発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

2016年11月7日月曜日午後3時あたり ヒロ

f:id:smilehousejapan:20161104185452j:plain

思い残すことはもう何もないな。残りの人生青木さんのように、他人のために使いたい

 

 

 

今日は前期の成績が交付される日。

そして明日から後期授業が始まる日。

 

 

僕は気の合う仲間たちと朝からカフェに篭り馬鹿話に花を咲かせたんだ。

 

 

4人の仲間。

話す内容は大嫌いな教授の似てもいない真似だったり、彼女との近況話。

そして卒業後の進路。

 

 

楽しい。

心から今という時間を楽しんでいる俺がいる。

 

 

ふと、会話が途切れて、視線を違う方向にやった。

視界にひとりの男の子が目に入った。

 

 

小学校5、6年くらいのその男の子は見るからに元気がなさそうだった。

肩を落として、視線を下にしつま先で歩いている。

 

 

 

後ろから同じ年恰好の一団が通り過ぎざま、わざとその子にぶっかったり、叩いたりしていた。

お前は俺じゃないのか?

20年前の俺?

 

 

席から立ち上がって、その子に近づこうとしたおいらに、仲間のジェンが言った。

 

 

「ヒロ、どこに行くの。席について、さあ」

お母さんの声色に似せたジェンの言葉に仲間一同大笑い。

 

 

もう一度視線をその子にやった。

その子は消えていた。

いじめられていた俺はもうそこにはいなかった。

 

 

「新しいギャグか何かですか?」

でしゃばりのジェンの言葉に一同また大笑い。

ほっぺをつねった俺を見てみんなが笑ってくれている。

 

 

ひとり1人の顔をじっくり舐め回すように俺は見た。

バイセクシャルですか?」

 

 

その言葉に今まで以上に一同大笑い。

「ヒロ勘弁してくれ。笑死にしそうだ!!」

 

 

俺は仲間の中にいる。

 

 

2017年11月7日月曜日午後2時50分。

うん?

 

 

「おい、あと10分で事務所締まるぞ!!」おいらが叫ぶ。

「行くぞ!!」兄貴分のポールがそう叫ぶと一同大学構内に向かってダッシュ!!

 

 

www.youtube.com

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

  ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。