発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

1人1人に合わせたボランティア活動。 まる

f:id:smilehousejapan:20161112141219j:plain

お身体がご不自由にもかかわらず、一緒にやりたいと言っていただきました。感謝です

 

 

私たちが支援をしている人たちが行うボランティアには二つのことが必要だと思っています。

ひとつは、直接人と関われるボランティア。

 

 

ひきもっている人たちは人と関わることに不安を覚えています。

その不安をなくし、自信をつけるには、人と関わるという経験を積んでいく必要があります。

f:id:smilehousejapan:20161116133813j:plain

 

 

そして、不安が強い人たちにどう人と関わりを持たせるか。

そのためには、他の人の役立つことをするという提示が有効なのです。

 

 

 

それが二つ目に必要な◯◯さんの役にたつということです。

 

 

不特定な誰かの役に立つのではなく、「目の前にいる◯◯さんの役に立つボランティア活動」ということで青少年をお誘いすることで彼らのやる気を引き出します。

 

 

 

一般にはスポーツやゲームなどを通して人と関わるプログラムが多くみられます。

 

 

しかし、私たちが関わっている人たちはとても不安が強い人たちですので、自分が誰かの役にたつというプログラムでなければ、動くことはしないのです。

 

 

また、ボランティアならばなんでもいいというものでもありません。

簡単な労働から、幼い子供達と関われそして1人でできるるようなボランティアを私たちは提供しています。

 

 

 

そして、集団でのボランティア活動もしていません。

あくまで関わっている青少年たちが中心になってできるボランティア活動をつくりあげています。

 

 

その為には、普段から、ボランティア先と緻密に連絡をとり交流を深めていく必要があります。

 

 

そのような関わりを持つことで初めて、有効なボランティア活動ができるのです。

 

f:id:smilehousejapan:20161116134006j:plain

 

 

 

 

また中には1人で黙々とこなすボランティアも時には必要な場合があります。

 

 

あまりにも人に対しての不安が強い場合は、1人で黙々とボランティア活動をしてもらうことから始めるしかありません。

 

 

私たちが行っているボランティア活動は1人1人に合わせて作り上げていくプログラムなのです。

 

 

そうすることで、彼らにより良い経験を与えることができると確信しています。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

  ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。