読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害を持って生まれてきて良かったですか? ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170420085118j:plain

 

 

発達障害者として生まれてきてよかったか?」

以前僕がおこなった講演会の後で、聞いてくださった方から質問されました。

 

 

その時は「わからない。」だった。

その「わからない。」は「考えがつかない。」という意味だったと思う。

 

 

今、同じ質問をされても答えは同じです。

「わからない。」です。

しかし、6年前の講演会の時とは感じ方が違います。

 

 

大きな違いは、「他人様と繋がった。」ということです。

そして「その他人様は、僕を認めてくださっている。」ということです。

 

 

 

僕はIQが低くて、小、中と学校にもほとんど行っていなかった。

 

 

だから勉強は恐ろしいほどできなかった。

「死んでも勉強なんかするものか」が僕の口癖だった。

 

 

そんな僕は日本からフィリピンに移り住んだ。

そして、たくさんの優しい人たちに囲まれながら励まされ続けた。

 

 

いつしか「高校を卒業してみたい。」

そのために「勉強を頑張ってみよう。」となった。

しかし、そこから大変な目にあう。

 

 

もちろん自分が選んだ道なんだけれど。

「わからない。わからない。何もかもわからない。」

「僕は頭が悪い。みんなより劣っている。」

 

 

一時そんな考えが僕の全てを支配していた。

 

 

しかし、周りで僕を支えて励ましてくれた人たちの思いが僕の頑なな心を打ち崩したんだ。

 

 

僕は、「やってやる。何がなんでも高校を出てやる。それしかない。」

 

そう決意した。

 

 

そして、それから7年間という月日が流れた。

 

 

僕は今年の春、フィリピンの大学を卒業した。

ひとつのことをやり遂げたんだ。

今までの僕が、決してできそうもなかったことをやり遂げた。

 

 

その過程はこのブログで書き綴ってきた。

7年間。

それは僕の戦いというより、たくさんの人たちとの勝利のような気がする。

 

f:id:smilehousejapan:20161125094116j:plain

f:id:smilehousejapan:20161015161602j:plain

f:id:smilehousejapan:20150101004812j:plain

f:id:smilehousejapan:20140625133501j:plain

 

 

僕一人では立ち向かうことはできなかったんだ。

定型発達だったらこんな体験をできただろうか。

そう思うと、この体験は貴重だと思いました。

 

 

しかし、僕には大変さが未だにあるのです。

少し前から、自分の大変さを皆様にお伝えしてきました。

 

 

この大変さは、これからも僕を悩ませ続けるでしょう。

職場での人間関係。

奥さんや子どもたちと心を通わせることができるのか。

 

 

 

発達障害者として生まれてきて、良かったですか?」

「わからない。」

それが今でも僕の答えです。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

程度のわるいアスペルガーな僕と彼 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170311125046j:plain

   こんな人が僕の彼女なら、引っ張って行ってくれるのにな。

 

 

 

東大さん、ありがとうございました。

おかげで、休むことができました。

 

 

東大さんは文章を書くことが下手です。

文章を書いてと頼まれると、フリーズしてしまいます。

だから、練習に次ぐ練習をしています。

 

 

そんな中、2日間も書いていただき、ありがとうございました。

 

 

なんでも最初の記事は今までで一番多くのアクセスを獲得したということです。

 

 

それほど皆さん、関心を持っていただいたのでしょう。

でもそれは「東大卒ですがひきこもりました。」というタイトルの勝利なだけです。

 

 

さて。

 

smilehousejapan.hatenablog.com

 

 

そして、これもお読みくださいな。

 

smilehousejapan.hatenablog.com

 

 

 

 

この出来事が起きた後、スタッフと長時間に渡って話し合った僕です。

スタッフの皆さんは僕のどんな態度に驚いたかということについてです。

 

 

説明を長時間受けてスタッフの皆さんがどんな違和感を感じていたのかを今は、わかりましたよ。

 

 

しかしほんと、大変ですわ。

僕みたいな状況の人たちが日本の社会に溶け込んで生きていくのは大変ですよ。

無理じゃないのかなとも思ってしまいます。

 

 

僕は日本で生活していないのと、理解ある人たちに囲まれているので、なんとかひきこもらずに社会生活を送ることができています。

 

 

日本で一人でしたら、もうかれこれ10年は誰ともコミニュケーションを持てずに、家でじーっとしていたでしょうね。

 

 

それほど大変なんですね、僕の状況は。

やっぱり、「程度の悪いアスペルガー」ですよ。

 

 

 

そんな中。

今支援を受けている一人の人が、僕のブログを読みました。

そして、スタッフにこう質問をしたのです。

 

 

「なんでヒロさんは賞状を受け取らなかったんですか?」

「うん??」

 

 

でたあ!!

