発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

英語を使って、外国で働き暮らすという僕たちの選択。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20100104121700j:plain

練習風景です。2009年頃

 

昨日の記事に多くの方からの反応がありました。

8対2ぐらいの多さで「はっきりと指示を出さないのが、おかしい。」と言ってくださいました。

 

 

いつか、世の中がそのようになってくれたら、もっと生きやすくなりますよね。

たくさんの励ましのメールをありがとうございました。

 

 

さてと。

 

 

英語を使って生きていく。

とても楽なのです。

理由ですか?

 

 

日本語は最後まで聞かないと何を言いたいのかわかりません。

 

 

でも最後まで聞いていると、最初に何を言っていたのか忘れてしまいます。

 

 

また敬語ですよ。

勘弁してください。

ほんと、僕のような程度の悪いアスペルガー人間には日本語はうまく扱えないのです。

 

 

僕は、(日本語で話されるとやはり、理解できなかったんだ。)と言うことが最近になってようやくわかりました。

 

 

これは東大さんも同じです。

 

 

東大さんは、会話を聞き取ることがとても苦手な人なんです。

それで、いつも会話をメモしています。

そのあと、メモしたものを声に出して読んでいます。

そこまでしないとダメらしいです。

 

 

しかし、英語だとそれらの作業をしていません。

必要ないらしいです。

 

 

「英語ってとてもシンプルで、論理的な思考にはとても良い言語だと思います。」と言っていた。

僕には東大さんが何を言っているのかさっぱりだったけど。

 

 

日本語のような曖昧さがない。

とてもシンプルな言語。

 

 

 

感情が出しやすい。

主語が先に出てくる。

単数形か複数形かわかる。

 

 

そして、僕は英語でコミニュケーションをとると、人格が変わります。

今までのダメな僕から、一切のしがらみを脱ぎ捨てた僕に変わることができるのです。

 

 

それは僕以上に大変な支援だった大統領もそのようなことを言っていました。

 

 

今までのダメな自分から、全く別の人格の人間になったようになります。

まあここまでの変わり方は人によって違うと思います。

 

 

 

でもMr.Joeも大統領も東大さんも、その他、このブログを書いていない人たちでも全員、英語でコミニュケーションした方が楽だと言うことです。

 

 

もっとはっきりとした理由は、専門家が解説してくれると思います。

 

 

はっきりしたことは、僕にとっては、英語圏で生活をした方が良いと言うことが、最近日本でアルバイトをしてもよくわかったことです。

 

 

青木さんが下記の文章を読んでごらんと言ってくれました。

スタッフの人と一緒に読みました。

スタッフが解説してくれたので、わかりました。

 

 

多様性を念頭に置いている社会、職場なのか。

はああああ、なんかすごいことが書いてあります。

是非、読んでみてください。

 

 

 

なぜ発達障害者は日本企業で働くのが辛いのか? - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

 

 

 

また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

 

俺は外国でコミニュケーション4割バッターだ!!ヒロ

f:id:smilehousejapan:20120309213935j:plain

                  日本がダメでも海外があるじゃないか!!   日本にこだわるな!!

 

 

この1週間で数件のご相談がありました。

性的逸脱行動があるお子さんのご相談でした。

状況は様々でした。

 

 

しかし、共通していることは、子どもたちがひきこもっている状況にあることです。

 

 

また、「このことがご近所に知れ渡ると、住む場所を変えたり、仕事も変えなくてはならなくなるので、何とかして欲しい。」ということでした。

 

 

 

青木さんがいつも言っていることに、「もっとも私たちが大切にしなくていけないのは、依頼者の方のプライバシー保護です。」があります。 

 

 

ご相談をされた方達もみなさん「プライバシーの保護」を気にされていました。

 

 

さてと。

程度の悪いアスペなヒロです。

 

 

僕はうまくいかないことが多くて困っています。

例えば。

 

 

サポートセンターのスタッフが1泊2日でホテルに泊まった時のことです。

2人のスタッフに水を買って来るよう、頼まれました。

俺は千円を渡されて、水を購入した。

 

