発達障害な僕たちから

発達障害と診断され、2次障害でひきこもったヒロ・東大とその仲間達が回復目指しての奮闘記です。

程度の悪いアスペな俺。自己投資をする。 ヒロ

 

 

 

f:id:smilehousejapan:20181220071718p:plain

 

 


僕は、昨年4月に大学を卒業しました。

1年間、充電期間というかソーシャルスキルの練習をしていました。

そして、就職。

 

 

しかし、社会の壁は厚く、見事に失敗をして会社にいられなくなりました。

 

 

もちろん、すぐに僕の何が問題だったのかをサポートセンターのスタッフと話し合い、同じことで失敗はしないように努めました。

 

 

そして2つ目の会社に就職できました。

レストランのマネージメントです。

 

 

オープンまでまだ時間があるので、その間に日本に帰国し、やらなければならない手続きをしました。

と同時に、アルバイトにもチャレンジしました。

 

 

10代の頃、アルバイトの面接を100社受けて、受かったのが3社で、そのうち2社は仕事で失敗して解雇されました。

 

 

残る1社も数ヶ月でお客様の苦情が会社に寄せられたということで、解雇となりました。

 

 

だから、いまだに心の何処かに「アルバイトがちゃんとできなかった。」という未練みたいなものがあったのです。

それで日本滞在中にアルバイトに挑戦しました。

 

 

一発で、面接にも合格しました。

それどころか、上司が大変褒めてくれました。

僕にはそれで十分でした。

 

 

そして、こんな僕に仕事のオファーが来たのです。

このブログを読んでくださっている方で、会社をいくつか立ち上げておられる方です。

 

 

その方の会社に誘ってくださったのです。

それ以上詳しいことは書かないでくださいと言われています。

 

 

残念ながら、僕にはその仕事が務まらないということが、面談していただいたときにわかりました。

しかし、社長さんからいろいろとアドバイスを頂きました。

 

 

1、日本はいまだに新卒採用。しかし、最近は能力や経験値が高ければ、中途採用で良い仕事につける。

 

 

だからひたすら、自己投資をして、能力を高め続けなさい。

能力がなければ、アルバイトのまま一生を過ごすことになるよ。

 

 

日本にはたくさんの求人がある。

しかし、それはそれぞれの企業が求める能力を有している人限定だ。

 

 

能力がない僕が、いくら「やる気」を見せてもどうにもならない。

 だったら、企業で必要とされる能力を獲得すればいいんだ。

 

 

企業が、社員を育てるという日本式のやり方が変わっていく。

日本という国に頼ることもできなくなる。

国民1人1人が、自分の頭で考えて行動する時代になった。

 

 

非常に有意義な話を聞くことができました。

 

 

でも、これ、青木さんが随分昔から言っていたことです。

「いいか、英語は話せて当たり前だ。英語なんて道具でしかない。」

「日本のことにとらわれず、世界に目を向けていれば良い。」

 

 

それで熟考に熟考を重ねた結果。

「自己投資をする。」という結論に達しました。

 

 

詳細はまた明日です。

 

 

下記バーナーのクリックを押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

いつもご協力をありがとうこざいます。

    1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。