発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害の青少年を支援しています。 吉村敦子

f:id:smilehousejapan:20170211113454j:plain

 

 

《サポートセンター名古屋事務局から3月度無料相談会のお知らせ》

 

 

    2月度の無料相談会の予約は埋まってしまいました。

 

3月度は3月17日(金)曜日・19日(日)・3月20日(月)曜日の3日間で行いますので、ご利用ください。

 

期間中は朝10時より夜7時までの間で無料相談会をいたします。

場所は名古屋事務所(JR名古屋駅から徒歩10分)になります。

先着順ですのでお早めにお問い合わせください。

 

なお私たちでは支援ができない場合はお断りをする場合があります。

ご了承ください。

 

お問い合わせ番号  サポートセンター名古屋事務局 052-564-9844

         またはyouthnagoya@gmail.com

 

お名前と住所(◯◯市)、ご本人の性別、年齢、どのような状況かをお聞きします。

またはメールにてお問い合わせください。

折り返し「カルテ」を送信しますので書き込んで送り返してください。

                             サポートセンター名古屋

 

 

 

吉村敦子です。

 

 

養護教諭として40年間働いておりましたが、昨年の3月末で定年退職しました。

 

 

発達障害という言葉に出会って勉強を始めたのが今から15年前になります。

 

 

中学の現場で様々な問題を抱える生徒とその親御さんのご支援をしてきました。

 

 

昨年4月からはサポートセンター名古屋で働いております。

 このサポートセンターの働きに関わって今年で14年目になります

 

 

現在ありがたいことに日本全国から様々な状況に置かれている子どもさん(15歳から50代まで)のご相談を親御さんからいただきます

 

 

私の経験から皆様に何かお役に立てるのではと思いブログを書く予定でしたが、中々時間がとれなくて、先延ばしになっていました。

 

 

ですが、ヒロさんから「あつこせんせ〜い!」と再三のラブコールをいただきまして、書き始めることにしました

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 
当センターで支援し、状態がよくなった青年達の何割かは当センターで働いてもらっています。

 

 

就労部門に在籍するA君は今年が支援3年目です。

 

 

A君はご家族と一緒に住むことがてきない理由から、当センター近くにマンションを借りて1人で生活しています。

 

 

今では簡単な炊事、洗濯、清掃などは十分にこなせるまでになり、身辺自立はこの2年間でできるでになりました。

 

現在は経済的自立を目指しています。

 

 

先月には一般のアルバイトにも挑戦しやり遂げることができました。

今後はアルバイトを増やしていきながら、経済的自立に向けての資格や技術を修得していきます。

 

 

もちろん社会に溶け込めるようになるために、日々のプログラムを通して、様々な経験をしそこから学んでもいます。

 

 

10日はサポートセンター名古屋の給料日。

 

 

就労部門に在籍する 一人一人に給与を手渡しをしながら声かけをしています。

 

 

お金をもらうということは、認められるということでもあり、彼らの自信になっていくのです。

もちろんA君にも手渡しました。

 

 

いつもは、A君と夕食を一緒に食べるのですが、今日は、私の仕事の都合で遅くなってしまいました。

 

 

A君は、しばらく待ってくれていたようですが、先に他のスタッフと食事を済ませ、自分のマンションに戻りました。

 


あとには、自分の給料で買ってきたいちご大福が、私のために冷蔵庫に入れてありました。

 

 

おいしかった。

いつものイチゴ大福の数倍も美味しく感じました。

 

人のためになりたいと思っている気持ちが伝わってきて、嬉しくなりました。
ありがとう。

 

 

社会に戻れるまであともう少しだよ。

その時が来るまで一緒に頑張りましょう。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。