発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

車のドアの開け閉めが苦手な人たち まる

f:id:smilehousejapan:20180218215309j:plain

 

 

 

発達障害が大変な訳ではありません。

発達障害と診断されていても、社会で周りの人たちとうまくやっている人たちは大勢います。

 

 

問題なのは失敗体験を重ねることで、二次障害になってしまい、引きこもったり、家庭内暴力が出たりすることです。

 

 

私たちはそんな人たちの社会復帰のお手伝いをしています。

私たちが主にしていることは二つです。

 

 

  • 社会スキルの獲得
  • 心のリハビリ

 

 

発達障害と診断されており、その後、二次障害になった人たちもその状況は様々です。

極端な例ですが、半年程度の支援で学校復帰を果たし、その後順調に過ごしている人もいます。

 

 

かと思えば、ヒロさんのように13年間一緒に生活をして、24時間毎日支援が続いている人もいます。

 

 

人によって状況は様々ですが、多くの人に共通なこともあります。

共通なことを皆様と共有したいと思います。

 

 

車のドアの開け閉め。

これがうまくできない人が多いです。

必ずと言っていいほど皆さんできません。

 

 

ドアを閉めるときに、力任せにドアを閉めてしまうのです。

その状況を見ていると「何か怒っているのかしら。」と多くの人が思ってしまうでしょう。

 

 

実は、青木もうまくできません。

本人は30年近く運転免許を保持していますし、最近でこそ海外での支援が全てですが、10年前までは年間12万キロ近く車を利用していました。

全て、訪問で車を使っていたのです。

 

 

車の運転に関して、とても慣れている青木ですが、車のドアの開け閉めは未だに苦手らしいです。

ドアを閉めるときに、どの程度の力を使えばいいのか、感覚が掴めないらしいのです。

 

 

その言葉を聞いて、意味が理解できない私です。

さすがに青木は、支援をしている人たちの見本とならなければなりません。

 

 

ですからドアを閉めるときには、信じられないくらい時間をかけて丁寧にドアを閉めます。

 

 

周りで見ていると、とても不思議な動作です。

 そんな人たちにどうしたら力の加減を教えるのか。

明日に続きます。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

体温調節が苦手な人たち。 まる

f:id:smilehousejapan:20180217195250j:plain

          お蕎麦が特に好きですね。

 

 

発達障害と診断されている人たち。

 

私は10年近く支援をしています。

主に日常生活での支援です。

 一緒に活動する中で、彼らに共通することを発見します。

 

 

例えば、温度調節がとても苦手な人たちが多いです。

 

暑さが極端に苦手な人たち。

俊介さん、大統領、名無しくん。

 

逆に寒さが極端に苦手な人たち。

ヒロさん、青木、劇団さん。

 

どちらでもない人。

東大さん。

 

 

暑さが極端に苦手な人たちは、今の時期でも半袖で過ごしています。

さすがに今の時期に半袖で名古屋の街を歩くことは恥ずかしくてできません。

薄手のダウンパーカーの下には半袖Tシャツの彼らです。

 

 

事務所に着くなり、ダウンパーカーを脱ぎすて、Tシャツ一枚で過ごします。

それでも汗を拭いています。

 

もちろん俊介さんが利用する事務所内の部屋には暖房器具は置いていません。

 

 

時には窓を全開にしています。

木枯らしが音を立てて、室内に入り込んでいるのに、平気な顔で過ごしているのです。

 

そこまでしても俊介さんの顔から湯気が立ち上っているのを見て、驚いてしまった私です。

 

 極端に寒さがにがてな人たち。

 

着込んで、着ぶくれして体の自由が利かなくなったヒロさんを思い出します。

「着るものを1枚減らさないと、無理ですよ。」と話したところ、確かに1枚減ったのですが、体がとても重いと訴えるのです。

 

 

どうしたのかしらと不思議がっている私の前で、順番に服を脱いだヒロさん。

なんと、ユニクロヒートテックの長袖の下着の前後一面にホッカイロが貼ってありました。

 

重いはずです。

どうしてこうも極端なのか。

本当に笑ってしまいそうになることが多いですね。

 

 

そういえば、風邪は絶対に引かないと決断したヒロさん。

マスクを二枚重ねてしていたことを思い出しました。

 

 

何れにしても、極端ですね。

真ん中くらい、ちょうどいいはないのかしら。

 

発達障害のお子さんをお持ちの方はどうでしょうか。

何か工夫されていることがあれば教えてください。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

ジュンさんの不安 東大

f:id:smilehousejapan:20180216164658j:plain

     ヒロさん、日本に行きますよ。研修会の講師です。ガンバレ!!

