発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

深夜12時のミーティング in Cebu city 東大

 

 

f:id:smilehousejapan:20200221232155j:plain

 

セブ市で支援しているスタッフ間でのミーティングが先ほど終了しました。

終了時間は日付が変わることが普通なのですが、今日はとても早く終わったのです。

 

 

支援している青年たちが、今日はみんな頑張りました。

「今日は△△さんは○○をしました。とても落ち着いています。何も問題はありません。」「次の方どうぞ。」

 

 

こんな報告が聞けたらとても嬉しいです。

「今日は皆さん頑張りましたね。洗濯する人、マッサージに行く人、溜まっている領収書を急いで整理する人。皆さんもうひと頑張りですね。明日はもっと良い一日でありますように。」

 

 

 

青木とミーテイングをすることを忘れていました。

電話をして、待ち合わせの喫茶店に行きました。

 

 

 

「30年間支援をし続けてきて、そこから学んだことをあなたに伝えたいので。」と言ってくれた青木です。

勉強会みたいなものです。

 

 

青木はよく私に言います。

「私は30年かかって、支援が少しはできるのかなって思えるようになってきました。でも東大さん、あなたは30年もかける必要はないですよ。」

 

 

「30年間で私が得たものを、コンパクトにまとめて伝えるので、数年で自分のものにすれば良いのだから。」

 

 

青木にはよく怒られました。

「他人様の命を預かっているんだから、その自覚がないなら支援活動をやめなさい。」

でも結局は、「私の伝え方に問題がありましたね。ごめんなさい。」と謝るのです。

 

 

 

茶店を出て帰り道を急ぎました。

ステップを踏んで歩いている自分に気づきました。

周りの風景を見渡しました。

 

 

私は生きています。

自分の部屋で体操座りをして、じーっとしていた日々を思い出せないのです。

 

 

私は生かされています。

自分の快楽の為にこの命があるわけではなく。

希望を失った青少年達に希望を見せる為にこの命がある。

 

 

心の底から幸せの気が湧き上がってくるのです。

皆さん、ありがとうございます。

 

 

明日も一日、彼らに良い時を与える為に、私は頑張ります。

 

私は幸せです。

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

生きていくための武器を持たせてください。東大

f:id:smilehousejapan:20200220153711p:plain


 

「北野 武」の言葉という見出しで知らせてくださった読者の方がみえました。

読んだら共感しましたので、皆様にお伝えします。

 

 

私たちが支援している人たち。

同世代の人たちと比べてしまうと、学力が劣っていたり、生活や社会スキルが劣っていたりします。

 

 

いずれ、経済的、精神的自立をしなければならないのですが、その為には武器が必要なのです。

 

 

自分の子どもにはどんな武器が合うのかを考えなければなりません。

社会に出るまでに、いつその武器を与えるのかも考えなければなりません。

 

 

同世代のみんなが行くから、自分の子どももとりあえず、大学に行かせるという考え方はあとで大きく後悔しますよ。

 

 

何がその人に合うのかを考えましょう。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

北野武〉の言葉 

 

〈自分の子供が何の武器も持っていないことを教えておくのは、ちっとも残酷じゃない。

 

 

それじゃ辛いというならなんとか世の中を渡っていけるだけの武器を子供が見つける手助けをしてやることだ。

 

それが見つからないのならせめて子供が世の中に出たときに現実に打ちのめされて傷ついても生き抜いていけるだけのタフな心に育ててやるしかない。〉

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

親亡き後、子どもが1人で生きていけるようにしてください。東大

 

f:id:smilehousejapan:20170329102153j:plain

おかしさを撮ってくれ。アスペの何が問題なのかを世にしらしめるんだ!!



 もし私が、今日限りで支援をやめるとして、「最後に世の中の親御さんに言いたいことを書いてください。」と言われたら。

言いたいことはただ1つ。

 

 

 

「親亡き後も子どもが1人で生きていけるようにしてください。」と世の中の親御さんに言いたいです。

 

 

 

7年間の支援をしてきました。

それは、僕が誰かの支援をすることが、僕の成長に繋がっていたということです。

支援をする場で自分に何が足りないのかを教えてもらったのです。

 

 

30年間ひきこもった私でも、今ならこの先1人でも生きていけると確信できます。

 

 

 

どんなに言葉を並べても、僕たちのような人は言葉を通して学ぶことが苦手な人なのです。

だから、実際にやってみて、色々なことを吸収させていくしかないのです。

 

 

体験していないことは、わからない。

わからないことはできない。

だから、徹底的に経験を与える必要があるのです。

 

 

レストランのブッフェにみんなで行きました。

私たちが支援している人は、我先にと好きな料理をお皿に大盛りにして、すぐにテーブルについて食べ始めます。

 

 

「世の中にはルールがあるんだよ。」

「そのルールを守らないとみんなの仲間に入れてもらえないよ。」

「食べ始めるのは、みんなが席に着くまで待つ。これがルールです。」

 

 

