発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

俺は外国でコミニュケーション4割バッターだ!!ヒロ

f:id:smilehousejapan:20120309213935j:plain

                  日本がダメでも海外があるじゃないか!!   日本にこだわるな!!

 

 

この1週間で数件のご相談がありました。

性的逸脱行動があるお子さんのご相談でした。

状況は様々でした。

 

 

しかし、共通していることは、子どもたちがひきこもっている状況にあることです。

 

 

また、「このことがご近所に知れ渡ると、住む場所を変えたり、仕事も変えなくてはならなくなるので、何とかして欲しい。」ということでした。

 

 

 

青木さんがいつも言っていることに、「もっとも私たちが大切にしなくていけないのは、依頼者の方のプライバシー保護です。」があります。 

 

 

ご相談をされた方達もみなさん「プライバシーの保護」を気にされていました。

 

 

さてと。

程度の悪いアスペなヒロです。

 

 

僕はうまくいかないことが多くて困っています。

例えば。

 

 

サポートセンターのスタッフが1泊2日でホテルに泊まった時のことです。

2人のスタッフに水を買って来るよう、頼まれました。

俺は千円を渡されて、水を購入した。

 

 

水をスタッフに渡したら、こう言われた。

「どうしてこんなにたくさん買ったの?」

俺は2リットルのペットボトルに入った水を6本購入した。

 

 

1人のスタッフに3本ずつだ。

少ないとなんか言われそうだから、多ければ文句ないだろう。と考えた。

 

購入を依頼したスタッフが俺に言った。

「1人に2リットルの水を1本でいいんだよ。」って。

 

 

同じような失敗はまだある。

10人いるスタッフに毎月、現金でお給料を払うことになっている。

それで、現金を入れる封筒が必要になったんだ。

 

 

俺はスタッフに「これと同じ封筒を買ってきてください。」と頼まれた。

 

 

俺は、スタッフに買ってきた封筒を渡した。

スタッフが言った。

「何年分の封筒を買ってきたの?」

 

 

「50枚入りの封筒を20束買いました。」

「およそ10年分の給料袋だね。」

 

 

毎日がこんな具合です。

 

 

ところが・・・・・・。

 

 

俺はフィリピンの高校と大学を卒業した。

大学時代はもちろん失敗をした。

f:id:smilehousejapan:20120323131525j:plain

        高校卒業 式後仲間と

 

f:id:smilehousejapan:20170331145829j:plain

2017年大学卒業  卒業式にてフィリピンでお世話をしてくれた人と学長さんと

 

しかし、その失敗は青木さんが想定したよりもとても少なかった。

 

 

そんな僕に予想外に、友達もできた。

友達と遊びに行ったり、人間の彼女ができたり、それどころか、女性にモテまくったりまでになった。

 

 

想定外。

青木さんたちスタッフは首をかしげる

もちろん、俺の友達たちにも実際に会い、聞き取り調査をしたんだ。

「おかしなところを感じませんでしたか?」

 

 

答えはこうだ。

「ヒロ、最高に面白いやつ。無駄なことは言わずに、最後にビシッと最高のギャグをかます天才野郎。」

 

 

「友達の話を親身になって聞いてくれる優しい人。」

 

 

そんなバカな!!

「あのトンチンカンチン、チンチントンのばかヒロが・・・・・・」スタッフはそう思ったに違いない。

 

 

ふふふふふ。

 

 

俺はすでにコミニュケーションの4割バッターになっていたんだよ。

ありがとう、フィリピン。

 

 

また明日、続きを書きます。

よろしくお願いします。

 

 

明日はもう少し詳しく書きます。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。