読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

マクドナルドで声をあげて泣いた俺 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20150807091830j:plain

 

 

大学の学生課から呼び出された。

用件は就学ビザに関することだ。

 

 

 

2つのことが頭をよぎった。

1、残念だけれど、就学ビザは下りない。

2、良かったね、ビザがおりましたよ。

 

 

たぶんおりないと思うようにしとけば、ショックは小さくて済むからね。

 

 

その前にトイレに行った。

出たら、また行きたくなった。

三度入った。

 

 

緊張しているおいらがいた。

学生課の扉を開ける前に青木さんに電話した。

「従業員になる話は本当ですよね。」

 

 

「あれはなかったことにしてください。なんて今さら言われても俺困るんで。本当に大丈夫ですよね。」

 

 

「もし、給料が出せないなら、俺は給料なしでもなんとかやっていきますんで、俺の居場所がないことだけは避けてください。」

 

 

「約束ですよ!!」

館内に響き渡るぐらいの大声で怒鳴ってしまった。

だめだ、強い不安が俺を襲う。

 

 

 

マクドナルドでアップルパイを食べたくなった。

んで、食べに行った。

ビックマックとスパゲティとチキンと色々オーダーした。

 

 

むしゃぶりついた。

急に怒りがこみあげてきた。

俺はなにも悪くはないのにって。

 

 

なんでこんな目にあわなきゃいけないんだ。

ただでさえ、生まれながらにして人より変わっていることでいじめられたり、馬鹿にされてきたんだ。

 

 

そんな俺が一生懸命にもっと良くなりたいがために頑張ったんだ。

遊びもゲームもやめてとにかく大学を卒業したくて頑張ってきたんだ。

 

 

それなのに・・・・・・。

涙がどうしようもなく溢れてきた。

泣いてしまった。

 

 

声をあげて泣いたんだ。

「どうして、どうしてこうなったの!!」

大声で怒鳴った。

 

 

 

「なんでだよ!!」

ざわついていた店内が急に静まりかえった。

みんな俺を見ないようにしている。

 

 

「ふざけるなよな、お前たちみんな俺を馬鹿にしてんだろ。わかってるよ」

「叩き潰すぞ、てめえら。」と日本語で話した。

 

 

 

マクドナルドを出た時には涙がどうしようもなく出てしまった。

 

 

自宅に帰ってスタッフの顔を見たら号泣してしまった。

「どうした、ヒロさんなにがあった。」

部屋で暴れた。

 

 

暴れるなんて20歳の時いらいだ。

「馬鹿野郎、ぶっ潰す。」

壁をグーで叩く。

 

 

ベッドに横になったらそのまま寝てしまっていた。

今朝、スタッフがおいらに言った。

「学生課の方が昨日待っていらしたよ」

 

 

学生課に行くのをすっかり忘れていた俺がいる。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。