発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

大学では優等生、社会で落ちこぼれなアスペルガーな僕 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20161229154408j:plain

 

 

 

日々失敗続きの連続。

俺の少額自信貯金も底をつき始めた。

 

 

考えすぎて眠れなくなった。

ご飯も食べられなくなった。

 

 

そうしている間も失敗は続く。

スタッフが俺の限界を悟り始めて、俺に声をかけた。

俺はハゲとスタッフとの3者面談をおこなった。

 

 

俺は聞きたかったんだ。

なぜ、こんなにも失敗するのか。

 

 

大学ではみんなから好かれていて、こんなに注意を受けることは3年時の後半からはほとんどなかった。

 

 

この違いはなんなのかって。

 

 

ハゲはその理由を2つ言った。

 

 

1つは友達との交流と仕事とでは違いが大きい。

友達との会話では、多少食い違っても大きな問題ではない。

しかし、仕事ではそれは許されない。

 

 

2つ目は英語と日本語の違いだ。

いくら英語がフィリピン人よりもうまいと言ってもネィティブほどではない。

必ず話す時に、時差があるはずだ。

 

 

日本語では会話の流れで、言って良いことといけないことがわからず、思ったまま話してしまう。

 

 

しかし、英語はそのほんのすこしのズレや、語彙の少なさから、ワンテンポ遅れる。

結果、失言が少ない。

 

 

ハゲの言葉だけでは理解できないので、そばにいるスタッフにイラストを描いてもらって、理解に務めた。

なんとなく理解できた。

 

 

俺が知りたかったのは、俺は障害者枠でしか仕事ができないのかということ。

それを聞いた。

 

 

一般就労での選択肢は少ない。

また自分にあった仕事を見つけるまでに何度も転職をしなければいけなくなるだろう。

転職するたびに気持ちが下がっていく心配がある。

 

 

ハゲはそう言った。

 

 

俺は自分の現実を思い知らされた。

到底こんな現実を受け止めることはできなかった。

 

 

「それは青木さんのみかたですよ!!」

「違う人はまた違うみかたをしますよね。」

「スタッフの◯◯さんはどう見ていますか?」隣にいるスタッフに聞いた。

 

 

彼女は沈黙を貫いた。

「くそったれ!!なんとか言えよな。」心の中で叫んだ。

 

 

「ちょうど昼食の時間なので、手の空いているスタッフを集めて、ヒロさんへのみかたを聞いてみよう。」

「ヒロさん、それが聞きたいんでしょ。」

 

 

「そうしていただけると、嬉しいです。」

急遽手の空いていたスタッフ5人がおいらの元に来てくださった。

 

 

一人一人の発言を載せはしない。

だって、みんな同じ意見だったから。

納得いかない俺は日本にいるスタッフたちにも聞いて欲しいとハゲに直訴した。

 

 

ハゲはその場で日本の事務所に電話して、日本サイドのスタッフに趣旨を話して、手の空いていたスタッフ3人に話を聞いた。

 

 

はい。同じ内容でした。

 

 

 

俺の中で強い強い怒りがこみ上げてくるのがわかった。

何もかも破壊したくなる強い衝動。

 

 

「そんなことをしても何にもならない。」

ホワイトヒロが悲しそうな顔をして、俺に語りかける。

 

 

そんな時に1人のスタッフが優しく俺に語りかけた。

 

 

 

また明日です。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

僕は程度の悪いアスペルガー 失敗つづきな日々 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170126124357j:plain

 

 

おかしい。

大学生活はそれなりにうまく過ごせたのに、今は最低、最悪の日々だ。

 

 

もちろん大学1年、2年とうまくいかないことがたくさんあった。

 

 

でもスタッフたちに丁寧に教えられて、徐々に僕は変わっていった。

大学の代表にも担ぎ出されたり、卒業式では、良いこともあった。

 

 

 

しかし、大学から一般の社会に場所を移したら、大変な日々だ。

どうしてこんなにも違うのか。

 

 

こんな失敗をした。

スタッフや支援している人がホテルに泊まったんだけれど、ホテルで水を買うととても高いので、コンビニで買っていくのが良いと思った俺です。

 

 

それで、スタッフからお金をもらってコンビニに行きました。

一人あたり、1.5Lを2本購入しました。

 

 

しかし、スタッフから言われました。

1泊だから1本で良いんだよ。

実際、1本の半分も飲みませんでした。

 

 

なぜならホテルにはひとりあたり、350ccの水が無料で2本おいてあるのです。

 

 

 

スタッフがお腹を壊したので、ポカリスウェットとゲータレードを買って来てくださいと言われました。

 

 

スタッフは350ccそれぞれ1本でも良いかなと思ったそうです。

なぜなら、1日でチエックアウトをするからです。

 

 

僕はそれぞれ1.5lを買って持って行きました。

「明日チェックアウトすると言ったよね。こんなにもいらないです。」と言われました。

 

 

ホテルに今回一人でチェックインをしました。

ホテルのスタッフは早口な英語でまくしたてました。

僕には聞き取れませんでした。

 

 

数回話した後、とても嫌な顔を僕にしました。

「もう一度ゆっくりとお願いします。」と言いましたら、

蔑むような顔で、「朝食はどうしますか」と聞いてきたので、僕はとても焦ってしまい「アババババ゛」と訳のわからない発言をしました。

 

 

同じホテルにとまっているスタッフから、「朝食は外で8時に食べるよ」と言われました。

「ここのホテルはとても高いのにとてもまずいから、もったいない。」と言われました。

 

 

僕はその足で、カウンターに言って確認しましたら、朝食つきになっていました。

 

 

「僕は朝食を頼んでいません」と言いましたら、「頼まれていますよ。」と言われたので、「上司に怒られるので、キャンセルしてください。」と強く言いました。

 

 

その時のホテルスタッフの目は悪意に満ち満ちていました。

 

 

これ以上僕が何かいうと、刺し殺されるような気がしてとても怖かったです。

なんとか朝食をキャンセルしました。

 

 

こんな感じで、やることなすこと全てうまく行きません。

なぜなんでしょうか。

大学ではうまくやっていけたのに。

 

 

それでスタッフにこの違いはなんなのかと聞きました。

また明日です。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

 

強制労働所に送り込まれる役立たずな俺。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170127123108j:plain

 

 

最近、記事を書かない日が増えてきました。

今までになかったことです。

原因は忙しさです。

 

 

 

忙しくて、記事を書く余裕がどのスタッフにもなくなりました。

 

 

「スタッフが病気じゃないのか」などと心配のメールをいただきます。

でも病気なんかしている暇はないというのが正直なところです。

 

 

それで、僕はスタッフたちと何10回もはなしあいの時を持ちました。

 

 

そして、僕は違う部署に移されることになりました。

それは、新しく始まる事業なのです。

 

 

まだ詳細は言えませんが、ただいま準備中です。

その新しい仕事なら、僕でも十分にできるということらしいです。

 

 

それならそれで僕は安心なんです。

 

 

何せ、失敗の連続でした。

「どんどん失敗しなさい。」と言われ続けてきました。

しかし、失敗する方の身になって考えてみてください。

 

 

ひとつ失敗するごとに、落ち込みます。

それが続きますと、もっと落ち込んでいきます。

スタッフは優しいので絶対に怒りません。

 

 

それどころか失敗した直後から、僕に対してその状況を丁寧に整理して説明してくれます。

さすがの僕でも、わかるように説明してくれます。

それは喜ぶべきことなのでしょうね。

 

 

でも僕はもっと落ち込みます。

なぜならスタッフのみなさんの足を引っ張っているだけですから。

こんな僕でもみなさんのお役に立ちたい。

 

 

お役に立ってスタッフの皆さんに喜んでもらおうと意気込んでやっているんですよ。

しかし、結果は失敗の連続。

 

 

今のこの忙しさの原因は僕にあることは明白です。

スタッフが少しの時間を見つけて、椅子にもたれかかっています。

ふと見直すと、寝息を立てて寝ています。

 

 

このスタッフはこんなにも頑張っているのにおれは何もしていない。

自分の不甲斐なさに涙がでそうになります。

 

 

 

役に立たないということはとてもとても辛いものなのです。

 

 

青木さんに直接電話して謝りました。

「お役に立てなくてごめんなさい。」って。

 

 

「大丈夫だよ。何も心配しなくてもいいよ。」

「・・・・・・。」

「あのさ、あんた本当のことを言ったらどうなんですか?」

 

 

急に怒りが湧いてきた。

 

 

「バカヒロにはこの社会に居場所はないんだって、いえば良いじゃないですか。」

「施設に入って一生暮らすしかないんでしょ。どうせ。」

「俺はバカなんだって。」

 

 

「バカは生きていてはいけないんだ。」

「ヒロさん、誰がバカなの?」

 

 

「ヒロさん、バカは生きていてはいけないの?」

「役に立たない人間は廃棄処分にするべきなんだ。」

 

 

「それが俺なんだ。」

「怖い夢を見たんだ。」

 

 

政府の役人たちが、一人一人の情報カードを見ながら、不適切な人間を捕まえているんだ。

俺の住む家にも来たんだ。

 

 

なぜか青木さんが出てきて、俺を必死にかばうんだけれど、反逆したということで、青木さんは殺されてしまうんだ。

 

 

そして、俺は他の役立たずな人間たちと一緒に一箇所に集められた。

 

 

そうして俺は、俺にふさわしいと判断された職場に送り出される。

原子力事故の現場に送り出された俺。

防護服はお粗末なものだった。

 

 

次々体調に異変をきたし倒れていく仲間たち。

ここから逃げなきゃ!!

