読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

スタッフが俺を見て泣いた日。 ヒロ

f:id:smilehousejapan:20161024082207j:plain

     ともだち・・・ ありがとう。友達でいてくれて

 

 

前期が終わった。

11月中旬まで3週間近くの休暇に入ります。

 

 

前期最終授業が終わり、自宅に帰ろうとしたおいらに友達のチェンが話しかけて来た。

「ヒロ、色々とありがとう。君のおかげで、なんとか踏みとどまれたよ。」

 

 

チェンは中国人とインドネシア人とイギリス人の血が混じった男。

熱心なイスラム教徒の家庭に生まれて、彼自身も熱心だ。

その熱心さが少し周りと摩擦を起こしてしまった。

 

 

その仲裁に入ったのが俺だった。

 

 

はい、すみません。サポートセンターから言われたことを無視してしまいました。

「大学在学中は自分のことだけ考えなさい。」の掟を破りました。

 

 

 

「ヒロ、明後日から実家のジャカルタに帰るけれど、一緒に来ないか?」

「もちろん君の分のチケットも購入するよ。お母さんが連れておいでってうるさいんだよ。」

 

 

「えっ、本当に?うれしいな。でも残念だ。僕には用事があってね、君の優しさには感謝します。優しいお母さんに、『ありがとう。』と言っておいてください。」

そう返して、トイレに駆け込んだ。

 

 

俺のハートはドキドキになっていた。

そんな誘い一度も受けたことがないからね。

チェンには余裕をぶっかましたけどね。

 

 

それに違う人たちといると、自分のおかしさがばれてしまって、変人や狂人扱いされるのが未だに不安なんです。

 

 

チェンにも、もちろん言いましたよ。

「おいら、程度の悪いアスペルガーな男。近づくと凶暴につき・・・・・・」

 

 

「えっ、ヒロが程度の悪いアスペルガーだって??」

「何かの間違いでしょ。」

 

 

何かの間違い

何かの間違い。

間違いなのか。

 

 

「そんなわけはあらしまへんで。ヒロさん。」(ゴリ男談)

だよね。

昔の俺を知らないから言えるわけでして。

 

 

「まあ、素直に喜んでいいんだよ。」(ゴリ男談)

素直に喜びます。

 

 

 

まあそんなこんなで前期終了。

で、おいらはすぐにサポート軍団モビルスーツに着替えて、巡回態勢に入った。

 

 

この世に発達障害の2次障害がはびこる限り、おいらのアドバイスがお役に立つ!!

シャキーン。

決まった!!

 

f:id:smilehousejapan:20161024093528j:plain

  このポーズ好きなんですよ。ちなみにハゲもこれが好きですよ。

 

 

一連の一人芝居を居間で見ていたスタッフたちが大笑いした。

「ヒロさんいいね、幸せなんだ。」

「生きていて良かったね。」

 

 

「生かされたんだよ。」

「本当にね。」

昔のおいらを知る◯◯スタッフが目頭を押さえた。

 

 

ゴリ男も目をうるうるさせていた。

突然正気に戻った俺。

「勘弁してくださいよ!!しんみりは嫌ですよ。」

 

 

 

涙がこぼれそうになる自分を見られたくなくて、おいらは外に出た。

灼熱の光が今はなんだか心地いい。

 

 

ここはフィリピン最南端の町。2016年10月22日午後2時頃。

 

 

コメントをいただきました皆様ありがとうこざいます。

 

おいらが上から目線で書いているというご意見が3件ありました。

ありがとうさごいました。

ご意見を大切に受け止めます。

 

 

とにかく他の人たちを批判してはいけない。

ということですよね。

 

 

そんな風にはあまり感じないので引き続き「当事者が何を感じていたのか」「どうして欲しかったのか」を書いてくださいというご意見が多かったです。

やはり当事者のお母さんたちでしょうか。

 

 

ありがとうございます。

とにかく人を傷つけるような文章は書かないように心がけます。

 

 

 下記バーナーのクリックを2つ押してください

  ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。