発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

性的逸脱行動がある人への支援。もっとも困るのは「恋愛」です。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20060619114702j:plain

初めてのアルバイト16歳。2005年

 

 

Aさんを自宅に送ったあとで、Aさんのご両親と話し合った。

おいらも同席した。

 

 

その席で初めてAさんの過去の性的逸脱行動や性的嗜好を知った。

 

 

「今まで話さなくて申し訳ありませんでした。話すと、支援が受けられないと思いまして黙っていました。今まで、いくつかの団体に支援をお願いしたのですが、やはりどこからも断れてしまいましたので。」とお母さんは話された。

 

 

青木さんは、今まで関わってきた人たちをみて、「ひきこもっている人の多くは、発達障害の二次障害ではないか

」と考えています。

 

 

まさに、僕がそうです。

で、そんな僕が1番怖い存在は、やはり同世代の女性です。

僕が1番関心がある同世代の女性たちから、その存在すら忌み嫌われていた僕です。

そのことで「全てがアウトになった。」と僕は考えてしまいましたね。

 

 

ですから、僕は同世代の女性の存在を考えないことにしていました。

そうしますと必然的に、年上か年下の女性となります。

 

 

10歳、20歳も年齢が上の女性だけを恋愛の対象にしたりする人が、このサポートセンターで出会った人の中には数人いました。

 

 

その逆に、幼稚園児や小、中学生などの年下の女性しか関心が持てなくなる人もいました。

彼らのいいぶんは決まっていました。

「自分の好きなようにできる相手だから。」です。

 

 

その言い分は僕にはわかりました。

でもそれは間違っているとぼくは思っていました。

「だったら、お前の恋愛対象は?」

 

「はい、ゲームの中の登場人物が恋愛の対象でした。」

「気持ち悪いなお前。」

「はい、今になって僕もそう思います。」

 

 

僕たち程度の悪いアスペルガーな人たちにとっては「恋愛」がもっとも難しいことなのです。

 

 

働いたり、友達と交流したりすることとは別世界のような難しさがあります。

経験者のおいらが自信を持ってそう言いますよ。

 

 

Aさんのご両親のお話が終わったあと、青木さんは目をつぶって考えていた。

そして、「ちょっと電話をさせてください。」と言って、家の外に出た。

帰りが遅いなと思ったら、随分遠くまで出かけて話していた。

 

 

「当事者に万が一聞かれたら、困るから。」だとのことでした。

あとでなんの話をしていたのかを青木さんに聞いたら、「他のスタッフに意見を求めていた。」とのことでした。

 

 

それほど、僕たちがご両親から聞いた話は驚きだったんです。

 

 

まあ、それ以降、俺が知るだけでももっと驚く当事者さんの話はありましたけれど、そんなことは絶対に書いてはいけないので書きません。

 

 

いやいや、「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!!」

すみません、ただ書きたかっただけです。

 

 

また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。