発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

お詫び申し上げます 青木

 

f:id:smilehousejapan:20170212133910j:plain

 

 

 

ヒロさんのブログを読みました。

特別支援学級に行くことは死刑宣告だ」というタイトルに私は違和感を感じました。

 

 

ブログの内容は特別支援学級に対する誤解を解くような内容でした

 

 

ヒロさんが何か役に立てないかと思い、過去のことを思い出して書いたのです。

本人に確認済みです。

 

 

しかし、本文を読む前に「死刑宣告」というタイトルだけに目が行き、書き方がおかしいと注意してくださる方もでてくると予想しましたので、タイトルを変更するようにヒロさんに言いました。

 

 

タイトルを変更して再びFacebookにアップしようとしたのですが、どうしても以前のタイトルが出てきてしまうので、記事そのものを削除しました。

明日以降再びブログをアップします。

 

 

中学の養護教諭だった「敦子せんせーい」によれば確かに特別支援学級に行くことに抵抗を示す子どもたちがいるらしいのです。

 

 

その一番大きな理由もヒロさんが書いてある通り、大きな集団から離されて少数の集団に属することが不安なためです。

 

 

特別支援学級に対する偏見もあるのでしょうが、一番大きな理由は「みんなと一緒が良い。」という子どもたちの考えなのです。

 

 

ヒロさんも昔を思い、そのことに触れました。

 

 

しかし、今振り返ってみて、自分がフィリピンでスタッフや家庭教師にしてもらったこと、受けた支援が特別支援であったことを知り、こんな支援だったら、中学の時に積極的にうけても良かったんだと思い直したのです。

 

 

自分の経験を通して考えたことを、今学校生活で困っている子どもたちに届けたいとブログ記事を書いたのです。

 

 

すでに記事を読まれてそのタイトルに不快感を感じた皆様には改めて、お詫び申し上げます。

 

 

私たちはできる限り、当事者の生の声を同じような子どもたちを持つ親御さんにお届けしたいと願っています。

ですから文章内でのヒロさんの言葉は、そのまま変えずに載せ明日以降に再びアップします。

 



どうぞ、ご理解をよろしくお願いします。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。