読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

日本では生きていくことができない、程度の悪いアスペな俺です。ヒロ

f:id:smilehousejapan:20170415104442j:plain

  忙しくなって来ました。おいらの出番です。

 

 

日本に帰ってきました。

講演会をするためです。

 

 

飛行機が2時間遅れで、はらぺこでした。

それで青木さんにお願いして回転寿司を食べることにしました。

 

 

カウンターに腰を下ろしたら、「お金をおろしてくる。」と青木さんは店から出て行きました。

 

 

そうしたら、「まもなくラストオーダーです。」と店員さんが大きな声で叫びました。

 

 

大変だ。すぐに注文しないと食いっぱぐれてしまう。

俺は速攻で、注文用紙を埋めて行きました。

 

 

来た皿から急いで食べて行きました。

10分ほどして青木さんが帰ってきました。

「遅かったですね。青木さん大変です。ラストオーダーになってしまいました。」

 

 

そういうと同時に青木さんは俺が食べた皿を見てこう言った。

「えっ、これみんなヒロさんが食べたの?」

f:id:smilehousejapan:20170415104456j:plain

 

 

「僕の注文はしてくれたの?」

「すみません、自分のことで精一杯でした。」

 

 

僕たちの会話を聞いていた大将が「お客さんまだ5皿くらいシャリがあるから大丈夫ですよ。」と言ってくれた。

青木さんは3皿頼みました。

 

 

でき上がった皿を俺は受け取り、自分の口に入れようとした瞬間「ちよっと!!それ僕が頼んだお皿だよ。」と大きな声で青木さんが怒鳴りました。(怒鳴ったりはしていないと思います。BY スタッフ)

 

 

「あの、まだ注文していいですか?大将もああ言ってくださっていることですし。」

 

 

「それ以上食べたらダメだよ。」鬼の青木がそう叫んだ。(決して叫んではいません。書き方に注意してください。BY スタッフ)

 

 

結局優しい青木さんは一貫しか食べなかった。(一貫しか食べられなかった。BYスタッフ)

 

 

はい、お勘定。

 

f:id:smilehousejapan:20170415105213j:plain

 

「食べたな!!明日への活力。がはぁはぁはぁはー」

「青木さん、心配しないでください。あとからコンビニに付き合いますから。」

 

 

そして僕たちは、電車に乗って名古屋駅に向かった。

電車に乗った早々やってしまいました。

 

f:id:smilehousejapan:20170415110020j:plain

   寝かせて置きなさい、ヒロさん。

 

 

「ヒロさん、同じ失敗はしないでね。」

「 トホホホホー」

 

 

「なんでだろ。ヒロさんは最近は、フィリピンでは何も注意されないよね。ところが日本に帰ってくるなりこんなふうになるよね。」

 

 

「日本はみんながちゃんとしているから、ヒロさんのおかしさが際立つんだろうな。」

 

 

日本には住むことも働くこともできない、程度の悪いアスペな俺です。

 

 

俺みたいには決してならないでくださいよ。

 

 

また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。