発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

騙されやすい程度の悪いアスペな俺 ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20170207162117j:plain

ボランティアの買い出し中。頭脳には自信あり。腕力はてんでダメなおいら

 

 

変な天気なここフィリピンでございます。

 

 

日本でいうなら5月ゴールデンウイークのような良い天気なんですが、南国ではないですね。

で、いきなり停電でございます。

 

 

おいらの住む高級住宅地では2回停電。

1回は20分ほど。

2回目も30分ほどです。

 

 

暑苦しくてさすがに目覚めてしまいました。

スタッフが住む一般地域では2日間にわたり、2時間の停電が2回だそうです。

 

 

「うん、住む地域によって停電の時間が違うとな?」

「はい、日本なら大問題ですよね。」

「ここは法律なんてあってないような国フィリピン、お金がすべてじゃあ。」

 

 

日本を逃れてここに住み着いておられる高齢者がみえます。

少数の高級住宅地に住んでおられる方もいますが、多くは一般地域でフィリピン人と同じような暮らしをされている方です。

 

 

フィリピン人と同じような生活レベルの方たちはほとんどが夢破れて日本に帰国されています。

f:id:smilehousejapan:20170207163533j:plain

喜ぶ子どもたちの姿が目に浮かぶ?そんな余裕はございません!!

 

サポートセンター名古屋はここで11年間住み着いております。

警察ともとても仲が良いのです。

 

 

その警察に優しい地元の人たちから「困窮邦人がいるので助けてあげてください。」との連絡が入るのです。

彼らは日本語しか話せません。

時にはまともな日本語も話せない困窮老人もいます。

 

 

「そうだ、あいつを呼べ。」ということでMr.ハゲが呼ばびだされます。

 

 

「ここで良い印象ならばなんかあった時にまた助けてくれる。」

そのように計算して、ハゲはすっとんでいくのでございます。

 

 

「あんたは貧困地区のフィリピン人を助けているけれど、同胞を助けるのが先決じゃないか」と言われて押し付けられるのです。

 

 

ハゲはそれなりに一生懸命困窮邦人を介護し時には食事と住む場所を与えて、一応話を聞きます。

 

 

おいらも立ち会った時がありますが、「考えが甘い。」というのが俺の見方すべてです。

 

 

騙されたという人が多いですね。

自業自得って世間では言うでしょうね。

 

 

でも思うのですよ。

おいらの未来ではないのかって。

 

 

おいらのように程度の悪い発達障害者は簡単に騙されます。

デート商法で騙されかかった経験があるおいらです。

 

 

どこかにその時の記事があります。

探してみてください。

 

 

 

パソコンを買えば仕事を紹介すると言われて高額パソコン一式購入後、あっせん会社の電話が繋がらなくなったとかね。

 

 

このサプリ飲めば発達障害が著しく改善すると言って高額サプリを一括購入したトクさん35歳。

 

 

みんな、みんな、だまされっぱなし。

だまされ天国でございます。

 

 

きをつけないと。

本当気をつけないとね。

 

 

「ところで、サポートセンターは最初に警察とどこで接点を持ったんだ。意味がわからん。」

 

 

「はい、おいらは数回警察にお世話になりました。」

 

 

イライラして眠れなくて、夜中に高級住宅地内を散歩していて捕まりました。

一度だけ、イライラして「馬鹿野郎!!」と日本語で大声で怒鳴って捕まりました。

 

 

気をつけてください。

「馬鹿野郎」という言葉は外国人にはわかりますよ。

とても相手を侮辱するという言葉で覚えられていますからね。

 

 

とにかく困窮邦人のことを思い出して、騙されやすい自分のことを心配した次第です。

 

また明日。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。