 

水をスタッフに渡したら、こう言われた。

「どうしてこんなにたくさん買ったの?」

俺は2リットルのペットボトルに入った水を6本購入した。

 

 

1人のスタッフに3本ずつだ。

少ないとなんか言われそうだから、多ければ文句ないだろう。と考えた。

 

購入を依頼したスタッフが俺に言った。

「1人に2リットルの水を1本でいいんだよ。」って。

 

 

同じような失敗はまだある。

10人いるスタッフに毎月、現金でお給料を払うことになっている。

それで、現金を入れる封筒が必要になったんだ。

 

 

俺はスタッフに「これと同じ封筒を買ってきてください。」と頼まれた。

 

 

俺は、スタッフに買ってきた封筒を渡した。

スタッフが言った。

「何年分の封筒を買ってきたの?」

 

 

「50枚入りの封筒を20束買いました。」

「およそ10年分の給料袋だね。」

 

 

毎日がこんな具合です。

 

 

ところが・・・・・・。

 

 

俺はフィリピンの高校と大学を卒業した。

大学時代はもちろん失敗をした。

f:id:smilehousejapan:20120323131525j:plain

        高校卒業 式後仲間と

 

f:id:smilehousejapan:20170331145829j:plain

2017年大学卒業  卒業式にてフィリピンでお世話をしてくれた人と学長さんと

 

しかし、その失敗は青木さんが想定したよりもとても少なかった。

 

 

そんな僕に予想外に、友達もできた。

友達と遊びに行ったり、人間の彼女ができたり、それどころか、女性にモテまくったりまでになった。

 

 

想定外。

青木さんたちスタッフは首をかしげる

もちろん、俺の友達たちにも実際に会い、聞き取り調査をしたんだ。

「おかしなところを感じませんでしたか?」

 

 

答えはこうだ。

「ヒロ、最高に面白いやつ。無駄なことは言わずに、最後にビシッと最高のギャグをかます天才野郎。」

 

 

「友達の話を親身になって聞いてくれる優しい人。」

 

 

そんなバカな!!

「あのトンチンカンチン、チンチントンのばかヒロが・・・・・・」スタッフはそう思ったに違いない。

 

 

ふふふふふ。

 

 

俺はすでにコミニュケーションの4割バッターになっていたんだよ。

ありがとう、フィリピン。

 

 

また明日、続きを書きます。

よろしくお願いします。

 

 

明日はもう少し詳しく書きます。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

 

 

 

性的逸脱行動がある人への支援 こんな事をお伝えしました ヒロ

f:id:smilehousejapan:20180812211900j:plain

1人にしてはいけないので、こんな感じの食事風景です。でも多いな。

 

 

僕には支援の詳細を書き記すことはできません。

ただ、僕も同じような支援を受けてきました。

 

 

だから、教えてもらったことを書いたり、不思議だと感じたことを書きます。

 

 

それは他の人にとっても同じように必要だし、同じように不思議に思うと思うからです。

 

 

〈大まかな支援の流れ〉

 

・恋愛感情について教える

 恋愛映画を積極的に見せる。(邦画ではなく洋画に限る)

 

 

・身なりに気を使うことを教える

 からだを綺麗に保つための入浴の方法から、着替え、服の着方などを教える。

 

 

・デートの仕方を教える

 スタッフを使っての実践

 合コンなどを利用しての応用

 

 

・タッチのルールを教える

 触って良い場所、ダメな場所

 親密になれる場所

 合意/相手の了解を得る

 

 

・相手とのふれあいのルール

 手を繋ぐ/腕を組む/肩を抱く/抱きしめる/キッス /愛撫

  性行為

 

 

・リスクを教える

 

 

・予防を教える

 

 

おいらが不思議だと思ったこと。

 

  • 支援者に綺麗な女性を3人もつけたこと。

  1人だとその人に集中してしまい、周りの意見に耳を傾けなくなる。

  3人だと、1人に絞るまでにかなり時間がかかる。

 

