発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

どうか子どもの気持ちを理解してください。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170429092245j:plain

 東大さんのご両親は理解ある人だったんですね。

 

 

 

30年間ひきこもっていた人が、もう一度やりなおしたいと思っている。

 

 

でもお母さんは、「毎日作業所に行けて、周りの皆さんと仲良くして貰えばそれで十分です。」

「今更、やり直すと言ってももう50歳ですからね。」

 

 

この言葉を聞いて俺は腹がたった。

はらわたが煮えくり返りそうになった。

 

 

ふざけるな。

50をすぎてももう一度なんとかやり直したいという当事者の気持ちをしってくださいよ。

ふざけるなよ。

 

 

ごめんなさい、目の前にある本を、床に叩きつけてしまいました。

大きな音に驚いて、スタッフさんが飛び出して来ました。

 

 

「どうしたの、ヒロさん。」

「かわいそうだっていうの、かわいそうだよ。」

 

 

「長い年月ずーっと家に閉じ篭もっていて、今なんとかしようと立ち上がろうとしているのに、なんで反対するんだ。」

「どれだけ不安や恐れを感じて生きてきたのか」

 

 

 

「30年だよ。30年間。」

「それなのに残りの人生は作業所で良いって。」

「かわいそうだよ。かわいそう。」

 

 

「本人の悲しみを知ってください。」

「頼むから。頼むよ。お願いだ。」

「助けてやってくださいよ。」

 

 

今ならまだ間に合うんだ、死ぬ間際に、「生まれてきてよかったな。」って感じてあの世に旅立てるんだ。

「なんで、お母さん、あんたが息子さんの将来を決めるんだ。」

 

 

「作業所?周りの皆さんと仲良く?」

「本人の希望じゃないだろう。」

「なんで押し付ける、親の考えを」

 

 

「どうかしてる。どうかしてるぜ。」

「本人さんがどんな思いでここまで来たか、そんな思い何もわかっちゃいねえんだ。」

 

 

「本人の一番身近にいる親のあなたが理解しないでどうするんですか。」

 

 

 

すみません。

1時間たって今落ち着きました。

 

 

汚い言葉の数々お許しください。

本当に悲しいです。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。