 

 

発達障害に理解ある会社ができて、そのことで社会参加ができている人たちがいますよ。」

そんな記事にジュンさんが拒否反応を示しました。

 

 

「えっ。この記事の何が気に入らないの?」

発達障害が理由で、就職に困っている人たちには朗報なのに。

むしろ、その会社の社長さんに感謝したいくらいですよ。」

 

「良い記事ではないですか。

私はそう思いましたよ。

世の中の多くの読者さんも、読後、清々しい気持ちになったのではないですか?」

 

しかし、ジュンさんは違いました。

不安が以前より増大してしまったのです。

 

私たちは支援している人たちへの注意事項として、インターネットで日本のことにはあまり、触れない様にと言っています。

ただCNN BBCなどは別です。

 

 ジュンさんの担当スタッフと会う機会がありましたので、彼のこだわりについて色々と聞いてみました。

 

 

ジュンさん自身は支援を受けるにあたって、相当ナーバスになっているそうです。

 

果たして自分は成長して社会に戻れるのか。

そのことを考えると不安が強くなり、じっとしていられなくなるそうです。

 

 

また、この先どれだけ頑張れば少しは安心できるのか。

自分の将来に対して見通しが持ちたいのです。

 

 

依然として不安と混乱の中にいるジュンさんです。

そんな彼が、あの記事を読んだのですから、さらに混乱したのでしょうね。

 

 

発達障害が原因で、生き辛くなり、学校を中退して、それでも自分なりになんとか頑張ろうとしたけど、どこへ行っても、何をやってもダメ出しばかりされた。

 

 

とうとう不安が強くなり、社会から引き下がらざるをえなくなり、引きこもってしまった。

 

そんな人たちが、発達障害に理解ある社長さんが経営する会社に雇ってもらえた。

色々と大変なことはあるけど、優しい社長さんの元、彼らは希望を見出して頑張っている。

 

 

そんな人たちがいる一方、自分は将来の展望が依然として描けない。

それどころか、もし自分が理解ある会社に採用されたとしても、うまくやっていく自信はない。

 

 

自分はこの社会の落ちこぼれで、どうしようもない人間なのか。

そんなふうに感じたのです。

 

 

いや、そんな簡単に仕事に就けるわけがない。

おかしい。

そんな理解ある会社のおかげで、結婚もでき、家を持つことができたなんていう話でもない。

 

「そんな会社が現れました。」というだけ。

まさか障害者枠での就職ではないよな。

 

 

一般職なら成果が求められるはずだ。

ボランテイアではなくこれはビジネスで、競争なんだから。

 

もしかしたら短期間でこの会社は倒産するかもしれないな。

発達障害で社会に溶け込めない様な人達を他の人たちと同様に一般職で雇うなんてどうかしている。

 

 

と、こんなふうに考えてしまうのです。

困ったことです。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

あなたの笑う顔を忘れていたよ。東大

f:id:smilehousejapan:20180214171932j:plain

    最近食欲旺盛なんですよ。ごちそうさまでした。

 

 

 

 

まるで機関銃を打ち続けている様に、一方的に話し続ける人たちがいる。

その勢いに聞いている方は思わず後ずさりしてしまう。

彼らは発達障害と診断されている。

 

 

優しく語りかけても、反応がない人たちがいる。

怒っているのか?何か気にくわないことがあるのか?

近くにいる支援者たちは困惑する。

彼らもまた発達障害と診断されている。

 

 

その中間。

その中間がちょうどいいのかもしれない。

しかし、0か100。

 

 

私は反応しない側だった。

意図的に反応しなかったわけではない。

どう反応していいのか何もわからなかった。

 

 

30年間。

家族以外の人と話した記憶がほとんどない。

家族との会話。

 

 

「ご飯できたよ。」

「ああ」

「お風呂、先に入りなさい」

「あ」

 

 

無言のこともよくあった。

 

 

コミニュケーションの仕方を知らなかった私が、30年間誰とも話さなかったのは大きな負の遺産だ。

 

 

5年前、サポートセンターと出会った。

そしてメンターと出会った。

これが私の回復の始まり。

 

しかし、初期には私のプライドから、メンターのアドバイスを拒否することも多かった。

「簡単に変えられると思うなよ。」

最近、支援が始まった人から聞いた言葉。

 

 

5年前に私も同じことを、支援してくれているスタッフたちに叫んだ。

もちろん、小心者の私ですから、心の中だけの叫びです。

 

 

スタッフたちは、私の頑なな態度にひるむこともなく、むしろそんな状況をどこか楽しんでいるかの様に感じた私です。

 

 

確かに、小さな子どもが単にだだをこねているだけなのですから。

それを真に受けてしまわれても、私は困ってしまいますね。

 

 

5年という長い年月の中で、スタッフたちは毎日、私に関わってくれた。

そして私は変わった。

全く違う人となったのだ。

 

 

今に到るまでにどれだけの熱い思いが私に与えられたのか。

それを思うと目頭が熱くなる。

 

 

今、目の前で私に熱く語るこの男。

もしかしたら、自分のこと以上に私のことを考えてくれているのかもしれない。

 

 

不思議なんです。

どうしてそこまで他者にできるのかって。

そこまでの思いが伝わってこそ、初めて人は変わろうと決断できるまでになると私は思うのです。

 

 

だって、30年間、家族以外との接触を拒否していた男が、結婚を考えるまでになったのですからね。

 

 

「あなたはこんなふうに笑うんだったね。」

唯一の家族、姉が最近僕にかけた言葉です。

「あなたの笑顔を長いこと忘れていたよ。」

 

 

姉の言葉にただ涙するだけの私でした。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

コミックバンドは回復プログラム 東大 

 

f:id:smilehousejapan:20180213163340j:plain

                               僕たちの未来に乾杯 !!

 

 

「東大さん、バンドの話だけど、東大さんは、担当は何にしますか。」

「私はベースでお願いします。」

 

 

「ベースって、できるの?」

「実は東大でギター愛好会のようなものに参加していました。ほんの少しですけど。」

 

 

「いいね。」

「いいよ。」

「好みは?」

 

「ボーカルなしの音楽ですかね。」

「なにそれ?」

 

「フォープレイとか。」

「あああ、〈スタッフ〉とかかな。」

「そうですね。」

 

「あと、映画音楽ですか。」

「ニーノロータ、ヘンリーマンシーニ、ミッシェル・ルグランとか?」

「はい、そうそうその辺りです。」

 

 

「まあ僕と東大さんは頭の構造は違うけど、音楽の趣味は似てるかな。」

「やるのはイージーリスニングぽいのですか?」

「違うよ。」

 

 

「ドリフだよ。」

「ドリフって ?」

「コミックバンドをやるんだよ。」

 

f:id:smilehousejapan:20180213163442j:plain

 

 

「フィリピンでコミックバンドをやるんだよ!!」

「今更、僕らはビジュアルに訴えることはできないからね。」

「日本人がタガログ語でやるコミックバンドだよ。」

 

 

「他のメンバーは誰なんですか?」

「支援している人たちだよ。」

「彼らに楽器を持たせてタガログ語で語らせる。」

 

 

「台本は誰が書くんですか。」

「僕だよ。」

「僕しかいないでしょ。」

 

 

「そうですか?」

「で、彼らの気分転換が目的ですか?」

 

 

「ちがうでしょ。」

「コミックバンドはすばらしい回復プログラムなんだ。」

「楽器を持って、ステージに立って、演奏して、話して、笑ってもらうんだよ。」

 

「そうすれば、彼らは変わるんだ。」

「わからないかな?意図していることが。」

 

 

「ヒロさんが、映画に出たことは知っているよね。」

「あの経験がとても大きかったと思うんだ。」

 

「映画は敷居が高いけど、コミックバンドならすぐにやれるさ。」

 

「モールのステージに立てたら、すごいよ。変わるよ。」

 

 

「もう俺、彼らが変わった姿を想像しているからね。」

「すごいからね。」

「この回復プログラム。」

 

 

それから、10分ほどは青木の独演会でした。

支援のことを話すときは、本当に生き生きとしていますね。この人。

そんなに楽しいんだ。よかった。よかったと思うのです。

 

 

いや、この人がやると言ったら、ほとんうにやりますからね。

どうでしょうか3年後くらいに、フィリピンの芸能界でデビューしているかもしれません。

 

 

それにしても熱い。

彼こそ、支援界の熱男でしょうね。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

あまりの忙しさにさようなら。東大

 

f:id:smilehousejapan:20180212113342j:plain

          イメージです。こんな場所は落ち着けません

 

 

 

サポートセンターは、2月に研修会で話す機会をもらいました。

 対象は教員が主です。

 しかも、かなり勉強をされている熟練した教師たちだそうです。

 

 

 

「その方達を前にして、私たちの話が何かお役に立てるんでしょうか」と青木は言っています。

 その教師たちの中にはこのブログの熱心な読者の方もいらっしゃるそうですよ。

 

 

 「青年期の支援の実際を知りたい。」

 「いかにしてやる気を出させ、そして出させ続けて、ゴールに辿りつかせるのか」

 「日々の支援についてお聞きしたい」とのことです。

 

 

 その学習会は、何年も継続して特別支援や発達障害に携わってこられた先生がたが参加され、またその中心がとても有名な先生なのです。

青木は話が来た時から、落ち着かないと言っています。

 

 

まあ、メインはリアルヒロさんにお会いしたいそうですよ。

 しかし、今とても状態が悪いのです。

 

 

「もしヒロさんが行けなくなったら、東大さん、ピンチヒッターで登板してもらえますか」と打診を受けました。

 ヒロさんの代役など恐れ多いです。

 

 

困りました。

 

 

「おーい、ヒロさん、多分読んでいると思うけど、僕では役不足なんだ。あなたの13年間の死闘のドラマをみなさん聞きたいんだよ。どうか私を助けてくださいな。」

 

 

 一応、ボールは投げておきました。

 さて、前回の続きです。

 

 青木に買い物に付き合ってもらった後、青木から食事に誘われました。

 素敵なホテルのレストランです。

 周りはほぼ外人です。

 

 

そこだけが異空間のような感じがしました。

外の喧騒とも無縁の空間が不思議でした。

 

 席についた途端、青木の携帯が鳴りました。

 電話が取れる場所に小走りで向かう青木。

 30分後に戻ってきました。

 

 

デートなら、まず、彼女はおかんむりでしょうね。

 青木が戻り、席について注文をしました。

 注文し終わると、また青木の携帯にメールの着信です。

 

 

 

「ちょっと失礼。」と、私に会釈して、メールの返信をします。

 私も時間潰しに、会場で歌っている歌手の曲のタイトルを思い出してみます。

 

 

青木が、メールに返信します。

そのメールにまた返信が来ます。

そのやりとりが5分くらいかかったでしょうか。

 

 

 彼女だったら、「いい加減に携帯の電源を切らないの?」と言いそうだなと想像しました。

 

 

さて料理が来ましたよ。

 ああああ、見ただけで美味しいなと感じました。

人間もそうでしょうが、外見も大切ですね。

 

 

「いただきます。」と言ってナイフを手にした私です。

 

 

 青木の携帯が静かなホテルの空間に鳴り響きます。

 静寂を打ち破った不届き者の正体を見定めるべく、周りの視線が一斉に青木に向けられました。

 

 小走りにレストランからでる青木。

20分後、青木が戻ります。

 

 

