発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

わからないことは信頼できる人に頼る。A回復日記20211005

f:id:smilehousejapan:20211018112534j:plain

できるだけ外食するようにしています。自立の為の練習です。

 

30年ひきこもって、50代になってしまったAと言います。

私はこの団体で支援を受けています。

将来の目標は経済的な自立と社会的な自立です。

 

 

具体的に言いますと、結婚して家庭を持ち、自分で稼いだ収入で生きていくことです。

付け加えて、自分の時間を自分の好きなことに使うことです。

 

 

その目標に向かって毎日、日本とフィリピンスタッフの人たちの支援を受けています。

 

 

その中で本当にわかったことは、相談するということの大切さです。

 

 

私は毎日SSTと呼ばれている練習をしています。

それは友達とどう接するか?

デートの仕方とかです。

社交の練習みたいなものです。

 

 

それぞれの場面に応じた言動や行動を学び、適切な行動パターンとして習慣化できるように努めています。

 

 

でも、耳で聞いただけでは、身に付けることはなかなかできません。

実践の中でこそよりよく身につくのです。

 

 

また、このやり方で身につくのは、一定のかたちだけです。

人間関係が複雑になる場合では、学んだかたちだけでは対応できないこともあります。

 

 

覚えなければならないかたちが山ほどあります。

どんなに練習をしても次から次へと覚えなければならないことが出てきて、疲れてしまいます。

 

 

10代くらいから始めて、20代、30代とSSTを続けていけば、随分と人間関係を円滑にこなせていけるのでしょうね。

しかし、私はすでに50代なのですよ。

時間が足りません。

困りました。

 

 

それで、スタッフに相談をすることを学んだのです。

自立とは、自分で1人で全てをやりこなすことではありません。

周りの信頼できる人たちに、気軽に助けを求めることができる。

そのことがとても大切なのです。

 

 

他人に迷惑をかける。

そう考えなくてもいいんですよね。

みなさん、よろしくお願いします。

 

 

 

※日本ブログ村に参加しています。

 この記事が良かったと思われましたら
 下記の画像をクリックしてください。

 

 ご協力をお願いします。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 私たちの活動を応援してください。

100万人というひきこもっている人たちに希望を届けたいのです。

YouTubeを見ていただきましたら、

 

 

1、チャンネル登録をお願いします。

2、高評価ボタンがありますので、ここをクリックしてください。

↓ 動画の画面下ぐらいにこの高評価マークがあります。

f:id:smilehousejapan:20210129121446j:plain


 

3、感想、コメント、質問などをください。

スタッフ全員気が弱いですので、お叱りは違うメールアドレスにお送りください。

 

 

真ん中の白色の三角形をクックしてください。

自動で動画が始まります。

 

 

www.youtube.com