 

  • 実践デート

 支援者から話を一方的に聞いても身につかない。

 ましてや、行動を変えることなどまず無理。

 実践の中で教え込むしかない。

 

 

  • 一緒に銭湯に行き入浴のしたかを教えた

 周りをみて学ぶことや想像することがとても苦手な人たちなので、やはり実際に体を洗うところを見せて、本人にやらせて、覚えさせた。

 

  • 恋愛映画を見せた

 色々とスタッフがアドバイスをするが、「それはスタッフだけのことで、世間一般は違う考え方だ。」という人が多いので、世間で評判が良い「恋愛映画」を一緒に見て、その後、映画の内容について話し合った。

 

  • 合コンを盛んに催した

  考え方を学んだら、あとは実践の中でやってみて、反応を確かめることでそれが自分のものとなる。

 

 

「こんなとしていたなんて知ったら、ふざけた団体だと思われませんか。」と俺は青木さんに話した。

 

 

「ふざけたことをしていると思うか、そこまでやらないと誤学習を解くことができないのかは、人によって受け止め方は違うだろうね。」

 

 

「世の中ほぼ全員ふざけた団体だと思いますよ。」と俺。

「それなら仕方がないさ。」

「理解することができる人が少ないのは仕方がないこ  と。」と青木さんは言いました。

 

 

ということで、本日を持ちまして、長々と書きましたブログ 「性的逸脱行動がある人への支援」の内容をおしまいにしたいと思います。

 

 

お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

明日からは内容が変わります。 

僕の個人的な話です。

 

 

明日は「僕はコミニュケーションの4割バッター」です。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

 

 

性的逸脱行動がある人への支援 回復への方法はなんだ!! ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20180811174623j:plain

島流し」を明日に控えて荷物の確認です。さようなら日本。20歳

 

「長すぎる!!」とスタッフに言われました。

といいましても、問題が問題なだけに数回で書きつくすような内容ではないかと思いますがね。

 

 

といっても、書き続けているとさすがに疲れてきます。

俺が支援をしたわけではないけれど、やっぱり一緒にいた俺自身が「この人大変だな。」って感じましたからね。

 

 

もっとも大変だったはずの俺が言うんだから、ほんと大変な支援でしたね。

 

 

結論からいいます。

あれからサポートセンターはフィリピンで4年の支援をして、青木さんは回復と判断しました。

そして、青木さんは、Aさんを日本に連れて帰りました。

 

 

まず、日本でちゃんとやっていけるか様子を見るためです。

日本では、工場に就職されました。

そして1年以内に結婚をされました。

 

 

フィリピン滞在3年目から日本に帰国して、就職活動をし、また婚活にも励みました。

 

 

その陰には、ご両親の涙ぐましい尽力がありました。

すべて、青木さんとご両親の徹底した話し合いの元に、準備されたことです。

 

 

結婚後、すぐに子どもを授かりました。

そして、今現在。

幸せな家庭を築かれています。

 

 

問題はないかって?

はい、警察沙汰になるようなストーカー行為などはしなくなりました。

しかし、少し問題はあります。

 

 

でも、「まあそのくらいならいいでしょう。」と受け止めている青木さんとご両親でした。

 

 

頻繁にご両親と連絡を取り合っていた青木さんですが、1年、2年と経つうちに、落ち着いたことを確認しましたので、サポートセンターからは、近況の確認などはしなくなっています。

 

 

さてと。

 

 

どうやって、Aさんと関わっていったか。

このブログは支援者の人たちも読んでくださっているそうです。

ありがたいことです。

 

 

どうやったのかを知りたいでしょうね。

しかし、詳細を書きますと1ヶ月間毎日書かないと無理です。

ですから、おいらは箇条書きのような感じで、さわりをちらっと書くことにしました。

 

 

性的逸脱行動での支援依頼はAさんだけではなく、そのあともありました。

そして、みなさんなんとかその後も警察にお世話にならずにすんでいます。

 

