発達障害な僕たちから2

発達障害と診断され、2次障害でひきこもった東大、青木、シンゴと50代男Aとスタッフ吉村が社会復帰目指す日常を綴りながら支援についても書いていきます。

ボクシングジムで、私にパンチを浴びせた私。ポンコツな私頑張れ!!

 f:id:smilehousejapan:20200523102952j:plain

 

 

2019年1月にフィリピンのセブ市で支援を開始した私です。

「とにかく、人生を楽しもう!!」を合言葉に、徹底的に今を楽しんだ私です。

 

 

「私なんか、どうせダメな人間だから。ダメ人間に人生を楽しむ資格なんかない。」

そう自分で決めていた私です。

当然、「楽しもう。」と号令をかけられても、動くことはできません。

 

 

で、スタッフと一緒に楽しむことにしたのです。

 

 

いろんなことをしましたよ。

いろんなことと言っても、皆さんからしたら普通のことでしょうね。

 

 

スタッフさんが提案してきたのは、ボクシングでした。

「やりたいことはなに?」とスタッフさんが聞いてきたときに

「ボクシング」と答えた私です。

 

 

色々考えたのですが、他の人と一緒になるようなことは、出来るだけ今は避けようとスタッフと考えて決めました。

それで、1人で完結できることが良いとなって、色々と考えた中にボクシングがありました。

 

 

私はメンタルも体力も弱いので、せめて力強くなりたかったのです。

 

 

フィリピンは日本以上にボクシングが人気なので、街のあちらこちらに本格的なジムがあります。

私が訪れた場所も本格的なジムでした。

 

 

フィリピンの良い所は、お金を出せばこちらの言う通りに対応してくれることです。

ですから、私は私のペースでジムの練習に参加できたのです。

それは私にとって最高の対応なのです。

 

 

なにせ、20回くらい休みを入れましたから。

また、色々と話しかけられたらパニックになるからどうしようと不安でしたが、それは事前にスタッフが話をしてくれていました。

 

 

だから、ボクシングジムのコーチは何も私に聞いてきませんでした。

だからと言って、無愛想な感じではなくいつも笑顔で、「グッド」「ナイス」を連発してくれたのです。

 

 

ウォーミングアップが終わったら実践です。

トレーナーからの指示は3つだけ。

 

ストレート。

ジョブ。

アッパー。

 

シンプルだからとても良かった。私は自分の内なる声に思いっきりパンチを浴びせた。

「私はダメ人間なんかじゃない。お前こそが私を引きずりこもうとしているんだ。今日こそ叩き潰してやる!!」

 

 

 

 アッパー、ジョブ、ストレート!!

黙れ、黙れ、黙るんだ。

私はダメじゃない!!

 

 

お前なんかにはもう支配されないんだ!!

消えてなくなれ!!

 

 

体の中にあるモヤモヤとした思いに、思いっきりパンチを浴びせた私。

「なにをつぶやいていたの?殺気を感じたけど・・・」とスタッフ。

 

 

 

すごく楽しくてスッキリしたのです。

終わった後は、たちあがれないくらい、疲れたけれど。

清々しい気持ちになりました。

私のような状況の人にはボクシングはとても良いのではないでしょうか。

 

 

本当の私は、動くのが大好きなのです。

これをきっかけに、もっと動いてやろうと決断した私です。

 

 

 

  

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします。

 日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうございます。

   1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。