読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

読者の方からのコメントに優しさを感じました。さとる

f:id:smilehousejapan:20170131111851j:plain

     今の自分に何が必要なのかはコーチが教えてくれる。

 

 

 

   《サポートセンター名古屋事務局から無料相談会のお知らせ》

 

 

2月度は2月18日(土)曜日から2月24日(金)曜日までで行いますので、ご利用ください。

 

期間中は朝10時より夜7時までの間で無料相談会をいたします。

場所は名古屋事務所(JR名古屋駅から徒歩10分)になります。

先着順ですのでお早めにお問い合わせください。

 

なお私たちでは支援ができない場合はお断りをする場合があります。

ご了承ください。

 

お問い合わせ番号  サポートセンター名古屋事務局 052-564-9844

         またはyouthnagoya@gmail.com

 

お名前と住所(◯◯市)、ご本人の性別、年齢、どのような状況かをお聞きします。

またはメールにてお問い合わせください。

折り返し「カルテ」を送信しますので書き込んで送り返してください。

                             サポートセンター名古屋

 

 

 〈マイノリティ〉

 

こんにちは。
日本語教師をやっている者です。
発達障害者の身内でもあります)

 

 

タイなどの「発展途上国」と呼ばれるエリアの若者からは、私も同じような質問を受けます。

 

 

彼らには「日本社会のプレッシャーは住んでみて共同体の一員にならないとわからないよ」と答えてます。

 

 

実際、夢と希望を抱いて来日して数年暮らした後、故郷に帰る外国人が大多数です。

 

 

その一方、日本社会が合わずに海外に出て、外国でのびのびできる日本人もいます。(知人の男性は色が白いという理由で日本では不当に扱われ、ブータンでは高く評価され、現地で家庭を築きました)

 

 

タイや中国で、日本で一旗揚げようというパワフルな若者を見ると圧倒されてしまいますが、彼らは本国でも特にエネルギッシュな人達です。スタンダードではありません。

 

 

個人的には、海外でひと休みする、海外に活路を求める、という方法は間違ってないと思います。

 

 

 

3日前の記事にコメントをもらった。

もらってみてうれしかった。

とてもとてもうれしかった。

 

 

マイノリティさんありがとうごさいました。

 

 

 

「大丈夫だよ。あなたの感じていることは間違いじゃないよ。」

背中を押されている感じがした。

なんだろう。ひとの優しさを感じた。

 

 

すぐに青木さんにそのことを知らせた。

青木さんからすぐに電話が来た。

 

 

「いいね。ブータンの話はいいよ。ブータンでは色白が高く評価されてるんだね。」

 

 

「そのことで、その人は自信を持ったんだね。すごくいい話しだ。すごくいい例だね。」

「ありがたいコメントだね。」と1人でえらく盛り上がって電話を一方的に切られた。

 

 

俺の話を聞かねえのかよ!!

 

 

 

有名な大学や有名な会社、高給取り。

「そうでなくてもせめて人並みになって欲しかった。」と俺の母親は何度も何度も俺に言ってきた。

 

 

「近所の◯◯君は東京の大学を卒業して地元のどこどこに入社して・・・・・・。」

 

 

「お前の小学校の時の同級生の◯◯君、覚えているか?アメリカの大学を出て向こうで彼女も作って、就職して今孫が2人もいて・・・・・・」

 

 

「叩き殺すぞ!!糞婆。死ねよ。死ねって言ってんだろ。」

昔の俺なら、母親のその言葉がきっかけで暴れて警察沙汰だな。

 

 

今は違うよ。

今はあまり怒らなくなった。

イライラしたら、自分の頭を壁にぶつける程度。

 

 

俺の頭が痛いだけで、だれも傷つけてはいないから。

 

 

俺は希望を見つけたから。

そう言うと偉そうに聞こえるけれど。

なんか大丈夫なんだと思っているな。

 

 

その根拠は何なんだって言われると、具体的には何もない。

でもこのまま日本にいてはもうだめだと感じた俺は、狭い日本を出て、外でもう一度やり直してみたいと思っているんだ。

 

 

だれも俺のことを知らないそんな場所なら、今からでもやれる気がする。

あせってはいるけれど。

 

 

ただそれだけのこと。

自分はまだやれると思っている。

「自分に納得できるほどやったのか?」と青木さんに言われた。

 

 

「何も俺はやっていない。」

1人で不安になって、1人で傷ついて、1人で暴れて・・・・・・。

要は1人芝居の馬鹿野郎でした。

 

 

今はコーチがいるから。

自分では自分のことが何もわからなかったけれど、今はコーチがいて今の俺がどうなのかを教えてくれている。

 

 

そのことはとてもとても大きなことなんだ。

 

 

 

手取り足とり教えてくれる。

いいんだ。それは俺にとってとてもいい。

 

 

1000字の約束は難しいな。

それとこのブログはいつどんなタイミングで終わればいいんだ。

何も聞かされていない。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。