発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

性的逸脱行動がある人への支援 Aさんフィリピンに移動が決定 ヒロ

 

 

f:id:smilehousejapan:20060107090800j:plain

クリスマスケーキを売った。緑のエプロンはダイエーだ。

 

 

性的逸脱行動に出て、警察沙汰になった人。

 

 

何が悪いのかさえわからないその人にどう接していくのか。

おいらは、部外者なんですが、あの当時重い空気がサポートセンターに漂っていたように思う。

 

 

俺以上に大変な人がいたということに少し安堵した俺だ。

これで、スタッフたちからの視線を一心にあびずにすむと思い、ホッとした俺だ。

 

 

話を戻そう。

スタッフと話し、ご両親ともう一度話し合いを持った青木さん。

「しばらく時間をください。色々と今後のことについて考えてみます。」とご両親に話した。

 

 

「支援を続けてくださるのですか?」と不安げな表情を見せた親御さん。

「それも含めて、1週間後にもう一度面談の時を持たせてください。」と青木さんが言った。

確かそんな話だったと思う。

 

 

スタッフ会議がなんども持たれた。

「その当時のサポートセンターの力では支援は無理だとみんなが思っていた。」と後になってスタッフから聞いた。

 

 

そして結果は「Aさんの了解が取れれば、日本からフィリピンに連れて行き支援をしていく。」だった。

 

 

支援期間は5年をめどに。

帰国後は日本で就職できるようにまでして、緩やかな支援を継続していく。

支援のゴールは結婚するまでとした。

 

 

その時に青木さんがなんと言ったかはよく覚えていないので、「青木さん、あの時なんて言っていましたかね」と聞いたんだ。

 

以下、青木さんの発言です。

 

ご両親には、「育て直しのような支援がAさんには必要です。」と言った。

「すでに誤学習をしてしまっています。」

「それを間違っていることに気づかせて、正しい情報を教えていく必要があります。」

 

 

「それはAさんと、1つ屋根の下に一緒に住んで家族のように身近に接し、日々の生活の中で擦り込むようにして教えていくしかありません。」

 

そんな感じでご両親との話し合いで意見の一致をみた。

とにかくご両親は他人様を傷つけてしまうことを恐れていた。

 

 

確かに、Aさんのあの発言ではこれ以上にエスカレートするだろうとは俺でも感じていたから。

 

 

問題はAさんをどう説得してフィリピンに連れていくかだった。

そうなんですよ。

 

 

その当時、ひとまず先においらにフィリピン行きが打診されていた。

 

 

今考えると、日本に置いておくと、取り返しのつかないことをするという不安を感じさせた俺とAさんを、フィリピンに島流しにするつもりだったんだ。

 

 

さて、どうやってAさんをフィリピンに行くと決断させるか。

みなさんでしたら、どうしますか?

 

 

まあ、結果的に Aさんフィリピンに行くことになったんです。

 

 

Aさんをその気にさせた方法とは?

スペースがなくなってきましたんで、また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。