一生懸命走るんだけれど、全然前に進まないんだ。

 

 

 

僕は怖い夢を見たんだ。

夢は僕の気持ちを表していたと思う。

 

 

僕は周りから散々否定されて育った。

だから世間をこの社会を憎んで生きてきた。

「めちゃくちゃにしてやる。」そんな思いで僕は生きてきた。

 

 

明日にします。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

中学から不登校で20年間ひきこもった人の現状 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170622105437j:plain

      お綺麗な先生と楽しく勉強するMr.Joe

 

 

Mr Joeはスタッフ研修ということで、あちらこちらに他のスタッフたちと一緒に行きました。

そこで、Joeは大失敗をしてしまいました。

 

 

その失敗の中身はちょっとお話はできないのです。

しかし、やっちまいました。

 

 

そして、その失敗がどれだけ他のスタッフに迷惑をかけたかが、わからないMr.Joeでございます。

 

 

で、あやつの登場でございます。

でたあなあ!!

 

f:id:smilehousejapan:20161112135431j:plain

 

 

2週間毎日30分程度Mr.Joeとお話をしたのです。

1回につき会話は30分が限界です。

 

 

そして、ご飯を食べた後が一番話を聞き取れるということがわかっていますのでそうしたのです。

 

 

また、聞く能力が人に比べて著しく低いMr.Joeですから、スケッチブックを持参しまた、アニメを書くのが得意なスタッフも同伴しました。

 

 

そして、話を進めて、その補助として絵を描いていきます。

最後にはもう一度彼に復唱させるのです。

 

 

 

そして、数時間後に今日の話で何を感じたかを30字程度で書かせてメールをさせます。

 

 

この数日Mr.Joeの行動に変化が起きてきました。

人を気遣うという姿勢が見え始めたのです。

あああ、こうして人は成長するものなのですね。

 

 

それでもいろいろな問題が起きてきます。

Mr.Joeはこの6月から学校に行くことになっていたのです。

 

 

彼はネイチャーガイドになるという強い信念があります。

それでダイビングの免許やサーフィン、ジャングル探索などをしてきました。

またこれからもどんどんする予定です。

 

 

しかし入学予定の学校を訪問しましたところ、急に態度がおかしくなりまして、急遽学校から退却した次第です。

「昔の嫌なことが急に襲ってきた。怖かった。」とのこと。

 

 

その内容を聞きましたが、答えてはくれませんでした。

スタッフ会議が何度も開かれました。

 

 

僕たち側から見れば、観光学科に進学して2年間でいろいろな資格を取ればこの先の励みになる。

そう考えていたのでございます。

 

 

そして、英語とビサヤ語の学校にも行けなくなりました。

急遽、本人と話し合い、まずは家庭教師から始めるということに落ち着きました。

 

 

「ここは、日本じゃないので、誰からも責められないし、追い立てられないですよね。」

「しかし、突然嫌な記憶がどこからかやってきたので、パニックになりました。」と話すMr.Joe

 

 

 

20年という長い年月、家族以外の人とのコミニュケーションをもたなかった。

いや、持てなかった。

 

 

自動車免許を取りに行ったが、教官の言っていることがわからなかった。

そして怖くなって、行けなくなった Mr.Joe。

 

 

 

Joe !!Mr.Joe 立つんだ!!

立つんだ、Mr.joeよ。

 

 

 

僕たちの夢をつかむために。

あしたの、あしたの夢をつかむために!!

 

f:id:smilehousejapan:20170622105813j:plain

       やる気はすごいですよ!!  頑張れ

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

 

アスペで不登校児の挑戦 留学初日後半戦 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170619090844j:plain

         みんな笑っている、これが日本の高校と違うところかな。楽しいんだから!!

 

 

 

授業が終わるのを待っていたスタッフたちが目の前の光景に驚きました!!

 

 

アメリカンボーイが他のクラスメイトたちと輪になって、校門をくぐったのでございます!!

