発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

小、中不登校だった僕が大学を卒業した!!アスペルガーな僕。 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20180226192650j:plain

   大学を出れるなんて夢のようです。でも一生懸命頑張りました!! 

 

 

 

フィリピン人の人たちはみんな優しいですよ。

 

 

フィリピンにいじめはないです。

目が見えない人、足がない人、顔に大きな痣がある人、知的に障害がある人

みんなが、堂々と生きています。

 

 

フィリピンのスタッフから言われました。

あなたは、勉強ができないんじゃなくて、勉強をやらなかっただけですよ。

だから、もう一度やってごらん。

 

 

 

何度も、何度も、口うるさく言われて、「死んでも勉強なんかするもんか。」と言っていた僕が、

1年後には、インターナショナルハイスクールに入学。

 

 

勉強は、大変でした。

人の4倍やらないとついていけないのが僕です。

でも、卒業できたんです。

うれしかったなあ。

 

 

f:id:smilehousejapan:20180226192826j:plain

 高校の卒業式。親代わりのスタッフさんと一緒に 2012年3月

 

f:id:smilehousejapan:20120323150105j:plain

      日本で小、中不登校でした。でもやればできたんです!! 

 

僕は、本当に頭が悪いと信じ込んでいたんです。

でも、やればできるんだ。

僕は、大学に進むことにしました。

 

 

さすがに、周りの人たちも大学は無理だろうと思っていたようですが、やれるところまでやってみたい。

頑張りました。

昨年の3月で僕は大学を卒業しました。

 

 

 

楽しいことがたくさんあった大学生活。

友達ができたんです。

f:id:smilehousejapan:20180226193518j:plain

f:id:smilehousejapan:20180226193533j:plain

f:id:smilehousejapan:20180226193549j:plain

 

 

仲間と呼べる友達。一緒に勉強を教えあったり、カラオケに行ったり、失恋して落ち込んでいる時に励まし合える友達。

 

 

僕には夢のようでした。

高校を出て、大学までも出ることができた。

 

 

正直、思い残すことはありません。

そんな僕が、昔の僕に言いたいことがあるんです。

 

 

14歳のヒロに僕は言います。

「絶対に、諦めるな。諦めない限り、希望はあるんだ。」「私が証明です。」

f:id:smilehousejapan:20161117183825j:plain

 

 

もう一つは、いじめられたり、悲しいことがあったら、周りの誰かに助けを求めてください。ということです。

誰かとは誰でしょうか?

f:id:smilehousejapan:20160515112532j:plain

 

 

 

家では、おかあさんやおとうさん

学校では、担任の先生です。

 

 

 

もしかして、担任の先生と仲が良くなかったら、校長先生や教頭先生、どの先生でもいいので、話しやすい先生に助けを求めてください。

 

 

恥ずかしがらないで!!

先生たちは、みんなのためにいるのですから。

 

 

明日に続きます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします