発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

僕は東京大学大学院を終了して30年間ひきこもった。東大

f:id:smilehousejapan:20190304132842p:plain

僕の母にそっくりなので驚きました。


 

 

僕は東京大学を卒業した。

そして東大の大学院に進んだ。

しかし、そこで大きな失敗をしてしまった。

 

 

 

僕は学生からとても人気のある研究室に在籍していた。

毎日研究に没頭していた。

やがて僕は失敗をする。

 

 

 

チームを組んで1つの仮説を掘り下げることをしていた。

現場で必要なのは〈報告・連絡・相談〉です。

 

 

 

それは僕に取って一番苦手なことだった。

協調して研究を進めないといけないのだが、他者の足を引っ張ってしまった。

 

 

 

人は失敗したらそこから学べるのです。

しかし、僕は学ぶことができずに、なんども同じ失敗をしてしまう。

そして、僕は研究室から排除されてしまう。

 

 

 

かろうじて、大学院を終了することはできたが、就職に関して、担当教授からの推薦はもらえなかった。

それは、一流企業に就職することを諦めるということだ。

 

 

 

もう未来はない。

希望もない。

ここまで頑張って来たのに。

 

 

そして僕の不安は大きくなっていき、ひきこもってしまう。

もちろん、国家公務員試験を受けてみよう。

少しの間、家庭教師のアルバイトでもしてみるか。

 

 

 

色々と考えたけれど、どれも怖くて進むことはできなかった。

 

 

大学院での失敗は、失敗のままなんの反省もできずにいたこと。

僕の何がいけなかったのかが、その時わかっていれば、僕は再びやり直す気力が持てたと思う。

 

 

 

ひきこもりは30年近くに及んだ。

30年間、家族以外の誰とも交流はなかった。

家でじーっとしていた。

 

 

 

30年間いつもいつも、どうしてこうなったのかを自問自答していた。

でも、答えは出ない。

答えがでないまま30年間ひきこもった。

 

 

 

親戚が、「サポートセンターが助けてくれるから会って話を聞いて欲しい。」と言ってくれた。

でも、50才を遠に過ぎてしまっていた僕に、なんの希望があるというのか?

 

 

 

気休めな言葉など今更聞きたくはない。

僕宛に来たハガキは読まずに捨てていた。

2週間に一度来るハガキに対して苛ついていた。

 

 

 

親戚が言った。「こんなにまで隆君(僕の本名)のことを心配してくれる人たちなので、一度だけでも会ってくれないか。そうしたらハガキは止めてもらうから。」

ハガキを止めてもらえるならと、僕は会うことにした。

 

 

 

でも、前日から頭が痛くなったり、呼吸がうまくできなくなったりした。

それで、親戚の人に付いてきてもらって、青木に会った。

 

 

 

見た目は暴力団員風でとても怖かった。

そんな風貌にも関わらず、満面の笑みをたたえていた。

それが逆に怪しかった。

 

 

「きっと、この暴力団員は僕をうまく騙して、拉致し、東南アジアの裏シンジケートに臓器提供者として送り出すに違いない。気をつけないと。」第1印象でそう思った。

 

 

青木の声は見た目と違ってとても爽やかな声だった。

そして、優しく丁寧に話した。

話したというより、僕の話を聞こうとしてくれた。

 

 

 

 

僕は何も話すことができなかったけれど。

 

 

 

明日に続きます。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください!!

 

 

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。