まあるい、まあるい、まんまるいお盆のような月が!!

 

 

♪〜 ドン、ドン、ドン。

  それえ、ドン、ドン、ドン。

  ドン、ドン、ドンのドン、ドン、ドン

 

 

はあー。

これは大変だ!!

 

 

「姉さん、事件です。」

 

 

今はとても重い気持ちでいます。

10年間寄り添い続けてもらってもこの程度です。

正直疲れてもいます。

 

 

どれだけやっても社会に溶け込めないんじゃないのかって、「死んでしまいたい。」という気持ちにもなりました。

 

 

もうだめなのかもしれない。

障害者枠で就労させてもらったほうがよかったのかもしれない。

とにかく、少し不安定になっています。

 

 

 

また休ませてもらうしかない。

ほんと、ごめんなさい。

励まさないといけないのに、役たたずでごめんなさい。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

まずはありのままを受け入れてください。大野隆

f:id:smilehousejapan:20170106111431j:plain

     サンタになって全国を訪問させていただきました。

 

 

 

昨日のブログにはたくさんの方からのアクセスをいただきました。

ありがとうございます。

 

 

そんな中で、私と同じような状況のお子さんをお持ちのお母様からのメールが数件ありました。

 

 

何十年もひきこもっている子どもを目の前にして、親としてどう接して良いのかわからない。

お母様方の悲痛な叫びが聞こえるようでした。

 

 

つい、「このままで良いと思っているの?」「みんなは働いているのになぜ働かないの?アルバイトでもいいんだよ。」そんなことをお子さんに口走ってしまいますよね。

 

 

ヒロさんも何度も書かれていることです。

 

 

本人はわからないのです。

どうしたら良いのか。

何をしたら良いのか。

 

 

いや、もう手遅れだ。

同世代の人たちは、大学を出て、会社に勤め、結婚をし、子どもにも恵まれている。

それに比べて自分は何もない!!

 

 

この差を埋めることはもうできっこない。

いや、弁護士になれば1発逆転できるはずだ。

今から、地方大学の医学部に入り、医者になれば、卑屈にならなくてもいい。

 

 

しかし、何も行動を起こせなかった私です。

30年間何もできなかった私です。

 

 

食べて、寝る。

その繰り返しの30年間。

 

 

そのことを思い返してみますと、今でも心臓を掴まれるような痛さを感じます。

 

 

私の母は私を追い立てるようなことはしませんでした。

いいえ、一度だけ、私に「このままでいいの?」と問いかけたことがありました。

30年近くで一度だけです。

 

 

後で、違う方から聞いたところによると、その時私の顔つきが変わったとのことです。

なんとも言えない悲しみや不安が私の顔に出ていたそうです。

 

 

それ以降、母は私に何も言わなくなりました。

ありのままの私を受け入てくれたのです。

 

 

 

その結果、私は30年間一度も暴れたり、暴言を家族に吐いたことはありません。

しかし、私は30年間近くひきこもってしまったのです。

 

 

 

「お子さんのありのままを受け入れ続けたらいつか自立できる。」ということはないと思います。

本人が抱える問題は、そんなに簡単なことではないのですから。

 

 

 

しかし、まずはお母様方にお願いしたいのです。

お子さんを追い立てずに、いまの現状をまずは受け入れてあげてください。

 

 

そこからまずはスタートしてみませんか。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。    

東大卒ですがひきこもりました 大野隆

 

f:id:smilehousejapan:20160915021647j:plain

 大野隆56歳。東大卒業。東大大学院修士課程修了後30年間のひきこもり。

 

 

 

ご無沙汰しております。

大野隆です。

私の最近の状況をご報告いたします。

 

 

ヒロさんが一人でブログ更新を頑張っているので少しお休みをあげたいなと思いました。

 

 

私は今学校に通っています。

今年の8月で終了して、早ければ今年の11月から学校の先生として働きます。

 

 

実は今年の2月に高校生の家庭教師を依頼されていました。

しかし、その生徒は非常に優秀でして、私はあまり必要がないかと感じていました。

 

 

その後、その高校を卒業した人たちを新規にスタッフとして雇うことを団体が決めましたので、突然、進路を変更しなけれはなりませんでした。

 

