発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

できないことは手伝ってもらいましょう。山田

f:id:smilehousejapan:20190106111917j:plain

見えない物はないのと同じ。これ発達障害の僕たちには鉄則です。

 

 

とにかく落ち着くこと。

それが今1番大切なこと。

なんどもなんどもスタッフに言われました。

 

 

だから落ち着くことなんかできないって言っているんだ!!

「落ち着きなさい。」と言われても落ち着けないんだ。

不安が次から次から次へと襲ってくる。

 

 

 

言葉だけで「落ち着きなさい」と言われたって、できないもんはできない。

 

 

 

「何が不安なのか、頭の中を整理したいので、不安なことを全部言ってください。」

 

 

 

「いいんですか、そんなこと言って。まる2日間ぐらいかかるかもしれませんよ。」

「大丈夫ですよ。2人のスタッフで対処するから。何も心配ない。」

 

 

 

朝起きてからの不安なこと、イライラすることを話した。

 

 

 

まず、朝起きて、どんな服を着れば良いのかがわからない。

1度同じクラスの子と一緒にモールに遊びに行った時、「お前の服装ヤバイぞ。」と言われた。

 

 

 

僕の服装の何がヤバイのかがわからなくて、質問したかったけれど、怖いのでやめた。

 

 

 

家に帰って母親にそのことを話したら「だってあなたは信号機みたいだから。」と母親も笑った。

 

 

 

それで、ムカついたから母親を足で蹴った。

 

 

 

「信号機と言われたのは、赤、青、黄色の3色を服に使っていたということなんだよね。」

「黄色のトレーナーにジーパンが青色で靴は赤色だった。」

 

 

 

「確かに信号機だね。自分で選んだの?」

「そうだよ。僕のセンスはそんなもんなんだよ。だからそれから服を選ぶということができなくなった。」

 

 

 

「信頼できる人に自分に合う服を選んでもらいましょうよ。」

「私たちは信頼できますか」

「全部はまだ信頼できないけれど、やってくれるならお願いします。」

 

 

 

じゃあ、話し合いは1度中断して、今からモールに服を買いに行きましょう。

それで、僕はスタッフと服を買いに行くことにした。

f:id:smilehousejapan:20190106110933j:plain

 Mr.Joeさんの3年前の写真を代わりに載せます。こんな感じです。

 

 

 

 

その時、青木さんがたくさん写真を取っていたので、「やめてほしい」と言った。

見せてもらったら全部後ろ姿だった。

 

 

「記録用だから、誰かに見せるわけではないよ。」「みんなが良いと選んでくれた服をあとでもう一度見直すといいよ。」と青木さんは言った。

気を使っているので安心した。

 

 

僕は自分で服を選べない。

僕が良いなと思って選んだ服は、あとで見返すと、みんなおかしなデザインや、奇抜な色ばかり。

 

 

だからここはスタッフに全部お任せした。

コーディネートをしてもらったということです。

 

 

「私と青木さんだけで選ぶのは不安でしょ。」

「見る目がたくさんあればあるほど、信じられるでしょ。」

そう言って、その時、時間が空いていたスタッフを全員モールに呼び寄せた。

 

 

 

 全員で4人のスタッフが僕の服を選ぶ。

その光景を見たモールのスタッフが僕に聞いた。

「お客様、あなたは日本の富豪ですか」と。

 

 

 

それが僕にはおかしくて、おかしくて、笑ってしまった。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。