発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

失敗して成長するアスペルガーな僕 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20171020133216j:plain

 

 

僕は程度の悪いアスペルガーな男。

今年の誕生日で29歳になりました。

今年の3月末にフィリピンの大学を出てからはサポートセンターで社会に戻る練習をしています。

 

 

 

しかし、日々間違いの連続です。

間違えるとスタッフに指摘されます。

ゆっくりと丁寧に何を間違えたのかをスタッフから教えてもらえます。

 

 

そうして、今度は間違えないようにするにはどうすれば良いかをスタッフと一緒に考えます。

でもすぐにまた同じ間違いをしてしまう僕です。

 

 

そうしますと、またスタッフがもっと優しく丁寧に何を間違えたのか。

どうしてそんな間違いをするのか。

他の人たちはどうやっているのかを丁寧に教えてくれます。

 

 

失敗ばかりするので僕の気持ちが下がっていないかまで心配してくれるスタッフです。

 

 

たまには、「美味しいもの食べに行こうか」などと誘ってくれたり、僕の大好きな「ドラゴンボール」の話題を出してくれたりもします。

 

 

その都度、情けなさと、ここまでしてもらっているんだから、次は間違えないぞという2つの気持ちがぼくの心の中で戦っています。

 

 

以前は、「情けない」という気持ちが断然勝っていました。

 

 

「情けない」と思う気持ちは、自己否定につながっていきます。

壁に自分の頭を叩きつけたり、体ごと壁に体当たりしたりしていました。

 

 

そうでもしないと、自分の気持ちをコントロールできませんでした。

 

 

今は違いますよ。

ちゃんとコントロールできていて、自傷行為なんか何もありません。

 

 

 

失敗しても極端に落ち込まないんです。

それもこれも長い時間をかけて訓練を積んできたからだと思います。

 

 

先週も失敗をしてしまいました。

「領収書はお金と同じです。」

必ず領収書をもらってこなければなりません。

 

 

しかし、先週はもらった領収書を無くしてしまいました。

仕方がないので、メモ用紙に日付と金額と内容を書いて会計担当のスタッフに渡しました。

 

 

注意を受けました。

「なくしたら、また発行してもらいなさい。」と言われましたので、次の日にそのお店に行きました。

 

 

昔の僕は「めんどくせえ!!」と言って行かなかったでしょうね。

時間と共に変わったんです。

 

 

朝11時に行きました。

お店はまだ閉まっていました。

お店があくまで、お店の前にあるベンチに座っていました。

 

携帯がなりました。

 

 

「ヒロさん、どこにいるの?」とスタッフの声です。

「領収書を再発行してもらいにお店に来ています。」

「もらったらすぐに事務所に戻って来てください。」

「わかりました。」

 

 

僕だけが座っていたのに、だんだんとお客さんが増えて来ました。

 

 

椅子の数も足らなくなり、立って待っている人たちも増えて来ました。

なんと外国人が多いではないですか。

 

 

僕の隣は明らかに中国人でしたので、中国語で話しかけました。

「韓国人です!!」

と上手な日本ごで怒られました。

 

 

20人くらいの人が今か今かと店が開くのを待っています。

突然、店内をのぞいていた誰かが中国語で叫びました。

翻訳しますと「今日はお店は定休日だぞ!!」

 

 

「えええええええ。」

座っている人たちが口々に僕の方を指差して、中国語でまくしたてます。

 

 

「こいつバカだ。」

「日本人のくせにどうしようもないバカ。」と言われました。

 

 

さっさとその場を立ち去った程度の悪いアスペな俺です。

 

 

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。