発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

ほめて、ほめて、ほめ倒す。 ヒロ

 

 

 

f:id:smilehousejapan:20170420085156j:plain

   この中学校でもほめていただきました。

 

 

お母さんからもらえなかった承認は違う人たちからもらいました。

昨日はそのことを書きました。

一番嬉しかったのは、校長先生から頂いたお言葉です。

 

 

僕の講演会後に校長先生が「今までの講師の中で一番素晴らしかった。」

 

 

「『正直に言うと、地元の名士の話より、ヒロさんのお話をどこの中学でも、生徒に聞かせるべきだ。』と私は思う。」

 

 

「私は元は国語の先生だから、わかるんですよ。ヒロさんの文章のうまさがね。」

 

 

 

何度も何度もそのお言葉を口にに出す僕。

「今までの講師の中で一番素晴らしかった。」

「一番素晴らしかった。」ってすごいな。

 

 

〈赤字はホワイトヒロ〉

〈僕の心の中には二人の人物が同居しています。〉

 

 

「一番素晴らしかったんだよ。僕のお話。すごいな。」

「すごいのか」

「だって、今までの講師の中で一番なんだから。」

 

 

「しかも校長先生は元国語の先生だから、わかるんだよ。」

「僕はほめられたんだよ。」

「お世辞なんかじゃないんだよ。」

 

 

「すごいことなのか?」

「すごいことなんだよ。青木さんが、『すごいな、すごいな』って2回も独り言を言ってたんだから。」

 

 

「僕は小、中と校長室に行って、頭を下げたことがあるんだよ。」

「怒られたんだよ。」

「覚えているよ」

 

 

「そんな僕がほめられたんだから、うれしいんだ。」

「すごいな。」

「そう。すごいことなんだ。嬉しいな。」

 

 

 

僕はしばらく毎日、独り言のようにつぶやいていました。

今は1週間に一度くらいでしょうか。

 

 

校長先生に言われたのは昨年の12月でした。

それから1ヶ月間は出会う人全てにその時のことを詳しく話しました。

相手のことなんか関係なく、話しまくりました。

 

 

そうして、同意を求めたのです。

「僕の話はやはりすごいんですかね?」

「本当にうまいんですかね。」

 

 

もちろん聞いていない人には判断できないのですが、そんなことはおかまいなしに、出会う人全てに聞きまくっていた僕です。

 

 

うれしかった。

ほめられるとうれしいんです。

支援を受け始めた16歳まで、だれからもほめられた経験がないから。

 

 

しかし、僕も知恵がついてきますと、だんだん半信半疑になってくるんですよ。

「サポートセンターのスタッフが僕をほめるのは仕事だからだ。」ってね。

 

 

「僕が失敗してもスタッフから怒られないのは、支援してもらっているからだ。」

ってね。

 

 

しかし、百戦錬磨のスタッフ達。

そのうちに、ボランテイアや講演会で、スタッフ達とは全く関係ないひとたちから「承認」をもらえるようなプログラムを考えて実行するんです。

 

 

本当、あんた達はすごいぜ。

 

 

また、明日。

 

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。