発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

母親が謝らない限り僕は許せない。大バカ野郎

f:id:smilehousejapan:20190520103448j:plain


 

 

 

<親を許さない>という考えに支配されていた僕。

その憎しみの思いは、自分自身をも縛り上げていた。

 

 

 

 

小学校でいじめられた時になぜ助けてくれなかったのか。

 

 

中学校のとき、技術家庭での提出物が作れなかった。

父親にどうすれば良いのか聞いたら、「母親に聞け。」と言われた。

母親にいやいや聞いたら、「先生にわかりませんと聞け。」と言われた。

 

 

 

お前たちは、親としての義務を果たしていない。

その時はわからなくて、随分たってから、僕が他のみんなとは違うということがわかって、もっと腹が立った。

 

 

 

青木さんやスタッフたちは、そんな僕に冷静に対処してくれていた。

 

 

 

今思い返すと、彼らは絶対に親の悪口は言わなかった。

僕は「そうだよね。君の親はひどかったね。」とせめて相槌だけでも打って欲しかった。

 

 

 

でもそんなふうに僕に対処していたら、僕が親を許すという考えには至らなかったと思う。

 

 

青木さんに言った。

「親を許すことですよね。」と。

 

 

 

「親を許すことかあ、ちょっと違うな。」

意味がわからなかった。

「どういうことですか。」と聞いた。

 

 

「許すというのは、君が親を上から見ていることじゃないのかな。」

「そうですよ。親は僕にひどいことをしたんですから。」

「ひどいことをした親を君が許す。ということなのか?」

 

 

 

「あの?言っている意味がわからないです。」

 

 

 

僕の彼女に聞いた。

「青木さんは、意味不明なことをいうんだよね。」って。

 

 

そしたら、彼女が言った。

 

 

あなたは、「いろんな過去のことを持ち出して、お母さんにそのことで謝らせたいんじゃないの?」

 

 

 

「もしお母さんが、依然としてあなたを否定し続けていても、あなたは母親を許すことができるの?」って。

 

 

 

「あなたがいう<許し>というのは、母親からの謝罪が最初にないとダメなんじゃない?」

 

 

彼女の言葉の重み。

 

 

 

 

恥ずかしいですが、僕は、この時、彼女が神に見えました。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

 

 

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。