発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

私自身が他者に希望を見せられるんだよ。と教えてくれた支援

f:id:smilehousejapan:20180512170452j:plain

 

 

 

私が考えて作ったビデオレター。

それを講演会でヒロさんがお話をするときに使ってもらえないかと頼みました。

ヒロさんはこころよく引き受けてくれました。

 

 

また色々な人にお願いしてこのビデオを見てもらうことにしました。

 

 

たくさんの人の手を渡り、このビデオが多くの支援を集めたのです。

私はまだお会いしたことのない人たちから届けられる支援物資を目の前にして、強い感動を覚えたのです。

 

 

自分の動作が遅く、中学の同級生たちについていけなくな私です。

そんな中学の同級生を恐れていました。

その後、社会を恐れるようにまでになったのです。

 

 

しかし、その思いが崩れていったのです。

「この社会はそんなに悪くない。」って。

f:id:smilehousejapan:20180512170515j:plain

 

 

支援物資に手紙が同封されている場合も多かったです。

 

 

「中学から不登校。そして引きこもり20年間家でじっとしていた人が今、まったく知らない人たちの為に一生懸命働いている姿に感動しました。」

 

 

「私の娘は中学校でいじめられてそして不登校になりました。今でも人目を避けて生きています。時々昔を思い出して泣いている娘に対して、何もしてあげられない自分が情けなくて仕方がありません。」

 

 

「今は娘と一緒にこのブログを読んでいます。あなたの頑張りが娘への励ましとなっています!!Joeさんもっともっと娘に希望を与えてください。」

 

 

手紙を読んで泣いた私です。

 

 

20年間引きこもっていた私が他人に希望を見せることができている!!

 

 

 

まさかそんなことができるなんて思いもしませんでした。

少し頭が混乱していました。

f:id:smilehousejapan:20180512170533j:plain

 

 

もはや私は昔の私ではない。

そんなバカな?

何か急に大きく変わったのかな。

 

 

そんなに急に変われるとは思っていませんでした。 

 しかし、今思えば私は大きく変わったのです。

 

 

20年間ずーっと居続けた家から私は出たのです。

そして日本から遠く離れた、もう少しで赤道に手が届く所に住むことを決意したのです。

そして誰かの為に役に立ちたいと決断したのです。

 

 

私は自分で決断して大きく変わったのです。

時間は関係ないです。

変わるか変わらないかだけが問題なのです。

 

 

 

 今思い返せば、やったこと全てがプラスに繋がっていました。

無駄なことは何もなかったのです。

 

 

いやいや、さてさて、サポートセンターの底力と申しましょうか。

大方人生を諦めていた私をこんなに変えてくれたんですから。

 

 

 

はははは、あれを出しましょうか。

そうですヒロさんの18番です。

 

f:id:smilehousejapan:20161117183825j:plain

 

 

もう少しで次の東大さんにバトンタッチしますね。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。