発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

50代さんとビーチで過ごす ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170808130237j:plain

 あなたは希望の星です。合格するまでは絶対にフィリピンには返さないからね。

 

 

 

海に来た。

50代さんが海に入る。

僕はビーチパラソルの下にあるソファーでお昼寝モードだ。

 

 

みんなの荷物と50代さんが心臓発作を起こさないかを監視する役目です。

心地よい風が僕の頬を滑っていく。

 

 

ここに美女と素敵な音楽があればこの世のパラダイス。

「ああああ、生きていて良かった。」と感じるこの瞬間。

 

 

 

「すみません、ヒロさん、お聞きしますけれど、延長はできんかね。」

「最終の船が5時なので4時上がりでお願いします。」

朝から何度同じ質問をするのか。

 

 

海に入る50代さん。

右足、左足と一歩一歩確認しながら水に入っていく。

右手で海水をすくい背中にかける。

 

 

「それは温泉やないか!!」と心の中で突っ込む程度の悪いアスペな俺。

 

 

沖へ沖へと進む50代さん。

「小学校の林間学校以来の泳ぎです。泳ぎ忘れていないかな。」

 

 

昨晩そう言っていた。

「中学の時ね、僕みんなからいじめられていたんですよ。背中にあざがあるから。みんなが気持ち悪いって。」

 

 

ここではだれもいじめません。

ここでは誰も差別はしません。

ここであなたは幸せを感じます。

 

 

ニコッと笑った50代さん。

昨日の出来事を思い出した僕。

最近涙腺が緩みっぱなしな僕。

 

 

その時、50代さんの頭に飛んで来たビーチボールが当たった。

当たったボールは綺麗な放物線を描いた。

 

 

みんなが笑った。

1テンポ遅れて五十代さんが笑った。

 

 

あかんわ。

サングラスしてるけど、どうして涙と鼻水は一緒なの。

奥に退散した。

 

 

なんか泣いてしまった自分が恥ずかしくて、スマホを取り出して、ゲームで誤魔かそうとした。

海からの風に50代さんの笑い声が運ばれてくる。

 

 

突然中学の時のいじめられていた記憶が蘇った。

しかし、怒りや憎しみの感情はなかった。

「ただただ、ありがたい。ありがたい。感謝だ、感謝だ。」その言葉が口から出た。

 

 

僕は目を閉じて心を落ち着かせた。

 

 

 

このひとときをありがとうございます。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。