 

 

思わず小さなガッツポーズをしたスタッフたちをおいらは見逃さなかった。

 

 

クラスメイトとどこかに行くのかどうかを見届けていたスタッフたち。

彼の気持ちを尊重することからです。

 

 

大通りの手前でクラスメイトと別れた彼にスタッフが近づき、素敵な笑顔でこう聞きました。

「お疲れ様、疲れたでしょ?」

 

 

「so tired !!」

「juice Please !!」

 

 

頑張ったもんな。

16歳で異国の地に来てわずか1ヶ月で、言葉が通じない高校に1日いたわけだから。

昔の自分を思い出して涙するおいらです。

 

 

スタッフと彼を乗せた車を見届けてから、おいらは高校の事務所に向かったのでございます。

久しぶりの我が母校。

 

 

お世話になった先生たちがおられました。

僕の顔を見るなり手を挙げてくださる先生たち。

「ヒロ、long time no see !!」

 

 

ありがたや、ありがたやでございます。

僕が何しに高校の事務局に行ったのか?

はい、彼のフォローアップでございます。

 

 

「ヒロ、あなたを担当したスタッフも優秀だったけれど、今のスタッフもとても熱心だよ。」

「何度も、何度も、事務所に来て、アメリカンボーイのことを一生懸命伝えていたからね。」

 

 

「アメリカンボーイ?なんで知っているんですかそのニックネーム」

「彼は何かと言うと、アメリカ!!アメリカ!!って言っているから、だからアメリカンボーイ」

 

 

すでに浸透していたのか。

 

 

さて、先生たちにもご挨拶を済ませて、僕はアメリカンボーイが休憩している喫茶店に向かった。

途中でスタッフから連絡が入った。

 

 

アメリカンボーイを担当している一人のスタッフが過労のためダウンしたんだ。

急遽違うスタッフが彼について、僕は事務所のお留守番となった。

 

 

倒れるまでの支援の大変さ。

おいらには到底できないであろう支援。

おいらができることは、単純作業しかない。

 

 

スタッフが倒れたと聞き、改めてこの支援の過酷さを垣間見た俺だった。

 

 

「でも、安心ですよ!!」

「よかった、よかった。」

 

 

 

「何が安心なんだ。」

「たった、1日学校にいけただけなのに。」

f:id:smilehousejapan:20170621102938j:plain

 

 

サポートセンターの「リバァイ」と呼ばれている団長がおいらに釘をさした。

(空想はやめましょう。誤解する方がいますよ。by スタッフ)

 

 

「僕らの旅はまだはじまったばかりなのだから。」

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

  

実録、不登校少年のフィリピン留学初日 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170415104442j:plain

 

 

お久しぶりでございます。

充分お休みをいただきました、僕です。

 

 

その間にも、スタッフたちの手はとまってはいません。

 

 

昨日、アメリカンボーイこと天才少年君がおいらの卒業した高校に入学したのです。

とてもめでたいことですわ。

 

 

スタッフたちは、いつ連絡が入っても、すぐに彼のいる教室に飛んでいけるようにと近くの喫茶店で待機していたのであります。

 

 

今朝、昨日のコーヒーで胃がいたくなっているスタッフたちでございます。

 

 

喫茶店で、「どうか今日1日、彼が楽しく過ごせますように。そして授業が終了する5時に彼と会った時に、笑顔が見られますように。」と祈っておったスタッフたちです。

 

 

「お昼になったら一緒にご飯を食べよう。11時45分には教室に行くからね。」と念を押して、彼にも復唱させたのです。

11時45分ちょうどに教室に行きました。

 

 

すでに授業は終わっていました。

彼の姿が見えません。

クラスメイトに写真を見せて見かけなかったかと聞きました。

 

 

ある女生徒が「授業が終わったら全速力で走って行った。」と言いましたので、スタッフたちはその方面に探しに行きました。

いません。

 

 

もう一度教室に戻り、クラスメイトに聞き込みをしました。

「怖い顔をして全速力で教室を出て行った。」という証言にスタッフたちの顔が青ざめました。

 

 

我慢できずに走って逃げたのでは?

そう思ったスタッフたちは応援のスタッフを呼び、3手に別れて彼を探しました。

 

 

10分、20分とすぎた時に、一人のスタッフが彼を見つけたのです。

 

 

はい、マクドナルドで一人、ビックバーガーを頬張る彼を発見したのです。

すぐにスタッフたちは集結して、「とにかく刺激を与えないこと」を確認しました。

 

 

レッドデーターブックに指定された動物を数十年振りに発見した、探検隊の心境ではなかったのでしょうか。

 

 

再び逃走しないように、2ヶ所の出入り口にはすでにスタッフが陣取っています。

 

 

「◯◯さーん。こんにちわ。さがしましたよ。どうしたの?」

次の一言に私たちスタッフは衝撃を受けたのです。

 

 

「お腹がすきずぎて、倒れそうだった!!」

 

 

4時間前の朝食で、パンを3個も食べただろう!!

