発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

アスペルガーの僕は失敗して成長して行く。東大

f:id:smilehousejapan:20190306132046j:plain


 

 

 

先日連続して失敗しましたので、恥を忍んで報告します。

多分同じような失敗をする人たちもいると思いますので、僕の失敗が誰かのお役にたつと思って書いてみます。

 

 

 

さて、学生の引越しの手伝いをしました。

その中には私の荷物を詰めた箱もあるのです。

市販されている箱ですから、他の箱と区別するために、箱に名前を書くなりして区別しないといけません。

 

 

それで僕も自分の名前を書きました。

 

 

 

しかし、違うスタッフに注意を受けたのです。

「東大さん、あなたが書いた自分の名前のサイズが小さすぎです。」

「こんなふうに、もっと大きく書いてください。」と違うスタッフが書いたものを見せられました。

 

 

それは、箱の横面に大きく名前が書いてありました。

上面、側面ととても大きく名前が書いてありました。

 

 

 

僕の字のサイズと言いますと、定規で図りましたら、2センチ程度でした。

「小さく書いたのにはわけがありますよね。」とスタッフが聞きます。

 

 

「書く時間がなかったのです。」と答えた僕です。

「小さく書くのも大きく書くのも、時間にしたらおなじだから、本当の理由はなんですか。」と聞き直したスタッフです。

 

 

その場では答えられなかった僕です。

 

 

仕事が終わって、ゆっくりと考えていたら、正直な自分の気持ちが出てきました。

そして、青木に電話したのです。

 

 

「僕は自信がないので、あまり目立たないようにしていました。今でもその気持ちが抜けないんです。」

 

 

 

「何回か、大きな字を書く練習をしてみましょう。」と青木が言ってくれました。

 

 

「一度くぎりをつけることは大事だね。多分大きく書くということがどういうことなのか、理解できないんだよね。定型発達の人は、『ただ大きく書くだけなのに』と理解ができないだろうね。」と青木が言ってくれて、ホッとしました。

 

 

すぐにスタッフと一緒にダンボール箱にスタッフが大きく僕の名前を書いてくれました。

僕はそのサイズを目で見て、自分でも書いてみました。

 

 

なんどもなんども繰り返し書きました。

「めだたないと意味がないんだ。そのことで誰も何も言わないんだ。」そう自分に言い聞かせながら、なんどもなんども大きく書いたのです。

 

 

オーバーなと言われるかもしれませんが、何かから解放された爽快な気分になったのです。

「いやいや。もっと目立っていいんだよ。」と心の中でも呟いた僕です。

 

 

 

また一つクリアした僕がいます。

57歳の僕は失敗することで、成長していくのです。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

 

 

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。