふうに言われたんですよ。

 

 

想像すらしていなかった状況に戸惑うおいらです。

少しパニックになった僕は「ちよっと待ってください。」と言って、部屋の外に出ました。

 

 

そして、青木さんに電話をしました。

状況を説明した後に、青木さんが言いました。

 

 

「短期間にとても変わった人なんだ。」

「なんで、変わったのか、聞いてごらんよ。きっと話してくれるよ。」

 

 

「人の話を聞くのが一番苦手な俺にそれを言うか!!」

心の中で叫んだ俺でした。

 

 

明日に続きます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。  

 

文科省のみなさん、どうか僕みたいな不登校の子どものことを忘れないでください ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170331113438j:plain

 

東京シューレ」というとても有名な団体があります。

不登校の子ども達を支援している団体です。

そのホームページを見にいきました。

 

 

サポートセンター代表である青木さんは、「東京シューレ」の考え方はわかるし、納得はしていると言っています。

 

 

「でも僕たちのような考え方をしている不登校の子どももいるんだよ。」と言っています。

 

 

僕は僕なりに、ホームページや「東京シューレ」の考え方に共感している人たちの発言も少しですが、読んでみました。

 

 

東京シューレ」の考え方を理解するまでには随分時間がかかるし、僕ひとりではとてもじゃないけど、混乱するだけなので、今は結論のようなことは書けません。

 

 

でも、「僕の不登校とは違うな。」と強く感じました。

 

 

そして「『学校に行かない。』という子どもたちの意志は尊重してあげなければいけない。」とも思いました。

 

 

僕が見た子ども達の発言は、「それはそれでいいんだ。」

と思いました。

 

 

「行きたくない。」と、はっきりとした理由と意志があれば、それで十分じゃないですか。

 

 

それで、この問題は終わりでいいでしょ。

認めてあげればそれで良いんですよ。

 

 

でも、僕のような不登校の子ども達の問題は何も解決していない。

 

 

フリースクールじゃなくて、僕が通っていた学校に戻りたい。

みんなと楽しくすごしたいだけなんだ。

 

 

そういう子どもがいることをどうか理解してください。

 

文部科学省で働いているみなさん、どうかぼくたちのようなタイプ不登校の子どもたちのことを忘れないでください。

 

 

「学校に行けないなら、それはそれでいいんだよ。」なんていうんじゃなくて、「どうして学校に行けないのかな」「一緒にその理由を考えてみましょう。」

 

 

「そして、その問題を一緒に解決していきましょう。」

 

 

そんなふうにどうか言ってください。

 

 

楽しいんだよ。

学校はね。

 

 

学校でしか学べないこともあるんだよ。

僕はフィリピンで、学校に行って、そのことがよくわかりました。

学校にはいろんな背景を持った人たちがいました。。

 

 

その人たちと交流できたことは、僕にとって、とても貴重な時間だったと思います。

 

 

今はこんなふうにしかかけません。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。  

「学校に行かなくてもいいんだよ」とは僕には言って欲しくなかった。ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20130130110036j:plain

 

 

 

頭の中にあること。

みなさんに伝えたいこと。

それらを言葉に置き換えて書くことがぼくには難しい。

 

「あああ」ってなって、気分転換で、外に出ても一向に書くことができない自分。

 

 

とても大切だと感じることがある。

もしかしたら経験をして、そして回復した僕だからこそ書くことができるかもしれないこと。

 

 

でも書けない。

なんとか書き進めてみます。

 

 

僕は、不登校児と呼ばれた。

僕は自分で自分を不登校児と呼んだことはなかったけれど。

 

 

同じようにひきこもりだとは思っていなかったし、アスペルガーだと自分で認識できるようになったのはつい最近のこと。

 

 

「学校にいけなかった。」と「学校に行かなかった。」どちらも学校にはいないという状態を表すんだけれど、微妙に意味が違う感じがします。

 

 

ぼくの心の状態を表すならば、「行けなかった。」を選びます。

ぼくは学校に行きたかったけれど、行けなかったんです。

 

 

世の中には、学校に行きたくなくて、「学校に行かなかった。」児童もいるんですよね。

 

 

2つのタイプを1つの不登校という枠の中に入れてしまうのには無理があると思う。

不登校になった原因や過程がちがうよね。

 

 

ぼくが今日言いたいのは、そのことです。

でも、ぼくが感じたことをインターネットの世界で探したんだけれど、見当たらないんですよ。

 

 

不登校という枠の中には、全く違う種類の少なくとも2つのタイプがあるんだ。

 

ぼくは学校に行きたかったけれど、行けなかった。

青木さんは学校に行きたくて仕方がなかったので、1年浪人してまでして、学校に復学した。

 

 

大統領も名無しもさとるさんもみんな学校に行きたかったけれど、行けなかったんだ。

 

 

サポートセンターで支援をしている人たち全員に聞いたわけじゃないけれど、ほぼ学校に行きたかった人たちです。

 

 

 

ぼくは不登校というのは、僕みたいに勉強ができなかったり、運動ができなかったり、そして同級生とうまく交流できない人たちだけだと思っていんだ。

 

 

でもなんか、同じ不登校でも、全く違うタイプの人たちがいるということを最近知って、驚いています。

 

 

そして、新聞やテレビで不登校の話題を出しているのに、そのことに触れている記事が見当たらないことが不思議でしょうがないんです。

 

 

それで、青木さんに聞きました。

 

 

「青木さんが『東京シューレ』で検索してみなさい。」と僕に言ってくれました。

 

 

昔、マスコミ全体が「不登校東京シューレ」という時代があったそうです。

 

大変な時代だったそうです。

青木さんは、「東京シューレ」の考え方もわかると言っています。

 

でも「僕たちのような不登校もいるんだよ。」とわかって欲しかったそうです。

 

 

また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。