発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

コミニュケーションの崩壊 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170610172217j:plain

       通訳は任せておくれ。

 

 

みんなで夕飯を食べた。

 

 

お世話をしている人が映画の話題をだした。

スタッフAが「パイレーツ・オブ・カリビアン」を見て面白かったという話を出した。

 

 

スタッフBがそれに続いて、「あのテーマ曲を聞くとウキウキするな。」と話した。

そして口ずさんだ。

歌詞はないよ。

 

 

僕はどのタイミングで話に加わろうかと考えていた。

ワンダーウーマンは格闘シーンが多いので、気楽に見られるよ。」とスタッフAが言った。

 

 

「これから始まる映画は何かな」とスタッフAが話したので、僕がその話題をいただいた。

「『トランスフォーマー』が始まります。

 

 

「しかし、今回は駄作です。」

「なぜならオプテイマスが・・・。」

 

 

「まあ、スパイダーマンも来るし、どんどん映画を見ていこう。」とスタッフAが俺の話に被せるようにして話した。

 

 

俺の話は闇に葬られた。

 

 

お世話している人の料理がなかなか来ない。

そんな中、おいらの料理が来ました。

鯛の薄造りです。

 

 

店員さんが出したその料理をスタッフが素早く取った。

「それ、俺の注文です!!」

 

 

「◯◯さん、これ美味しいから、食べよ。」と言って、鯛の薄造りを3分の2以上お世話している人にあげようとした。

 

 

「それはヒロさんが注文した・・・」

うん、うん。お世話している人は常識があるよね。

 

 

「はい、スタッフBにスタッフCそしてヒロさん。」俺のところに回ってきたのは一切れだった。

 

 

 

「鯛の薄造り、食べるといいかもしれないよ。」と言ったら、すかさずスタッフAが「はーい、お疲れ様でした。」と大きな声を張り上げた。

 

 

 

夕食後の反省会は1時間近くになった。

それから俺とスタッフAだけの反省会も1時間。

ご丁寧にICレコーダーに録音されていた俺の会話を聞きなおしながら、スタッフAからアドバイスを受けた。

 

 

その晩、俺は寝付けなかった。

 

 

難しすぎる。

アスペルガーの俺にはあまりにも難しすぎて。

しかし、これが僕たち程度の悪いアスペルガーの孤独と悲劇なんだろうな。

 

 

 

コミニュケーションの崩壊。

これが僕の一番悲しい出来事。

そして永遠のテーマ。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。