「あっ」と青木の声。

 ・・・・ そうなんです。

 

 

どうしたことか、出て来た料理を私は全部食べてしまったんです。

 「あっ」と言われて我に返った私です。

 まろやかな艶やかな歌声に魅了されて、お酒も食も進んだ私でした。

 

 

こんな時間は初めてかもしれません。

本当に素敵な時間をありがとうございました。

 

 

 

大変な内容の電話だったんでしょうか。

 青木は憔悴仕切っている感じでした。

 

 

 彼女は、立ち上がり言うでしょうね。

 「今日でお別れします。さようなら。」って。

 

 

 支援は大変だなあ。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

日曜日の昼さがりに笑った57歳。 東大

  

                                           f:id:smilehousejapan:20180211171941j:plain

       

 

 

いつもヒロさんのことを気遣っていただき、ありがとうございます。

ヒロさんは、自分に起きた良いことも悪いことも包みかくさず書くと言う方針でブログを書き進めて来ました。

 

 

しかし、今回の件では、しばらく落ち着いて考えてみたいということでした。

いずれ、自分の文章で、ことの顛末を書きますので、その間はしばらくそっとしておいてくださいと言われました。

 

 

私たちは、ヒロさんが文章を書くまで待つしかありません。

たくさんの方からいただいています励ましを感謝します。

 

 

 さて、ここからは私、東大が書かせていただきます。

ピンチヒッターです。

文章を書くことにおいては、あまり信頼が置かれていないピンチヒッターですが、書いてみます

 

 

私は現在57歳。

私の写真というものはほとんどないのです。

写真を撮るような家庭ではありませんでしたので。

 

 

しかし、5年前から急に多くの写真を撮ることになりました。

サポートセンターにお世話になったからです。

講演などで、写真が必要な時に、その写真を時々見直すのですががっかりするのです。

 

 

5年前と今では写真を見るとはっきりと、歳をとったと感じるのです。

どんな時代も5年も経てば老化は始まっています。

しかし、52歳からの5年間の変わり様はとても大きかったのです

 

その5年間は、希望を見つけた私が、人生を精一杯楽しもうと心に決めてからの5年間なのです。

 

 

寄る年波には勝てず。

どんなに頑張っても57は57なのか。

 

せめて47ならば!!

自分の年のことを考えると寂しさが増して来ます。

そんなことを青木に話したのです。

 

 

お互い50代ですから、私の気持ちをわかってくれると思ったからです。

コーヒーカップを置いた青木が、言いました。

「東大さん、靴を買いに行きましょうか」

 

 

突然の申し出に驚いてしまいました。

「靴ですよ。シューズね。」

青木に促されるままに入ったお店はコンバースのお店でした。

 

 

「東大さんにはコンバースの形は合わないんだよね。」

「足のサイズは6半だったかな。」

支援している人たちの好みを覚えている青木には脱帽です。

 

 

「これがいいよ!!」

青木が選んだのはシンプルだけれどどこかおしゃれな感じのスニーカーでした。

これですか?

 

少し抵抗を感じた私です。

「そう、これ!!」

「さあ、履いてごらんよ。似合うと思うよ。」

 

 

近くにいた若い女性のスタッフに意見を求めます。

指を立てて、軽く笑顔で頷く彼女。

何か雰囲気を察したのでしょうか。

 

 

バックヤードから大勢のスタッフが出て来ました。

「あなたの為に作りました!!」

「彼女も惚れ直しますよ。」

 

そう言われて、思わず私もニコリとしてしまいました。

少し気持ちが上向いた私です。

 

 

その靴をレジに持っていったのです。

「お客様、何歳ですか?」

茶目っけ出して、聞いてみました。

「幾つだと思いますか」

 

「45歳くらいですか」

笑ってしまった私です。

「すみません、ごめんなさい。」と謝る彼女。

 

 

「30代でしたよね」

「?????」

慌てて訂正する彼女が可愛く思えました。

 

 

青木も私も声に出して笑ってしまいました。

 

 

「生きたい。1日を後悔なくいきたい。」

そんなことを感じた日曜日の昼下がりです。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします