発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

同じような苦しみを抱えている親御さんの傘になりたい。 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20161125094116j:plain

 一枚選べと言われればこの写真。成績が良かったので、思わずJUMP!!

 

 

アメブロのみな様、こんにちわ。

私はヒロと申します。

日本人で28歳です。

 

 

僕には特徴がありまして、アスペルガーADHDの特徴をもって生まれております。

IQは70でした。

 

 

何も発達障害が悪いわけではありません。

そのような特性をおもちでも社会に溶け込み、一員として社会に貢献していらっしゃる素晴らしい方も多いかと存じ上げます。

 

 

しかし、私は、家庭環境がよくなくて二次障害を起こしてしまったのです。

小、中と不登校でした。

 

 

中学終了間際に児童相談所から診断を勧められまして、正式に診断名をいただきました。

 

 

高校は親の意向で行かされました。

行った高校は入学テストで名前をちゃんとかけば合格できるレベルの高校に入学しましたが、数回の登校で行かなくなりました。

 

 

その後は家庭にひきこもりました。

昼夜逆転、ゲーム依存、アダルトサイト依存になり、多額のお金を親に使わせてしまいました。

 

 

そればかりか、母親に対しての家庭内暴力が段々とエスカレートしていきました。

f:id:smilehousejapan:20160321100510j:plain

 

 

ついには警察が10人体制で刺股を手に自宅を訪問してくれました。

 

 

ほとぼりが冷めるまで、夜の街をさまよい、公園で寝泊りをしたりしていました。

 

 

父親は母親と違い、考えるということができる人でした。

ですから、お寺さんに頼み込んで修行という形で僕をすみこまさせました。

二日目の朝に、脱走しました。

 

 

理由はドラゴンボールの再放送がお寺では見られなかったためです。

 

 

その後もひきこもりやニートの支援団体にお世話になりました。

しかしいずれも居心地はよくなかったです。

 

 

その団体さんがダメというわけではなく、僕がその団体さんに合わなかっただけです。

支援団体に入れては強制脱走の繰り返しで、頭を悩ませていた父親

 

 

そんな父親に、お世話になっていた病院から、「大変な状況の人たちと一緒に住み込んで個別で支援する団体がこの名古屋にある。」

 

 

「オーダーメイド型の個別支援なので費用はとても高くつくけれど、一度尋ねてみてはどうか。」と言われた父親がサポートセンターに相談したのが僕が16歳の時でした。

 

 

ですから今年で12年目の支援を受けています。

 

 

僕はサポートセンター始まって以来の問題児。

警察のお世話になること数知れず、結局相手方のご理解の元、逮捕という自体は避けることができました。

 

 

しかし、懇意にしていたお巡りさんから、「これ以上日本にいてはダメだ。海外に行きなさい。」とほとんど島流しのような状態で、日本から南へ4000キロのフィリピンに辿りついたのでございます。

 

f:id:smilehousejapan:20150912101441j:plain

    南の島へ4,000キロ。♪〜 どんぶらこ、どんぶらこっこ、どんぶらこ 

 

程度の悪いアスペルガーな男。

16歳で二桁の足し算、引き算もできなかった男。

衝動性がとても強くて、数々の問題を引き起こし、その度ごとに支援者たちを振り回していた男。

 

 

そして、家庭内暴力が殺人未遂までにエスカレートして行き、最後には家族と別れ離れになった男です。

現在、家族は引越しをしてしまい、居所は青木さんも知りません。

 

 

繋がっているのは1つのメールアドレスのみです。

そうさせてしまった僕が悪いのです。

 

 

今は深く反省しています。

今後は、良い仕事について、両親の面倒を見させてもらえるならば、そうさせて欲しいと思っています。

それがおいらのせめてもの罪滅ぼしですから。

 

 

そんな僕が毎日ブログを書く理由です。

ありのままをお話して、僕のような大変なお子さんをおもちで、大変な目にあっている親御さんに希望と癒しを届けたくて毎日ブログを更新しています。

 

 

もうだれにも僕や家族のように深い悲しみにあってほしくはないからです。

僕は全国の中学校や小学校も回って子どもたちに希望と癒しを届けたいとも願っています。

 

 

これからどうぞよろしくお願いします。

他に登場人物を書きます。

 

 

ハゲ、ツルピカどん、つるっぱげという愛称で親しまれています男です。

サポートセンター名古屋の代表を勤めています。

支援が命の男です。

 

本当にハゲから支援を取ったら何も残りません。

 

他に、まるさん、あつこせんせーえ、東大さん、劇団兄い、俊介兄い、Mr.Joeなど多彩な面々でお送りいたします。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください。

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。