 

それで、予てから予定していた学校の先生になる準備に取り掛かったのです。

錆び付いていた私の頭に油を差しながら、毎日頑張っています。

 

 

 

早ければ、今年の11月から教壇に立てる可能性があります。

 

 

しかし、英語と現地のビザヤ語のスキルアップを図りたいので、来年の6月からとも考えています。

 

 

それにしても今の自分が信じられないのです。

30年近くひきこもっていた私です。

 

 

つい4年前までは自宅からほとんど出ることもできずに、じーっとしていた自分。

 

 

50歳を超えて、生きている意味さえ見失い、存在を消し去ろうとしていた自分。

 

 

その私が、外国の教壇に立って、フィリピンの青少年たちに勉強を教えるなんて、まったく想像もつきませんでした。

 

 

その扉を開けてくれたのが、この団体です。

私への支援もスムーズには進まなかったことをおわびしたいです。

 

 

ヒロさんが書いていたように、誰にでもプライドや不安があるのです。

 

 

 

もしまた失敗したらどうしよう。

そう思うと萎縮してしまいます。

 

 

「やってみよう」と言われて、うまくできなかったら、笑われてしまうのでは?

そう想像すると、体も心もフリーズしてしまいます。

 

 

しかし、忍耐強く私が動きだすのを待っていてくれたスタッフたち。

 

 

暴言に近いような発言にもただ笑顔で答えてくれた日々。

過去を振り返りますと、ただ感謝の一言です。

 

 

私は今、新しい人生を生きています。

 

 

確かに、私はダメ人間でしょう。

「東大大学院まで勉強をしてきて、貧しい国の小さな学校の先生をやるなんて。」と蔑まれることもあるかと思います。

 

 

しかし、問題は私が幸せかどうかなのです。

それは決して、他人が決められることではないのです。

 

 

私は今、幸せです。

もう2度とひきこもることはないです。

それで十分なのです。

 

 

これからの私には夢もあるのです。

家庭を築いてそして子供の成長を楽しみに生きて行く。

そんなありふれた幸せを今は待ち望んでいます。

 

 

その前に、最も大変な、結婚する相手を探さないといけませんが。

「結婚が支援の中で最も大変な事柄なんだ。」と青木は言います。

 

 

さて、そんな青木に僕の結婚相手も一緒に探してもらうつもりです。

 

 

今、56歳です。

年齢にとらわれないで生きていきたいと思います。

 

 

 

こんな私でも全国から訪問依頼を頂いています。

しかし、今は自分の将来に関して集中したいので、申しわけありませんが、お受けできません。

 

 

ごめんなさい。

 

 

私は思うのです。

私の日常の頑張りが、過去の私と同じような状況にある人たちへの最大のエールだと。

 

 

「東大卒ですがひきこもりました。」

近日中にこのタイトルでブログを始めたいとも思っています。

 

 

どうぞ応援をお願いします。

 

 

「諦めなければ希望はいつまでもある。」

そう確信している私です。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。  

 

子どもと距離を置いてみる。 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20150104125935j:plain

 7年前、嫌々やった初めてのボランティア。悪態ついてごめんなさい。

 

 

 

いらいらさせる天才児。

こんなことを言われたことがある僕です。

 

 

僕を育ててくれた母親の大変さ。

申し訳なく思っています。

 

 

母は僕をなんとかしようと、僕のことを思っていろいろとしてくれました。

しかし、どうしようもできませんでした。

 

 

状況は悪くなるばかりで、最後は完全にひきこもってしまいました。

 

 

やがて他の家族にも影響が出てきたので、僕は母親と離れて生活することになりました。

今になって、思えばそれは大正解だったと思いますよ。

 

 

距離を置くことはとても大切だと思います。

一時的に子どもさんと、離れてみるのも良いかもしれません。

もちろんそれにはなにかの理由が必要ですが。

 

 

家庭内においても、距離を置く。

物理的に距離を置くことは家庭内ではできませんよね。

だから、どうすれば良いかというと。

 

 

お母さんが自分のことを考えてみる。

それが良いみたいです。

 

 

1日中、いらいらさせられているお子さんのことを少し置いておいて、自分のことを考えてみる。

 

 

美容院に行ってもっと美しくなる。

お友達と一緒に映画を見に行く。

忘れかけていたお母さんの笑顔を、少し取り戻してみてください。

 

 

