発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

小、中不登校。家庭内暴力だったアスペルガーな僕 その1 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20180124120328j:plain

 

 

私の名前はヒロと言います。

今日は、お話の機会をくださり、ありがとうございます。

とても感謝しています。

ビサヤ語、英語、この2つが話せます。

 

 

では、もう一度。

ヒロと言います。29歳です。愛知県生まれの男です。

僕は今から、10分間ほど、みなさんにお話しします。

 

 

僕には3つの特徴があります。

 

1つは、勉強ができないということです。

授業で先生が話していることが、何もわからないのです。

 

 

だから、授業中は僕の睡眠時間でした。

中学3年生の時に、2桁の足し算、引き算ができないくらいでした。

 

2つ目の特徴は、おそろしいほど運動神経が悪いことです。

 

 

体育祭では、いつもみんなの足を引っ張っていました。

大縄跳びでも、一番最初に引っかかるのは僕です。

走っても、女子より遅い僕です。

 

 

3つ目は、空気が読めない僕です。

 

 

みんなが、ワンピースの話題で盛り上がっている時に、ドラゴンボールの話題を出して、みんながしらけてしまう僕でした。

 

 

こんな僕は小学校の時から、仲間外れにされていました。

教科書を隠されたり、上履きに画鋲を入れられたり、僕の机だけみんなと離されて置いてあったり。

学校に行くのが怖くて、休むことが多かったです。

 

 

中学校になったら、きっと友達ができるからと僕は期待しました。

でも、いじめはひどくなるばかりでした。

 

 

授業が終わると、すぐに僕は、校舎の一番はずれのトイレまでダッシュして、逃げ込んでいました。

運悪く捕まってしまうと、トイレの中でリンチが始まります。

 

 

一番悲しかった出来事は、遠足の時に誰も僕をグループに入れてくれなかったことです。

 

 

そんなにいじめられても、僕は学校に行きたかったです。

学校って楽しいじゃないですか。

クラスの誰かが言った冗談が受けて、クラスがどっと沸く瞬間。

僕は、大好きでした。

みんなと仲良くしたいのに、みんなは僕を遠ざけました。

 

 

担任の先生は、自宅まで訪問してくれて、励ましてくれました。

だから僕は、もう一度、学校に行きました。

でも、いじめは無くなりませんでした。

 

 

中2の時に、クラスのみんなから色紙をもらいました。

色紙の真ん中には、お墓の絵が描いてあって、そこには僕の名前が書かれてありました。

早く死んでください。

お願いだから、学校に来ないで。

お前はキモい。

 

 

それから、僕は二度と学校へ行くことができませんでした。

 

 

家にいると、母親が僕を責めます。

「学校に行かないなら、働きなさい。」って。

今なら、母親の気持ちは、わかりますよ。

 

 

学校も、家も、僕の居場所ではなくなりました。

 

 

明日に続きます。

 

 

明日は研修会で話をします。

とても緊張しています。

 でも誰かのお役に立てるなら頑張りたいです。

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします