発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

発達障害は成長する 東大

f:id:smilehousejapan:20190214090042p:plain


 

 

ヒロさんがその証明です。

 

 

僕はこの5年間、日本にいた6ヶ月間を省いてほとんど彼と一緒にいました。

ですから、彼の変わっていく様子を間近で見ています。

 

 

特に大学を卒業してからの2年間の成長は目を見張るものがありますね。

 

 

大学生活を通して、学んできたことを、社会生活を送る中で開花させたような気がします。

 

 

ヒロさんは16歳の時から30歳になる今まで、サポートセンターのスタッフ達と同じ屋根の下で生活を共にしています。

 

 

 

実は17歳で一旦支援が終了しました。

サポートセンターがこれ以上支援をしてもあまり成長しないと判断して、支援継続をご両親にお断りしたのです。

 

 

ご両親には障害者枠での就労を目標にして、そのような施設で支援を受けることを提案しました。

 

 

できれば私たちも支援を続けたかったのですが、少ないスタッフで支援活動をしていますので、私たちの支援で効果が望める人を優先的に支援をしている関係上、支援を終了するしかありませんでした。

 

 

「ヒロさんは障害者枠での就労が望ましい。」と判断した根拠は日々の支援活動の記録です。

 

 

それを元にして、臨床心理士や現場での経験が豊富なスタッフたちが話し合い、判断したのです。

 

 

しかし、ヒロさんが家族との折り合いがよくないことから、青木は再び戻ってくるだろうと予測していました。

1年後、予測はその通りになりました。

 

 

ヒロさんが自分の荷物を持って、突然、家を飛び出しサポートセンターの事務所を訪ねてきました。

 

 

 

当初は一時的なお預かりだと考えていました。

しかし、数ヶ月経ってもご両親は迎えに来られませんでした。

 

 

その後ご両親との話し合い、サポートセンターがこの先も、ヒロさんを自立させるために支援をしていくことが決まりました。

 

 

しかもそれは、一方的な押し付けではなく、お父さんも毎月支援報告の場に来ていただき、一緒にヒロさんの将来を考えていくことでした。

 

 

しかし、ご両親はヒロさんに会うことは拒否されましたし、私たちとご両親がお会いしていることもヒロさんには秘密でした。

 

 

もちろん、ヒロさんはご両親に対して、強く責めていましたので、彼もまた会いたくはなかったでしょう。

 

 

しかし、スタッフとの話し合いの場に応じることもしないヒロさんに、どうしたら効果的な支援を続けることができるのか?サポートセンターのスタッフは頭を抱えていました。

 

そして、出た結論はスタッフの家族と同居するということでした。

 

 

ヒロさんに、家庭というものは本来「安心して過ごせる場所」だということ。

 

 

家族というのは「自分のことをありのまま受け入れてくれる人たち」ということを感じてもらうことにしたのです。

 

 

ヒロさんは、順番に3人のスタッフの家庭で同居させてもらいました。

 

 

それは大変な日々の始まりでした。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。 

 

 

f:id:smilehousejapan:20190201103838p:plain