子どもだって、朝から晩まで、お母さんに監視されているような感じは嫌だと思います。

大変な状況でも、お母さんが笑う努力をしてみることは良いと思います。

 

 

すぐに効果が出るわけではないですが、続けてみると、子どもも落ち着いてくると思いますよ。

今すぐに、どうにかなんていうのは無理ですよ。

 

 

「支援には時間がかかるものだ。」とお母さんが、思ってくれさえすれば、目の前のお子さんの見方も変わってくるのではないでしょうか。

 

 

すみません、えらそうなことを書いています。

でも、これは全て、僕の体験談なんですから、お許しください。

 

 

「お母さん、まずは笑っていてくださいよ。」なんて書いている自分が気恥ずかしさでいっぱいです。

 

 

さて、本日も頑張って寄り添ってきます。

 

 

今本当に感じるのは、「支援している人たちが、素直に言うことを聞いてくれれば、どんどん回復に向かっていくのになあ。」ということです。

 

 

でも、本人さんたちのプライドが許さないんですよ。

「また失敗したらどうしよう。」ということで、なかなか、動き出せない人もいますね。

 

 

まあ、僕もめちゃくちゃでしたからね。

前にも書きましたが、ボランティアに連れて行かれたんですけれど、「馬鹿らしくてやってられるか。」と、逆ギレしてしまいましたよ。

 

 

悪態をスタッフたちや台風で家を失った子どもたちの前でついてね。

 

 

はあ、ほんと、思い出すと情けない。

大変馬鹿な俺でした。

本当に、ごめんなさいでした。

 

 

それではまた明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。  

 

こんな支援をしています。ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170206094755j:plain

 一緒にご飯を食べるのも支援です。マナーができていない人多いんです。

 

 

昨日の続きです。

 

 

回るテーブルがない中華料理屋にみんなで入った。

みんなが各々好きなものを頼み、みんなでシェアーしようということ。

 

 

次から次へと熱々の料理が運ばれてきた。

店員さんが運んできた料理に真っ先に手をは伸ばし、料理を奪うようにして自分の前に置いた人がいた。

 

 

運ばれてきた料理をじーと見つめて自分の好みでない料理の皿は僕たちの方へ移動させた。

 

 

青木さんが少し大きな声で言った。

「僕がみんなに料理を分けますよ!!いいですか?」

 

 

「トクさん、いつもありがとうございます。」

そう言ってトクさんにまずは料理をお分けした。

トクさんは70代の爺さんスタッフ。

 

 

トクさんの次は50代のスタッフ、そして40代。

「あれどちらが年上だったかな。」

AスタッフとBスタッフに聞く青木さん。

 

 

「同年齢なんですが、私が数ヶ月先に生まれてます。」

「そうなんだ。女性にでも年上を尊重するということをしないとね。」

 

 

「えーっと、次は誰かな。そうそう、◯◯さんだったよね。」

青木さんはそう言うと、◯◯さんに料理を分けた。

 

 

「しまった!!事務所に電話するのを忘れた。あとは、◯◯さんやってくれないかな。お願いします。」

 

 

こういう時の青木さんの声はとてもとても優しくて綺麗な声をしている。

 

 

 

「えーっと、えーつと。」明らかに戸惑っている◯◯さん。

「トクゾウです。わしはオンとし77のラッキー年じゃあ。」と言いながら手を挙げた。

 

 

◯◯さんはトクゾウさんに料理を分けた。

しかし、半分以上もトクゾウさんにあげたから、トクゾウさんが「こんなにもいただいて光栄じゃ。しかし、わしはジジイじゃから、そんなに食べられないです。」と言って少し返した。

 

 

「はい、次は僕です。」と言って50代のスタッフが手を挙げた。

 

 

「分けるっていうのは、難しいけれど、分けてもらうとなんか嬉しいよね。」

「そうそう、大切にしてもらっている気分になるから嬉しいよね。」とスタッフが上手い感じで話した。

 

 

青木さんが外から帰ってきた。

「ありがとう、◯◯さん。うまく配分できているね。これから◯◯さんにこの役をやってもらおうかな。」

 

 

そう言われて、◯◯さんは下を向いて、じーっとしていた。

 

 

それから、みんなで食事に行く時は、◯◯さんが配分の担当になった。

数年くらいかけたら、◯◯さんは普通にできるようになった。

 

 

というお話。

 

 

まあ、僕も同じようなやり方で、学んできました。

知らないことが多すぎて、そのことで社会に溶け込めない人がいます。

発達障害でも定型でもいますよね。

 