 

全ての人に同じ方法で支援をし続けています。

そして回復の成果が出ています。

 

 

 

1番いいたいことは、リアルな体験の中で学び直すことが1番確実な方法ということです。

 

 

おいらはすごく疑問だった。

日本人女性のストーカーをしていたAさんは、フィリピン人の綺麗な女性を好きになって、日本の女性のことは何も思わなくなったらしい。

 

 

でも、それはストーカーの対象を日本人からフィリピン人に変えただけなはずだ。

意味がないと思った。

 

 

しかし、それは青木さんにしてみれば、支援の方法だった。

ストーカーのような感じで好きになったフィリピン人女性は、青木さんのスタッフだ。

彼女は支援経験が豊富でもあった。

 

 

つまり、青木さんのフィールドにAさんは迷いこんだんだ。

青木さんが作った支援環境にAさんが入ったんだ。

 

 

そこには、ご両親、警察。

そして、Aさんの過去もない。

 

あるのは、青木さんたちと、Aさんだけの世界。

つまり、両者が対峙したというわけだ。

 

 

 

今になって、そう聞かされて、「すげえ。」と驚く俺です。

 

 

あともうちょっと書きたいので、明日で終わりにします。

ごめんなさい。

お付き合いください。

 

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

 

 

性的逸脱行動がある人への支援 AVビデオを見て誤学習した。 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20090718164600j:plain

ビョ〜ン。でぶった時の俺と痩せた俺。2009年。3桁体重が56KG に

 

 

 

本日ブログの内容で、性的表現で気分を害される方もみえるかと思います。

どうぞスキップしてください。

よろしくお願いします。

 

 

 

今日から具体的な支援のことを書くつもりなんですが、さすがにおいらでは役不足でして、スタッフに聞きながら書いていきます。

 

 

誤学習したAさん。

誤学習を改めて、正しい情報を教えて、正しい行動ができるように導くことが、支援の目的なんだ。

 

それは「育て直し」とも言える。

 

 

誤学習したことが正しいと信じている人に、まちがいを指摘し、納得してもらうことは大変なことと言うか、まず無理です。

 

 

なぜなら、例えばAさんの場合、すでに30代なわけでして、もう誤学習したことが頭の中で固定されています。

 

 

それをなんとかしようとするわけですから、しかも最大5年ですよ。

 

それこそ赤ちゃんの時からやり直さないといけないような状況です。

 

 

1、環境を整える。

支援しやすいように環境を整えます。

 

親元から、離れて、スタッフたちと一緒に暮らし、「おはよう」の朝から、「おやすみ」の夜まで共に過ごして、当事者から信頼を得ることが大切なのです。

 

だから1つ屋根の下で共同生活が必要なのです。

それも、他の支援者と一緒にしては絶対にいけないのです。

 

 

おいらは、Aさんの不安を取り除くため、半年間ぐらい一緒に住んでいました。

 

 

2、当事者のモチベーションを下げないこと。

 

一般常識を学んでいくことはとても退屈なことです。

ですから、必ず当事者のモチベーションは下がっていきます。

下がりますと、継続して支援ができません。

 

 

ですから、楽しいプログラムを日々の生活の中に取り入れながら、一般常識を教え続けていくのです。

 

 

、支援のゴールを見据えながらも、短期間でのゴールを作成して、当事者に達成感を与える。

 

5年なんて誰も待てやしないですよ。

一方的な支援なら、なおさら。

 

だから、当事者に学んできたことの成果を感じさせることが、とても必要なのです。

 

 

 

4、感じろ。考えるな。

 

ハゲがスタッフによく言っていることなんですよ。

First impression がとても大切なんだと。

考え込んで、練りに練った支援がそんなに成果を発揮しないことがよくあります。

 

それよりも直感で動いた方がうまくいくことが多いのです。

 

さてと。

もっと詳しく書いていこうと思ったんですが、やはり「性的な問題」ですので、内容が18歳未満禁止というような内容になってしまいまして、書き直しを命じられた俺です。

 