「早めに席に着いたら、他の人たちのお水を用意してください。」

「みんなが席に着いたら、年長の人が「それではいただきましょう」というようなことを言うので、そしたら食べはじめましょう。」

 

 

「食べているときの姿勢が良くないので治しましょう。」

「あなたの食べているときの姿勢を携帯で撮ったから、見てください。」

「2人のスタッフが、あなたの食べ方とその他の人の食べ方を真似しますので見てください。」

 

 

「これから、食事中にあなたの食べているときの姿勢を治していきます。」

 

 

「食べるときの速さにも注意しましょう。」

「みんなで楽しく食べるために。これがマナーです 。」

 

 

 

銀行に行ってお金を下ろす。

行政の窓口で手続きをする。

日常生活でのルールやスキルを学ぶ。

 

 

人とのコミニュケーションの仕方を学ぶ。

 

 

経済的に独り立ちできるように、子ども達の学力を伸ばす。

 

 

それらは全てお母さん、お父さんの責任なのです。

 

 

100万人といわれているひきこもっている人たち。

少なくともその6割は基本的な生活スキルが獲得できていないのではと私たちは思っています。

 

 

 

これは大変なことです。

 もはや家族でどうするとかいう問題ではないですよ。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

3月1日から大きく変わります。東大

f:id:smilehousejapan:20200218151531j:plain

支援とは、コスプレ喫茶に一緒に行って自らも楽しむことでもある。間もなく60歳。

 

 

7年前の2013年、勇気を出してサポートセンターの青木と都内のホテルで会いました。

そして、私は2週間後にはフィリピンに降り立って色々な活動を始めました。

 

 

2週間でのフィリピンでの滞在が終わり、日本の自宅に戻りました。

 

 

私が30年間ひきこもった自室に戻って最初にしたことは、全ての物をゴミに出したことです。

東大で配られた資料、参考書、成績表など。

全てのものをごみに出したのです。

 

 

 

そして、母親にこう言いました。

「フィリピンに滞在して、もう一度人生をやり直します。おかあさんのお世話ができなくて心配だけれど、このチャンスを活かしたい。」

 

 

そう言った僕に母はこう言いました。

「30年間、ずーっと私と一緒にいてくれてありがとう。これからは自分の為に生きてください。あなたなら、幸せになれるわ。」

 

 

翌日、サポートセンターの青木に「もう一度フィリピンに帰り、そこで人生をやりなおしたい。」と言ったのです。

「良かったですね。心配は何もいりません。」と話してくれました。

 

 

その1週間後、私はフィリピンに再び旅立ちました。

フィリピン到着後、2日目の朝に母の訃報を受け取りました。

母は、自分の役目を果たして、天に帰ったのだと周りのものから言われました。

 

 

 

あれから7年がたちました。

ようやく、団体の上層部から、私に独り立ちが告げられました。

これからは、7年間、片時も離れずに一緒に支援をしてきた青木とも毎日顔を合わせることもなくなります。

 

 

たくさんのことを青木から学びました。

経験値を上げることが、より良い支援に結びつくからと、とにかくなんでもやらされたことは良い思い出です。

 

3月1日から、新しい形で団体がスタートします。

支援対象も広がりました

代表も青木から、私「大野隆」に変わります。

 

 

もちろん、青木から学ぶことはまだまだありますので、引き続き、この働きを手伝ってもらいます。

 

 

どうぞこれからも小さな働きですが応援をよろしくお願いします。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

診断名より子どもの困り感に注目せよ!! ブン

f:id:smilehousejapan:20200217135641j:plain

ブンさん、顔写真出して良くなったの?と青木さんも間違える程良く似ている


 

 

 

 

僕は検査を受けて、〈発達障害〉の診断名をもらった。

 

 

その後、医者や病院のカウンセラー?から今後の生活を送る上での注意点を聞きました。

 

 

はい、それだけ。

デイケアーセンターに来るといいよ。」とも言われたので、見学をしたけれど、行きたいとは思わなかった。

 

 

そして、ひきこもる。

母親が発達障害やひきこもりに関する書籍を購入しては、僕の部屋の前に置いていった。

僕は、ちょっと目を通して、そのままにしておいた。

内容がつまらなかったから。

 

 

診断名をもらっても何も変化がなかった僕です。

 

 

サポートセンターの人と母親が会っていることは、聞いていた。

そして、僕がサポートセンターの人に会った時、きっと発達障害のことを何か言われるかなと思っていたけれど、何も言われなかった。

 

 

この人たちを信じてついていこうとなって、支援が始まってからも、発達障害のことは何も言われなかったし、聞かれもしなかった。

 

 

もしかして、この人たちは〈発達障害〉のことを知らないのではと思ったこともあるけれど、ヒロさんのブログを読んでいたので、「発達障害?そんなの関係ない!!」ということを思い出した。

 

 

でも改めて聞いたみた。

発達障害に関して何か知りたいの?」と逆にスタッフから聞かれた。

「毎日、朝から晩まで色々なことを当事者が体験する中で、当事者の困り感や苦手意識がわかってくる。そのことがとても大切なことなのです。」

 

 

「それをなくすことをサポートセンターはしているのですよね。」と言ったら、「なくすという言い方は誤解を招くね。軽減すると言う言い方がより良いかな。」

 

 

 

〈こだわりの強さ〉〈認知の歪み〉〈想像力の欠如〉〈他者とのコミニュケーション能力の弱さ〉

 

 

当事者が困っていることは何か ?

