発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

憎しみの心に支配されていた僕 大バカ野郎

f:id:smilehousejapan:20190519134850j:plain


 

 

 

親を許すことなんか、簡単にはできない。

したくなかった。

こんなふうにしたのは、親だと思っていたから。

 

 

 

小、中と不登校

高校は1学期で退学。

そして長期ひきこもる。

 

 

その全ての責任は親だと思っていた。

 

 

僕がひきこもっていた時期には、許すなんていうことは考えたことがなかった。

 

 

 

しかし、フィリピンに来て、新しい生活が始まった。

とにかく楽しいことをさせられた。

させられたという表現を目にして、読んでいる人たちは<?>だろうな。

 

 

僕たちのようにひきこもっていた人たちは、自分自身をダメな人間だと心の底から思い込んでいる。

そんなダメな人間が、人様と同じような楽しいことなんかしてはいけない。

そんなことをしたら、世間様から後ろ指を指される。

 

 

 

そう思っている人たちは僕だけじゃないだろう。

 

 

だから、何もしないんだ。

南国フィリピンに来ても、何もしようとはしない僕たち。

 

 

 

だから、半強制的に<楽しいこと>をさせられる。

 

 

 

半強制的でも<楽しいこと>をやってしまえば、あ〜ら、不思議。

僕は楽しめちゃったんですよ。

 

 

 

僕たちひきこもっていた人間でも、普通の青年なんです。

<楽しいこと>がしたいんですよ。

 

 

楽しいことを積み重ねていって、僕の頑なな心が柔らかくなっていった。

他の人たちとコミニュケーションが取れるまでになっていく。

 

 

そして、大学進学。

そこでの新しい生活。

彼女もできた。

 

 

<楽しいこと>がさらに積み重なっていく。

 

 

そんな生活が進んでいって、ふと我にかえったら、母親のことを忘れていました。

ひきこもっていた時期、毎日のように母親と繰り返していた冷戦を、嘘のように忘れていた。

 

 

 

 

ただ、大学の授業についていくのが辛くなった時なんかは、母親への憎しみが蘇ってきたりした。

 

 

 

思い出したり、忘れていたり。

そんな状況の感覚がだんだん長くなっていた。

 

 

そして、サポートセンターのスタッフとのやり取りの中で、はっきりと(親を許さなければならない)そうしなければ、親への憎しみの気持ちに延々と支配されていくことを知った。

 

 

そこらあたりから、(親を許したい)と思うようになった。

 

 

もう1度書き直すと、自分が幸せを感じられたから、許すことをしたいと積極的になれたんだと思う。

 

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

 

 

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。