発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

他人からの承認が私を強くする。30年間ひきこもったASDな男

f:id:smilehousejapan:20211102123331j:plain

 

ブログの読者の方から、私に訪問の依頼が来ました。

ありがたく思っています。

 

 

でも、私はまだ訪問できるまでには回復していません。

一応、青木さんから、「あなたは訪問ができると思いますか?」と聞かれましたので、「まだ無理だと思います。やってみたい気持ちはありますが、訪問はとても大切な働きですので、私には無理です。」と答えました。

 

 

私は思い出すんです。

最初に青木さんが自宅に来てくれた時のことを。

訪問者の青木さんに対して強いストレスを感じた私です。

 

 

私の無愛想さをその場でうまく受け止めて収めてくれた青木先生です。

今になって、これは場数を踏まなきゃできない支援だと思いますよ。

 

 

それと私に対して、期待してくださるのは嬉しいのですが、やはりまずは私が完全に回復しなければ何もできないと思っています。

しばらく時間をください。

 

 

まあ、あと1年ぐらいでしょうか。

 

 

手紙を読ませていただいて、私は少し不安定になってしまいました。

やはり、お母さんの息子さん対しての思いを知って、自分の情けなさを感じたのです。

自分の母親もこんなふうに悩んでいたんだろうなと思うと、申し訳なくて・・・。

 

 

「あなたが仕事を持って、結婚もして、自立できたら、その時には、もっと多くのお母さん方が、あなたの頑張りに希望を持つよ。」と青木さんに言われました。

 

 

私1人の思いだけで、社会復帰を目指すより「わたしの背後にはたくさんのお母さん方の思いがあるのだ。」と思った方がへこたれずに、より頑張れそうに思えるのです。

 

 

お手紙をいただいた方の元には、吉村さんが3月にでも訪問されます。

 

 

私はブログを書き続けていて、本当によかったなと思いましたよ。

私の頑張る姿に共感して、そこに希望を見出してくださったのですから。

 

 

私は頑張ります。

頑張れると思うのです。

 

 

ありがとうございました。

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動で動画が始まります。