それでも腹が減ったのか?

 

 

「すみません、お昼にしていいですか?」

「????」

って、そのビッグマックはお昼じゃねえのかよ !!(ヒロ、心叫びです。)

 

 

その後、再び違うところに行ってちゃんとお昼を食べた彼です。

 

 

そうして早々とクラスに帰って行きました。

「フィリピンの高校の印象は?」というスタッフの知りたかった質問には何も答えずに。

 

 

1,000字になりましたので、また明日です。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

 

 

30年のひきこもりからの回復、大将の場合 まる

f:id:smilehousejapan:20170221102409p:plain

 

 

 

 もうひとりご紹介します。

50代の男性です。

みんなから大将と言われています。

 

 

我かんせず、マイルールで日常生活を歩んでいる人です。

お腹を壊しやすいので、腹巻をいつもしています。

その姿から、大将と呼ばれています。

 

 

そんなニックネームを他のお世話を受けている人たちからつけられましたが、本人は結構気に入っているみたいです。

 

 

さて、大将です。

大将は大学を出ましたが、就活に失敗しました。

というより、1社しか受けなかったそうです。

 

 

正確にいうと、怖くて1社だけしか受けられなかったそうです。

就活に失敗してからはアルバイトをしていましたが、数週間で怖くなってやめてしまったそうです。

 

 

アルバイト先では周りに、弁護士になる勉強をするために就職はしなかったと嘘をついていたのが、何かが原因でバレてしまい、アルバイト先にいずらくなったと話してくれました。

 

 

それ以来、自宅にひきこもっていましたから、30年近くひきこもっていたことになります。

 

 

東大さんにしてもそうですが、自宅からほとんど出ずに、30年間近く暮らしていたということが、私には想像がつかないのです。

 

 

もちろん私も、人生につまづいてひきこもっていたのですが、それでも30年間というのはあまりにも長すぎると思ってしまいます。

 

 

3年前にお世話の依頼がご親戚からありました。

お父様はすでに他界されていて、お母様とご本人の二人暮らし。

高齢のお母様にひどい言葉の暴力が出て困ってみえたのです。

 

 

見るに見かねたご親戚の方が相談されたということです。

30年近くひきこもった東大さんが前向きに過ごしていることにお世話の期待を寄せられたのです。

 

 

さて、手紙を書きましたら、数日後大将から事務所に電話がありました。

「一度会って、話をしませんか?」と電話口で言われました。

 

 

大将の口ぶりから、大将が支援者で、私がひきこもっている当事者なのかなと一瞬感じました。

 

 

30年間引きこもっていたにしてはあっさりと第三者とつながりましたので、私たちは大変驚きました。

 

 

2時間の面談予定が、4時間近くになりました。

ご親戚の方に状況をご報告して、納得してもらい、お世話が始まりました。

 

 

1週間後から名古屋事務所に来てもらう予定でしたが、面談した翌日に勝手に来られてしまいました。

それも始発に乗って、事務所に着いたのが朝6時過ぎ。

 

 

事務所がある建物の前でラジオ体操をされていました。

後でわかったのですが、小学校以来、毎朝欠かさず、ラジオ体操をしているそうです。

 

 

お昼は毎食唐揚げを食べるそうです。

事務所で食べると匂いがこもるので外で食べますと言われたのは良いのですが、20階ぐらいの非常階段に座って食べているのを私が発見して驚いてしまいました。

 

 

タイムカードは午後5時ピッタリに押さないと気がすまない性格です。

 

 

4時55分にはタイムカードの前に陣取り、その時を待ちます。

5時ちょうどに押しましたら、再び職場に戻り5分間だけ延長して、靴を履いたら、ダッシュで駅に向かいます。

 

 

一度駅から事務所に戻る途中、向こうから血相を変えて、走ってくる人が見えました。

 

 

あぶないと思った私は、道をあけました。

すれ違った時に、それが大将だとわかりました。

 

 

「大っ」と言う前に私の目の前を通り過ぎてしまった大将。

小さな駅のホームですごいスピードで通り過ぎる新幹線を見ているような感じでした。

 

 

そんな大将が希望を持って頑張っているのです。

続きは明日です。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。