それを探り当てて、スタッフと一緒にそれらを克服していく。

そのことがもっとも僕のような人には必要なのです。

 

 

最近になってようやくそのことが、よく理解できるようになった僕でした。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 

 

日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

 

発達障害で小学4年から不登校だけれど、僕は大丈夫。ブン

f:id:smilehousejapan:20190706104243j:plain

僕じゃないけれど、結構似ています。無料画像を拝借しました。


 

 

大学の勉強は大変です。

日本の小学校、中学校の様な義務教育とは違うので、ついていけなかったら、学び続けることができないのです。

 

 

僕の様な発達障害の人の為に、ノートを取ってくれるボランティアがいたり、日常生活の面で問題を感じたら、相談に乗ってくれる学生課もとてもありがたいです。

 

 

しかし、授業についていけないなら、大学をやめるしかないのです。

とてもシンプルなスタイルです。

 

 

自分の将来を考えたら、一生懸命勉強するしかないのです。

特に僕は10年ひきこもっていたわけですから、新卒採用なんて無理です。

そして採用時の面接なんかで、必ず空白期間を聞かれるのです。

 

 

誰もひきこもっていた人なんか採用したりはしません。

ひきこもっていたとしても、実績があって、採用したいと思わせないといけないのです。

 

 

それしかないのです。

そういう意味で、世の中は公平だと思うのです。

頑張った人と頑張らない人との間に、差ができるのは当たり前のことだと思います。

 

 

ただ、世の中には頑張りたくても、頑張れない人たちがいます。

病気や障害などで自分の力ではどうすることもできない人たち。

そんな人たちには、手厚い支援が簡単に提供できる世の中であって欲しいと僕は思います。

 

 

不登校やひきこもったのを、学校や親のせいにして、何もしない人たちには、良い将来を描けないと僕は思います。

 

 

僕は誰のせいにするつもりもありません。

これが僕の人生なのです。

でも、まだ頑張れる余地は残っているのです。

 

 

自分の将来のために、僕は精一杯大学で学び、色々な体験を通して、発達障害から来る生きづらさを軽減していきたいです。

 

 

楽しく頑張ります。

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 

 

日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

 

大学代表で討論の場に!!聞いてないよ!!ブン

 

f:id:smilehousejapan:20200215232410j:plain

 

違う大学と交流会みたいな行事がありました。

僕は大学内での唯一の日本人ということで、学生会議の場に出る様に先生に言われました。

 

 

「出席するだけで良いのです。」と言われて信じ込んでいた僕です。

ところが!!

なんとディスカッションの場ではないですか。

しかも大学の代表になっているし。

 

 

 

「私たちの国は今後中国とどう関わっていけば良いのか」というテーマまで決まっているじゃないですか。

他の大学の学生はみんな賢そうな連中ばかり。

顔が青ざめました。

 

 

司会者が討論をする人の自己紹介を1人ずつしていきます。

僕の担当教授が、「自己紹介を書いてきてね。」と1ヶ月前に言った意味がわかりました。

 

 

司会者が僕の自己紹介をします。

「日本人から中国の話を聴けるなんて、最高だね。英語が十分話せないけれど、ぜひ参加したいということで先生からの推薦です。」

 

 

「おい!!そんなこと言ってねえし。」

 

 

僕は担当教授の姿を探した。

見つけた。

僕を見て笑っていた。

 

 

「大丈夫、司会の私は日本に留学経験があるので助け舟を出しますから、楽しんでいきましょう。」

と流暢な日本語で話してくれた。

 

 

討論が終わった後は、服が汗でびしょびしょになっていた。

 

 

どうだったかというと。

楽しかった。

 

 

このテーマは授業ですでに書かされていた。

そして、原稿を暗記してクラスで発表する様に言われていたから、討論会でもその通りにやった。

 

 

もちろん、日本人ということで、色々と聞かれたけれど、難しい内容ではなかった。

というより、自分の英語に自信が持てた。

他の学生が話している内容が大まかだけれどわかった。

 

 

これは嬉しかった。

もちろん、司会者が助けもしてくれた。

 

 

僕のできは悪くはなかった。

 

 

自室に帰って青木さんに報告した。

「良かったな。」と褒めてくれた。

「なんか、僕すごいよ。」と口に出して言ってみた。

 

 

笑った。

心から笑った。

そしたら、彼女も笑った。

 

 

生きていて良かったと感じた瞬間。

ありがとう。

生きていることを心から感謝した。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします

 

 

日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。