 

だったら、できるようにしていくだけです。

学ばせるには、実際にその場で教えていかないといけないんですよね。

スタッフ達と大勢で食事に行き、その場で教える。

 

 

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』

 

まさに、これを青木さんはやったわけです。

 

 

支援をする為の環境を中華料理で作ったわけです。

 

 

トクゾウさんにもお願いして食事に来てもらい。

70代、50代、40代、30代と違う年齢のスタッフを集めた。

みんなで、事前に打ち合わせをした。

 

 

「ヒロさん、これが支援なんだよ。」

青木さんが、自信満々に僕に話してくれた横顔を、僕は忘れないんだな。

 

 

 

明日も同じようなことを書きたいです。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。  

 

発達障害を必要以上に難しく考えすぎないで ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170411100750j:plain

   みんなで外食して食事を取ることもまたマナーの練習なのです。

 

 

誤解しないでくださいよ!!

アスペルガーの人すべてがこんなんじゃないです。

アスペルガーと言っても社会にうまく溶け込んでいる人。

 

 

または下記のような特性を何とかコントロールして社会に溶け込んでいる人。

いろいろな人がいます。

 

 

でも下記のような特性を持ち、うまくコントロールできていない人たちもまた大勢いると思うんです。

 

 

要は自分の何が問題なのかを気づき、その対処をするということだけなんでいよね。

 

 

発達障害を必要以上に難しく考えすぎない。」

これ大切です。

 

 

僕が言いたいのは、こんな現状があるということを皆さんに伝えたいだけです。

 

 

しかし、うちの団体では下記のような特性の人たちがとても多いです。

何と言いましても、僕が過去そうでしたからね。

 

 

 

昔のこと。

みんなで中華料理屋に入ったんだ。

テーブルが回るやつです。

 

 

それぞれが好きな料理を注文して、みんなで分け合おうということになった。

 

 

次から次へと料理が運ばれてくる。

回るテーデルに置かれた料理を真っ先に、自分のところへ回して取るやつがいた。

 

 

次から次へと運ばれてきた料理を我先に取る姿に、スタッフたちも困惑した。

すこしの間、そいつの好きなようにさせていたスタッフ。

 

 

しびれを切らせたスタッフがそいつに話しかけた。

「ヒロさん、少し話を聞いて欲しいんだけれど。」

「あのさ、食事中の話はマナー違反だよ。後にしてください。」

 

 

「ヒロさん!!ヒロさんこっち見て!!」

「だから、食事中に話しかけるなよ!!何度言ったらわかるんだ!!」

 

 

スタッフ全員がテーデルから離れてどこかへ行ってしまった。

 

 

「はあ、わけのわからん奴らだ。ばかじゃねえの?何が起きたかわからんけどな、へそ曲げやがって。」

 

 

「しょうがねえ奴らだ。」

おいらはスタッフたちを探した。

 

 

スタッフたちはレストランの外のソフアーで話し合っていた。

「はい、はい、おいらが何かまたしでかしたんですよね。」

 

 

「今度は何ですか?」

「話を聞きゃあいいんでしょ。」

 

 

3ヶ月ほど前のこと。

どうしてもこの料理をを食べたいという人がいた。

その人が調べたレストランにみんなで入った。

 

 

 

青木さんはそのレストランの存在を知らなかった。

青木さんが知らないということは、美味しいくないということだ。

レビューもゼロだった。

 

 

予想していたのと雰囲気がずいぶん違っていた。

出された料理も美味しくない。

そこに行きたいと言った人、かなり落ちこんだ。

 

 

 

みんなで、雰囲気を盛り上げようとしたいたのに、その人が言った。

「美味しくないから食べたくない。」

 

 

「それをいっちゃあ、おしまいよ。」と寅さんの声がどこからか聞こえた。

 

 

いつかは忘れてしまった。

回るテーブルがない中華料理屋にみんなで入った。

みんなが各々好きなものを頼み、みんなでシェアーしようということ。

 

 

次から次へと熱々の料理が運ばれてきた。

真っ先に店員さんに手をは伸ばし、料理を奪うようにして自分の前に置いた人がいた。

 

 

運ばれてきた料理をじーと見つめて自分の好みでない料理の皿は僕たちの方へ移動させた。

 

 

青木さんが少し大きな声で言った。

「僕がみんなに料理を分けますよ!!いいですか?」

 

 

明日に続きます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。