うーん。

これ以上、表現をどうのこうのと変えても無理だって。

 

 

例えば、少し書いてみますよ。

表現を俺なりに柔らかくして書いていきます。

 

 

Aさんは本当によく話す人です。

しかも、話題は性的なことばかり。

頭ん中、それしかないんじゃないかと思うくらいです。

 

「ヒロさんは、どんなAV(アダルトビデオ)が好きなの?」

「見たことないです。」と俺。

「見なきゃダメだよ。勉強になるよ。」

 

 

「とにかく、女性のダメとか嫌は、本心は反対にあるからね。だから嫌とか言われてもひるんじゃダメなんだ。」

「女性を満足させるには、合体後、どれだけ力強く・・」

 

 

とてもシラフで聞いていられるような内容ではなかった。

俺は、「スケベ大王」を名乗っていたが、その称号を返還したくなった。

俺にでもわかるくらい誤学習しているAさんだった。

 

 

青木さんに報告した。

「ひきこもって他者との関わりをたった人たちが、学ぶ先はインターネットかアダルトビデオしかないからな。

アダルトビデオで誤学習した人は多いよ。」

 

 

さて、明日でおしまいにしたいです。

よろしくお願いします。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

性的逸脱行動がある人への支援 ストーカー問題が解決した。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20180809191835j:plain

  購入後2日で壊された新型テレビ。焦り、怒りがこうさせたんだ。

 

 

青木さんは僕にどんなタイプの女性が好みかと聞いてきた。

 

 

うかつに答えたら、何を言われるかわからなかったので、僕は答えなかった。

 

 

しかし、なんどもうるさく聞いてきたので、「浜崎あゆみ」だと答えた。

そのほか色々と俺の好みを聞いてきた。

とても変な奴だと思った。

 

 

僕はフィリピンに2度行って、ボランティア活動をした。

そして、ぼくはフィリピンでこの先生きて行くことを決めた。

というより、もう日本にいれなくなって逃げ出したという方が正しいと思う。

 

 

でも俺自身は、フィリピンのボランティア活動でえたたくさんの「ありがとう」に答えたかったんだ。

「俺が子どもたちを救ってやるんだ」と思い込んでいた。

 

 

実際は「島流し」だったんだけれど。

 

 

 

で、そんなおいらが英会話の勉強をするために、インターネットで英会話の練習を始めた。

もちろんおいらは気乗りしなかったね。

 

 

しかし。

突然インターネットでの英語を楽しみにしだしたんだ。

どうしてだと思いますか。

 

 

はい、英語を教えてくれるのがても綺麗なフィリピンの女性たちだったからです。

 

 

突然俺の生活の中心が「英会話の勉強」になった。

「綺麗なお姉さんは好きですか」というCMがあった。

「はい、もちろん大好きです!!」が俺の答えだ。

www.youtube.com

 

 

これがAさんをフィリピンに連れて行く作戦のヒントです。

 

 

青木さんはAさんのことを徹底的に調べた。

ご家族の協力のもと、Aさんの部屋に隠されている「Hなもの」を全て調べたんだ。

そうなんだ、Aさんの性的嗜好を調べ上げた。

 

 

そして、いつからストーカーになったかも調べ上げた。

その結果、ストーカーをし始めてから2ヶ月しか立っていないことが判明した。

 

 

「2ヶ月なら、今ストーカーしている女性に対する気持ちを変えることができる。」と青木さんが判断したんだ。

 

 

そして、彼の好みのタイプであるフィリピン人女性を探し出して、スタッフにした。

探し出し、スタッフにさせた女性たちは、Aさんの英会話の先生となった。

 

 

Aさんはすぐにインターネットの英会話が楽しくなった。

「ヒロさん、女性と話をすると楽しいね。英会話もどんどん頭に入って行くよ。」と嬉しそうに話していたAさんを思い出す。

 

 

当たり前だ。

事前にAさんの情報はフィリピンサイドに渡っていたんだからな。

 

 

Aさんとフィリピン人の英語の先生が気があったのは、フィリピン人サイドで、徹底的にAさんと話が合うように訓練をしたからなんだ。

 

俺たち程度の悪いアスペルガーたちは、女性との会話はてんでダメなんだ。

 

 

そんな俺たちが、女性たちと話をして、そして女性たちが笑ってくれる。

俺の喋りが彼女たちを喜ばせている。

 

 

こ、こ、これだアァァァァァァ!!!!!!

徹底していままでの人生、1人だった俺たちだ。

生きていて良かった。

 

 

決してオーバーではなく、そう思った俺がいた。

いいや、思ったのはおれだけではなく、Aさんもだ。

 

 

こうして、あのストーカーの問題はいとも簡単に解決した。

そして、これからがAさんへの徹底的な支援が始まるのです。

 

 

誤学習したAさんを変えて行く作業が始まるのです。

そうなのです。

ありえない支援の始まりなのです。

 

 

また明日。

あと2回ぐらいで終わりにできそうです。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。

 

 

性的逸脱行動がある人への支援 Aさんフィリピンに移動が決定 ヒロ

 

 

f:id:smilehousejapan:20060107090800j:plain

クリスマスケーキを売った。緑のエプロンはダイエーだ。

 

 

性的逸脱行動に出て、警察沙汰になった人。

 

 

何が悪いのかさえわからないその人にどう接していくのか。

おいらは、部外者なんですが、あの当時重い空気がサポートセンターに漂っていたように思う。

 

 

俺以上に大変な人がいたということに少し安堵した俺だ。

これで、スタッフたちからの視線を一心にあびずにすむと思い、ホッとした俺だ。

 

 

話を戻そう。

スタッフと話し、ご両親ともう一度話し合いを持った青木さん。

「しばらく時間をください。色々と今後のことについて考えてみます。」とご両親に話した。

 

 

「支援を続けてくださるのですか?」と不安げな表情を見せた親御さん。

「それも含めて、1週間後にもう一度面談の時を持たせてください。」と青木さんが言った。

確かそんな話だったと思う。

 

 

スタッフ会議がなんども持たれた。

「その当時のサポートセンターの力では支援は無理だとみんなが思っていた。」と後になってスタッフから聞いた。

 

 

そして結果は「Aさんの了解が取れれば、日本からフィリピンに連れて行き支援をしていく。」だった。

 

 

支援期間は5年をめどに。

帰国後は日本で就職できるようにまでして、緩やかな支援を継続していく。

支援のゴールは結婚するまでとした。

 

 

その時に青木さんがなんと言ったかはよく覚えていないので、「青木さん、あの時なんて言っていましたかね」と聞いたんだ。

 

以下、青木さんの発言です。

 

ご両親には、「育て直しのような支援がAさんには必要です。」と言った。

「すでに誤学習をしてしまっています。」

「それを間違っていることに気づかせて、正しい情報を教えていく必要があります。」

 

 

「それはAさんと、1つ屋根の下に一緒に住んで家族のように身近に接し、日々の生活の中で擦り込むようにして教えていくしかありません。」

 

そんな感じでご両親との話し合いで意見の一致をみた。

とにかくご両親は他人様を傷つけてしまうことを恐れていた。

 

 

確かに、Aさんのあの発言ではこれ以上にエスカレートするだろうとは俺でも感じていたから。

 

 

問題はAさんをどう説得してフィリピンに連れていくかだった。

そうなんですよ。

 

 

その当時、ひとまず先においらにフィリピン行きが打診されていた。

 

 

今考えると、日本に置いておくと、取り返しのつかないことをするという不安を感じさせた俺とAさんを、フィリピンに島流しにするつもりだったんだ。

 

 

さて、どうやってAさんをフィリピンに行くと決断させるか。

みなさんでしたら、どうしますか?

 

 

まあ、結果的に Aさんフィリピンに行くことになったんです。

 

 

Aさんをその気にさせた方法とは?

スペースがなくなってきましたんで、また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。